世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月  2021年04月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

REDDからREDD+へ

「森林破壊や森林劣化からの排出量削減」(REDD)イニシアチブは2005年の気候変動に関する国際連合枠組条約(UNFCCC)の下での交渉から浮かび上がりました。REDDは、開発途上国が林野から温室効果ガス排出量を削減するためにインセンティブをつくる狙いがあります。

環境保全の必要性に関する集中的な討議に続いて、そのコンセプトは持続的な森林管理や森林炭素貯蔵量を増すというゴールを含むREDD+イニシアチブに拡大されました。

実績のための国際的な報酬へ

REDD+に申請するための2013年のガイドライン完成させた後、大規模なパイロット排出削減プログラムが、持続可能な管理、田園地域開発、森林や森林周辺でのレジリエントな暮らしを促進するために、ブラジル、コンゴ、エチオピア、コスタリカ、ネパールといった国々でテストされることになります。

REDD+は次の3つのフェーズで実施されます。

1.国家のREDD+戦略とキャパシティ構築の開発(フェーズへの準備)
2.さらなるキャパシティ構築とデモンストレーション活動
3.全面的(国全体)な実施。実証された排出削減を達成した国は、その実績に基づいて国際的な報酬を受け取ることになります。

フェーズ1および2は、公的セクター資金を通して出資されます。フェーズ3出資のための方法と過程は2013年12月にポーランドのワルシャワでのUNFCCで決定されました。これらルールの実施は、FCPFカーボンファンドのようないくつかのイニシアチブを通して大規模にテストされますが、将来的に、グリーン気候ファンドが中心的な役割を果たすことが期待されています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto



| 世界の緑化情報::制度 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
森林破壊—森林や林地を永久的にその他の土地、作物、道路、居住地、採掘、放牧地などに変えることで、それは気候変動に主な原因となる世界的なGHG排出量の12%ほどになっています。


REDD+イニシアチブは、広大な範囲で森林破壊が起こっている熱帯での森林破壊と森林劣化と闘うために国際的なレベルで設定されました。REDD+はまた、世界で最も被害を被りやすい地域での農業(世界的GHG排出の12%となる)、農村開発および気候変動適応に主に関与しています。

世界でギリシアのサイズが毎年破壊されている
熱帯林は1年におよそ1300万ヘクタール(およそギリシアの大きさと同じ)が失われています。この破壊は地元レベルだけでなく世界的にインパクトを与えています。熱帯林は、この惑星での生物多様性の本拠地となっており、人々が知る陸上生物種の半分を養っています。

森林破壊とともに森林劣化も、文化統合や森林に依存して生活する人々の生き方を脅かしています。森林を破壊した後の土地利用は、通常短期間での経済的収入をもたらし、そのため多くの国で未だに森林破壊率が高くなっています。

森林は、世界の土地のおよそ30%を覆っています。森林が地を覆っている部分の3%が1990年から2005年の間に失われ、そのほとんどが熱帯地域で起こり、過去20年以上その森林破壊率は大きくは減っていません。

世界的気温上昇を産業化以前レベルと比較して2℃以内にするという国際的な合意目的を達成するためには、少なくとも2050年までに1990年の50%以下レベルに世界的な排出量を減らすことが必要です。この削減は、森林破壊に対する実質的なアクションなしには達成できません。

EUは遅くとも2030年までに世界的森林被覆ロスの停止と、2020年までに熱帯林破壊総量を2008年レベルと比べて少なくとも半分にする政策目標を支援しています。この目標は2008年森林破壊と森林劣化の扱いに関するコミュニケーションで提示されました。また、森林に関するニューヨーク宣言もサポートしています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
目的の続き3

26. 公的基金と対立することで、地下貯蔵による炭素捕獲に関する予防原則を適用し、企業が温室効果ガスの漏出に対する資金的責任をもつことを確実にする

27. 土壌、森林、海藻、ケルプ、沼、マングローブベッドでの天然の炭素隔離の保護と促進、そしてこれらの天然二酸化炭素吸収源への投資と修復を集中的に行う

28. 二酸化炭素排出ゼロ車両の利用を含め、温室効果ガス排出の廃止に貢献する、政府の車両フリート政策の利用

29. 明らかに温室効果ガスを削減し、生物多様性や食料安全保障を脅かさない持続可能な燃料の研究、開発、展開

30.  製造や産業、特に工業プロセスでの温室効果ガス中立テクノロジーの研究、開発、展開。特に化石燃料の直接的な利用に変わるものについて

31. 海洋および航空運輸から排出される温室効果ガスを大きく軽減するための調査、開発および展開し、国家国際的な義務の下に海洋航空運輸からの温室効果ガス量が国内国際的に計算され、報告されることを確実にする

32. 温室効果ガスの排出が中心的となる、あるいは化石燃料に依存する工業型農業からの移行をしながら、温室効果ガス排出を減らす持続可能な農業方法の研究、開発、実施

33.  オーストラリア産業が再生可能エネルギーを輸出できる資源に転換できるようにするプロセスの研究、開発、展開

34. 近隣諸国との直接的な関係やテクノロジー輸出、グリーン水素のような再生可能物でつくられた燃料を含む、再生可能エネルギー輸出産業の創設

35. 持続可能な輸送への移行をしながら、世界をリードする車両燃料の効率化と排出量の基準化

36. 持続可能な代替燃料と電気自動車充電施設のための頑強な配給ネットワークの開発と拡張

37. 化石燃料輸出企業は、年間レポートに、温室効果ガス量を、輸出先国の法律によってそれらの排出量が負債となっているかどうかを含める

38. すべての化石燃料採取と消費を除いたオーストラリア政府投資政策

39. 金融規制協議会によって作成された同型の基準を使って、地球温暖化リスクにどの程度さらされているかをレポートすることをすべての大企業、資源関連企業、金融部門に必須とする

40. 輸入された物品に組み込まれている二酸化炭素排出量が確実に計算され報告されるようにするためのメカニズムの開発。オーストラリアやその他先進国は製造よりむしろ輸入物品によって、排出負債を効率よく輸出していることに注目する

41. 輸入された排出(各国が引き受けている活動から排出しているものだけでなく)を含む排出量の国際的なレポートが確かなものとなるために国際的なコミュニティと約束をすることで、各国のエコロジカルなフットプリントの査定がより正確なものとなる

42. 天然の炭素低減メカニズムを保護するために、炭素貯蔵を減らしたり、ケルプ森林や海藻ベッドを脅かしたりする、これ以上の土地開拓や天然森林の伐採や活動を禁止するより強力な環境法とシステム

43. 海面上昇の影響を受ける海岸にあるコミュニティのための改善された計画作成とメカニズムの適用

44. 気候の変化、砂漠化、干ばつ、異常気象や火災によってインパクトを受ける農業エリアのための改善された気候適用計画

45. 光合成による二酸化炭素隔離が大気への排出を超える農業、植林土地利用体制の促進

46. 持続可能物によってつくられた液体燃料を含む再生可能品輸出産業の創設の近隣諸国との直接的連携およびテクノロジーの輸出

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
目的の続き

12.一貫性がある、あるいは生産、建築、インフラストラクチャを整えるために世界的に最善であるエネルギー効率という国家のシステムのターゲットと、緊急的な最低エネルギーパフォーマンス基準

13.州や地方自治体のイニシアチブをサポートし、建築資材の再利用、リサイクルを促す。

14.政府支援は100%再生可能なものにシフトする。

15.100%再生可能エネルギーを達成するために、包括的な蓄電のシステムを創設し、移行する。

16.幅広い再生可能エネルギー発電、蓄電、移送ネットワーク、効率、テクノロジーの輸出を支援する公的投資、固定価格買取制度、規則のような基準と同様、再生可能エネルギーターゲット(RET)を増加させることでできるだけ早く、オーストラリア国内での100%再生可能な資源由来の電気を利用する。

17.電気、化石燃料の価格を実際のコストに反映させる。それには健康、水資源、エコシステム、農業生産、大気汚染、気候危機のインパクトのような外的なものも含む。

18.新たな河川内の水力発電規模、RETにもとづき自然森林の焼却から得られるすべての電気を除外する。

19.化石燃料ベースの発電中心主義に対するバイアスを取り除き、再生可能エネルギーの需要管理と分散型電源、蓄電、送電開発を促す。

20.現存するすべてのガスオペレーション、特にメタン排出、水資源へのインパクト、農業用地、生物多様性に関するものの規則、モニタリング、コンプライアンスを改善する。

21.低所得者や年金生活者への財政的なインパクトを減らすための測定を行い、計測器、アプライアンス、グリッド、エネルギー貯蓄を含むスマートテクノロジーの急速な水平展開をする。

22.エネルギー生産や蓄電の自治体あるいは公的が所有するようにすることを含め、地域での再生可能エネルギーを開発、拡大するために、コミュニティ内および産業のキャパシティーを創設する。

23.新規の石炭火力発電所、ガス採掘、あるいは油井をなくし、現存する石炭、ガス、石炭発電をこれ以上拡大させない。さらに、化石燃料に依存するコミュニティを、経済的繁栄というより持続可能な資源へ移行させるよう支援するプログラムを開発する。

24.石炭発電所は廃炉とする。

25.原料炭を除き、2030年までに燃料炭の輸出をフェイーズアウトさせ、その他の化石燃料輸出は2040年までにやめる。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
目的

オーストラリアグリーンズが求めるのは:
1. オーストラリアの温室効果ガス排出の2035年まであるいはそれより前のネットゼロあるいはネットネガティブ
2. 多国間の排出減少条約へ導く、国際交渉でのオーストラリアの指導的役割。この条約は、歴史的にまた現在豊かに産業化がされた国々の気候危機に対する拠出に比例して認識される、機会と責任の公平さを共有するものです。
3. 安全な気候となるための緊急の行動を起こすコミュニティ内の支援設立
4. 化石燃料を基本としたエネルギー汚染なしの代替物の開発と展開を促すためにオーストラリアが利用できる科学的、外交的、経済的影響
5. 化石燃料産業への助成金の廃止
6. 私達の排出削減計画に矛盾のない、化石燃料の採掘、消費、輸出のための調査の段階的廃止
7. 強力な規定による干渉と強力で有効な炭素価格を通じて、化石燃料を再生可能エネルギーと変える計画を含む、幅広いメカニズムによるネットネガティブ温室効果ガス経済への公正な移行
8. 化石燃料セクターへの助成金を削除し、気候変動削減セクターに関連する投資額を増額する
9. すべての重要な温室効果ガス排出セクターの報告により裏付けされ、年間ターゲットと国の排出制限を合わせた、資金が十分にあり包括的かつ調査を基本にした排出削減計画
10. 化石燃料に依存し、不必要なプレッシャーを環境資源に与えるような消耗品の過剰生産と過剰消費の削減
11. 法的フレームワークの連邦政府が優先順位の高い責任として気候危機を処理し、次の事柄を確実にする
ⅰ すべての政府のレベルからの関連するすべての法律、規則は、気候危機を考慮に入れることが求められる
ⅱ 公正、公平、民主主義が、気候危機へ対応する政府の指針のなかにありつづける
ⅲ 気候危機は、エネルギー市場を統治、規制する機関によってなされる決定の中心である
ⅳ 気候危機は、すべての政府レベル、Environment Protection and Biodiversity Conservation Act 1999(EPBC Act) の下で、現在着手されている自然環境で重要な事柄を含む全ての決定および承認プロセスの中心にある。そして
ⅴ 気候危機に影響する政府のすべてのレベルによってなされたすべての決定と理論的根拠は公に報告される


| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ