スタッフブログ

今回は日本では有名な、東京にある施設の記事をご紹介します。


プロジェクト名:六本木ヒルズ
年:2003
所有者:六本木6丁目再開発協会
場所:日本 東京
建物のタイプ:商業
グリーンルーフのタイプ:粗放的、計画的、テスト/調査
グリーンルーフシステム:オーダーメイド
屋根サイズ:139,931平方フィート(13,000平方メートル)
屋根の傾斜:1%
立ち入り:立ち入り可能、一般に公開
提供:greenroof.com





記録上のデザイナー/製造者
建築:Conran & Parners,JPI, KPF及び森ビル株式会社
ランドスケープアーキテクト:佐々木葉二、ダン ピアーソン

 六本木ヒルズは東京の中心地における実験的に行われた都市開発です。この複合施設は、経済的な発展を通してのみではなく、都会の猛烈なヒートアイランド現象に苦しむ街に必要されている緑のスペースを多く付与することによって、不況の下町の飛び地を活性化させる手段としてもくろまれました。東京都は開発者森ビル㈱と共に、六本木ヒルズをエンターテインメント地域として、またと街の中心にあって青々とした庭の区域としてデザインしました。

 超高層部分は、密集した街の中心において、最大限に居住、オフィス、そしてエンターテインメントのためのスペースを可能にしています。プランナーたちは創造的に、緑樹の利用、小道、庭、そして緑の屋根のネットワークで複合施設を互いに結びつけました。わずか14%の緑のスペースしかない街において、六本木ヒルズは土地の26%に植物が植えられています。その土の深さは30ミリから1200ミリ(1.17~46.8インチ)です。

 けやき坂コンプレックスの屋上は、水田と野菜の畑を誇りとし、一方で桜坂の屋上は庭のセットに公の美術と路上に調度品を展示しています。4,000平方メートル(43,000平方フィート)の典型的な和庭園があり、居住区域のほとんどが日―英スタイルを織り交ぜたデザインとなっています。建物のほとんど(朝日テレビのタワー、ヴァージンシネマコンプレックスを含む)に緑の屋根があります。六本木ヒルズの建物の上での様々な風景は、創意に富んだ緑と垂直に開発される都市の可能性を紹介しています。

 原文はこちら

Translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 03:44 PM |

HOMEページ上部へ