世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月  2017年08月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

ジュリアナ・スペランザ、ビビアン・ロメイロ、フランクリン・フィーダー 2017年7月7日


ブラジルにとって、気候進展へ向かう道は木々の間を通っている。 (Flickr/Julien Sebire)

おおよそ80パーセントの世界的な温室ガス排出と世界的なGDPの80パーセントをG20が占めているから、G20の国々が気候政策がとても重要だという責任を担うかどうか。ドイツ首相アンゲラ・メルケルは、7月に行われる今年のG20のゴールとして気候政策に責任をもつと宣言しました。このサミットの下準備で、WRI研究者たちは、私たちのG20の国々のG20気候発展ブログシリーズを通して、パリ条約のもと、それぞれのターゲットへの進展に注目することになるでしょう。

7月5日、ブラジルの大統領メシェル・テメルは、パリ条約に法的拘束力を与える法令を認めました。しかし森林破壊は進んでおり、ブラジル政府はアマゾンの保安林から保護をやめ、原住民の土地への権利に対する脅威の加速という、物議をかもす行動を考慮にいれているのです。

これら開発は、世界で7番目に温室効果排出量の多い国が、パリ条約の国家気候約束を達成できるようになるだろうかという疑念を抱かせます。それは国家気候約束が、森林伐採の抑制に大きく拠っているからです。

同時に、ブラジルの市、州、あるいは州ではないアクターは、クリーンな成長を大事にする炭素減少ゴールを設定し、市民社会は国家気候政策の透明性、参加、意欲に声を上げています。

確かな約束、不確かな未来

パリ条約では、ブラジルは2025年までに、2005年レベルと比較して37パーセント温室効果ガス排出を減らすNDCを設定しました。



主要な尺度から、ブラジルはNDCゴールを達成するだろうと予測しています。
・2030年までにアマゾンの雨林での不法森林伐採ゼロを達成する
・2030年までに1200万ヘクタールに植林する
・2030年までに1500万ヘクタールの劣化牧草地を入れかえ、統合された普通畑―家畜―森林システムを500万ヘクタール拡大する。

最近の森林伐採増加を考えると、土地利用の重要さが変わり、ブラジルのNDCを進める森林セクターは、引き続き増えることが期待されています。森林伐採は世界最大の雨林アマゾンで昨年29雄パーセント増加しました。合計すると798,900ヘクタールが失われました。森林伐採の増加―国として温室ガス排出減少をアマゾンで10年間にわたって成功したあとに始まった―は、最近の法執行の課徴金減免制度、森林地帯規制の改訂、土地投機、その他の要因によって不法な伐木を可能としたため起きました。違法な伐木はブラジルでいまだに広まっており、しばしば広範囲な森林の荒廃と乱伐につながっています。不法、無計画な森林の農地への開拓も大きな問題となり続けています。

この進歩の失敗は、多国参加のアマゾンファンドを危険な状態に陥れています。このアマゾンファンドとは、アマゾンでの森林伐採に対抗するための資金調達プロジェクトです。6月にノルウェーは6000万ドルファンドを減らしました。もしアマゾンでの森林伐採が増え続ければ、資金的な支援はさらに、0にさえなるかもしれず、そのことはさらに森林伐採と闘うことを難しいものにします。

ブラジルの合法的なアマゾンでの年間森林伐採割合


現地に住む人々とコミュニティにとっての土地への権利を傷つけることは、気候進歩をやはり崩すことになります。WRIが出版した「気候の利益、終身土地保有権の経費:アマゾンにおける原住民の土地への権利を確かなものにするための経済的なケース」は、詳細に次のように説明しています。土地が現地の人やコミュニティの手に公平に入ると、環境、社会、経済的な利益を促進し、一方で気候変動を弱めることになります。もし失敗すれば、現地に住む人々の土地への権利をはく奪することが、より多くの森林伐採を引き起こし、気候ゴール達成を困難なものにすることになるでしょう。

ブラジリアでは混乱があるものの、他の州は気候アクションが加速


最近の出来事は国の貢献を疑わしいものにしています。しかし、気候アクションのための他の道はまだ残されています。

最も大きな世界的な地方政府の気候変動を軽減するための努力の一つとして挙げられるものは、マト・グロッソが出したものです。それは、多くの国々の環境矛盾を段階分けするブラジリアン・ステイトでした。2015年に始まり、生産、保護、包含プログラム(Produzir, Conservar e Incluir)は、250万ヘクタールの劣化土壌をもとに戻し、アマゾンでの森林伐採を90パーセント減らし、セラード(ブラジルのサバンナ)での伐採を95パーセント減らし、2030年までに280万ヘクタールから600万ヘクタールの土地を持続可能な森林管理下地域に広げます。
アマゾンのパラー州も、独自の気候変動軽減政策をデザインしました。パラ―2030は、低炭素経済を開発し、GHG排出を減らし、再生を促進する戦略を打ち出しています。持続可能な開発をこの地域で促進する機会の一つは、この領内における生物多様性の広大な特定保護地区であることから生まれています。このエリアは、農業からバイオテクノロジーに至るまでの産業で使われる原料を供給しています。

市民社会も気候アクションに貢献しています。ブラジルのNDCの実施に透明性をもたらし、ゆっくり時間をかけて国の政策の目標値を上げる努力の支援をしています。気象観測とブラジルの気候、森林、農業との提携の面で力を発揮しています。

森林保護に一か八かの賭けをする

もしブラジルがその経済の脱炭、生物多様性の保存、現代的で民主主義的な南アメリカの国家としての確立に努めるなら、そしてそれは人権基準に揺らぐことがなければ、森林や現地のコミュニティのための保護に一か八かかける必要があるでしょう。これらの保護は、国のNDCを達成する助けとなるでしょう。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
2017年7月3日 アンドリュー ライト、アンドリュー スティア

ドナルド・トランプ大統領が、7月1日アメリカ合衆国は気候変動に関するパリ協定から撤退すると発表したとき、パリ協定に残留すれば何百万もの仕事を浪費し、何兆ドルものお金がかかると言いました。彼の決定は、悪いアドバイスと悪い経済を基本にしています。もっと緻密でダイナミックな分析では、スマート気候政策は成長と仕事の勢いをつけるとしています。G20のリーダーたちがハンブルグで7月7日から8日会合をするとき、彼らはパリに対するトランプのポジション、そして気候に関する経済成長や行動が合わないという考えが単純に間違っていると、はっきりとメッセージをうちだすための機会となり、責任をもつことになります。



なぜG20なのか?

G20の国々は、およそ世界のGDPの80%、そして温室ガス排出の80%を占めています。さらに、経済的な問題に関する調和した政策で役割を果たし、国際的な政策意志と究極的に気候変動に関する決定の方向付けを形作り、補強することを支援してきました。2009年依頼、コペンハーゲン気候サミットより先に、化石燃料の使用の段階的廃止助成金に合意し、気候変動とクリーンエネルギーを強化すること(結果は様々でも)を推進してきました。

再び、気候変動とクリーンエネルギーはG20リーダーサミットの議題になっています。G7メンバー―そこからアメリカを抜いて―が、トランプの宣言の一週間前にイタリアでしたように、他のG20メンバーも、今一度立ち上がってパリ協定を喜んで受け入れ、経済の進展を可能にします。G20メンバーが、現在の合衆国運営とははっきりと異なる方法で気候変動を見据えるというメッセージを送ることはとても大事なのです。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:52 PM | comments (x) | trackback (x) |
ミーガン トリーシー
エネルギー/再生可能エネルギー
2017年5月16日


CC BY 2.0 Tony Webster

ドイツは常に、世界の他の国々が再生エネルギーに関する約束が果たせてないような気にさせています。この国はいつも再生可能エネルギー投資でリストのトップに近いところに位置し、常にクリーンなソースからエネルギーのほとんどを得るように努力しています。

そのため、ドイツが最近4月の最後の週を通して再生可能資源からエネルギーの85%を確保という再生可能エネルギージェネレーションで記録を破ったという記事を読んでも驚くことはありません。4月30日の電気消費は、太陽、風、バイオマス、水力を混合したものでした。記録更新をしたクリーンエネルギーは、北部での風が多く天気の良い気候のおかげであり、南部の多くの太陽光と風をもたらす温暖な気候のおかげでした。

「ドイツの石炭を燃やして発電する発電所のほとんどが、4月30日日曜日に操業さえせず、国じゅうの電気の85%が再生可能資源となりました。」と、アゴラ・エネルギーヴェンデイニシアチブのパトリック・グライヘンは言います。「原子力は、2020年までに完全に段階的に廃止されることになっていますが、すでに非常に減っています。」

国のエネルギーヴェンデプログラムは、2050年までにクリーンエネルギー革命を起こすことを目標にし、2030年までにその波は本当に始まり、その2030年にはグライヘンは、2010年以来ドイツが投資した多くが結実し、主要あるいは完全に再生可能パワーの日々がノルマになります。

4月30日、グリッドの再生可能エネルギーの量が非常に多くなったので、実際のところ需要より供給が多くなったことで、電気は実際のところネガティブなものになりました。

ドイツは、EUの対応のほとんどの先を行っています。EUの国々は2020年までに再生可能エネルギーを20%にするという約束をしています。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 10:14 PM | comments (x) | trackback (x) |
キャサリン・マーティンコ
リビング/カルチャー
2017年6月23日


CC BY 2.0 Alan Levine

人類はこれらの発明を誇るべきです。地上でおだやかに効率的にクラスことができるようにしているからです。

1999年、アメリカ人の科学者でありライターであるドネラ・メドウズは、「世界の7+持続可能な驚異。」という素晴らしい記事を書きました。そこに、彼女は最も基本的でありながら革命的なテクノロジーのいくつかについて書きました。それは地上で人類が穏やかに暮らすことを可能にするものです。オリジナルコンセプトは、シアトルのノースウェスト エンバイロメント ウォッチのディレクターであるアラン・ダーニングの本にあります。

およそ20年後である現在、そのリストは、ストーリーオブスタフプロジェクトが拡大し、Facebook(それが私が最初に見たものでした)にポストし、読者により持続可能な驚異について討論するように頼みました。

では、何がそのリストに載っているのでしょうか?

自転車−最も効率的に移動する手段として発明され、世界中の人口の80%の人が買うことができるものだからです。ちなみに、自動車は1999年現在では10%の人しか買うことができませんでした。

物干し用ロープ−太陽エネルギーを使い、自転車よりさらに手に入れやすいからです。

シーリングファン−ほんのすこしのエネルギーで効率的に部屋を冷やすことができるからです。「1つのファンで華氏9度涼しく感じるようになります。実際より涼しく感じることができます。典型的なシーリングファンは、75ワットより多くの電力を使うことはありません。それは白熱球1つとほとんど同じで、エアコンの10分の1だけです。

コンドーム−人口増加をコントロールし、病気から守るからです。

公立図書館−世界に情報を提供(インターネットのある現在では以前より重要性が下がりましたが)し、持続可能性の観点からみると、私が思いもよらなかったことですが、「1冊の本は、貸付を10分の1にするだけでなく、一読あたりの紙の使用量を10分の1にします。」

パッタイ−最も基本的でシンプルでありながら麺、野菜、少々のタンパク質とソースの魔法のようなコンビネーションである「田舎料理」を代表するものだからです。どの文化にも、大勢の人が比較的かんたんに安く栄養豊かに食べられるそれぞれのバージョン(米や豆)があります。

てんとう虫-植物をダメにするアブラムシを化学的な殺虫剤よりずっと効率的に取り除くパワフルな自然のものだからです。明らかに、これは「発明」カテゴリーには入らないのですが。

メドウズは、このリストにさらにいくつかの持続可能驚異を追加しました。それはサリー(長く、多目的な布)、かご(1999年現在ではまだ手作りで、完全に生分解性だった)、ルートセラー(食料を長期間、冷却するのにエネルギー消費をせずに貯蔵することができる)。彼女は次のように書いています。

「これらに共通するものはなんでしょう?地球と人への優しさが、持続可能リストに乗る資格です。これらは誰の手にも届き、手に入れるのも維持するのにもお金がかかりません。このなかの多くが、実用的であるだけでなく美的な要求にも応えています。目、味覚、魂を満足させます。コンセプトの面ではほとんどが古いものですが、現代版になることもできます。多くの異なる文化のなかでそれぞれが変化しています。ほとんどが、あなたに買えるもので、地元の生産者が作ったもので、複数企業が作ったものではありません。」

読んでいる間にいくつかの感情が湧き上がる素晴らしいリストです。久しぶりに、地上の人類を誇りに思い、単純でありながら生活を変える発明(てんとう虫を除く!)を思いつく独創性を持つ人類を誇りに思います。さらに、もしこのような基本的なテクノロジーが人生でこのような変化を起こす力持っていると考えると、希望も感じます。私たちが現在走っている破壊的なコースから離れることができる、その他の古代の発明を思いつく(あるいはよみがえらせる)でしょう。

ストーリオブスタフの質問に戻りましょう:あなたなら何をこの持続可能な驚異に足しますか?

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
メリッサ ブレヤー
科学/自然科学
2017年6月13日


CC BY 2.0 Max Pixel

街路灯やその他の街の状況が、都会に生える木を不健康にし本来の能力を発揮できなくしている

「木は、私たちと全く同じなんです!」部門の私のお気に入りの森林官が、私が長いこと可能性があるのではないかと疑ってきた問題の計測をしました。それは、都会の木は、自然界の多くのものと同様に、一晩中明るいところに置いておかれると辛い時間を過ごすことになるというものでした。

「木も夜寝なければならないのです。」とピーター・ウォーレンベンは、ウェールズのヘイフェスティバルで聴衆に向かって話しました。「調査によれば、街路灯に近いところに生える木は、他より早く枯れます。夜、寝室で明かりをつけっぱなしにするようなもので、そんなことをしたら皆さんにもよくないのです。」

木のことを知っていて、そして木を擬人化して大事にする人がいるとしたら、それはこのウォーレンベンです。ドイツの森林官でベストセラー作家である彼は、木を人間のように話すことについて躊躇しません。「私は人間の言語そのものを使います」と彼は言います。「科学的な言語は、全ての感情を取り除き、人々が理解しなくなってしまうからです。」『木は子どもに授乳します』と私が言えば、誰もが私が何を言っているのか分かります。」

ウォーレンベンは1987年から森林について勉強し、森林で働いてきました。そのため彼はうらやむべき経歴を持ち、このような考えに達したのです。そして彼は、彼の最近の観察を照明するための調査を提示します。2016年に欧州委員会は、木や草の夜間の人工的な光による影響について研究する資金を準備しました。ロンドンのThe Timesによると…

昨年エコロジー誌のジャーナルに掲載された論文では、人工的な光が「春の芽を出す」タイミング、紅葉の時期、落葉(枯れた葉が落ちる)の時期に影響を与えることが証明されたとありました。この研究は、人工的な光が、木の、葉を茂らせ花を咲かせる年間リズムの変化「木の健康、生存、再生」に大きな影響を与えていることになっているかもしれないと締めくくっています。

ウォーレンベンが委員会に、都会の街路樹がより健康的に長生きできるように、また電力消費を減らすために、夜間、街路灯を消すべきであると言うのは分かりきったことです。(光害を減らすその他の利点はたくさんあります。天国についてよく考える大昔からの楽しみ、星空を見上げるという機会…そして星を生で見る。)

街路樹が直面している他の困難には、木が孤独になり、近くに生えている仲間のサポートシステムを受けることができずに大きくなろうとしていることがあり、これは、森林の中に生えている木々がどのように社会的に生きているかを表したウォーレンベンが取り上げたテーマです。

彼は、「都会に生える木は、森林のストリートキッドみたいなものです。」と歩道の地下の硬い土のなかで根が苦しんでいることを付け加えながら言います。もし土が十分になければ、木は夜間も道路や建物から放射される熱で暖められることになります。森林では冷やされるのとは反対の現象です。都会の木は、栄養や水を集める助けとなる森林の微生物を共有することができないのですが、市の職員による世話も十分には受けられません。

その一方で、この路上で静かにたくましく生きる生物は、私たちに多くのリターンをもたらしています。マット・マックダーモットがここで以前、「木に賞賛を歌っている間に」に書いたように

・ 若くて元気な1本の木の純冷却効果は、10部屋分のエアコンが1日20時間稼働するのに匹敵する。エアコン10台分が1本の木で!!
・ あなたの家の西側に今日植えられた一本の木は、5年後には3%のエネルギー削減になり、15年後には12%の削減になります。
・ 木一本あたり、粒状物汚染を9−13%減らします。オープンな場所に対して27—42%、木よりも下の地面にほこりが達する量も減らします。
・ もしあなたの家の近くのあなたの所有物に木が生えていれば、家の価値は10−23%も上がります。
・ 都会では、1本の木の植樹と木の手入れに3年間で250ドルから600ドルかかり、木の一生で得られる(街の美化などをのぞく)直接的なリターンは9万ドルになると試算されています。

その他にもたくさんあります。気候変動の軽減、野生動物の居住地域の増加、メンタルヘルスの向上などです。木が私たちにしてくれること全てに対して、私たちが最低限して返すことができるのは、寝る前に電気を消すことなのではないかと思います。

ウォーレンの素敵な、前進的な木に対する考えを彼の著書「木の隠された生活:何を感じ、どのようにコミュニケーションをするか−秘密の世界から発見したこと」を読んでください。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ