世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月  2020年02月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

北極の氷#10年チャレンジ



地球温暖化の結果として最も顕著なことの一つは、極の氷帽が海の温度が上がるとともに北極でも南極でもとけていることです。写真を見ると、北極を代表する白い部分がどんなに小さくなったかが分かります。データによれば、2つの極の氷河が年間でなくなった最大の量は、オリンピックのスイミングプール268百万個分で、北極の凍っている表面だけではこの10年で12.8%の割合で小さくなっています。


海の高さ#10年チャレンジ



氷河の縮小に伴って起こることは問題ばかりで、そのなかで最も明らかなのは海面上昇です。上のグラフに、海面上昇がこの10年間に起きてきただけでなく、それが指数関数的に増加していることが分かります。世界的平均的な海面の高さの変化は年3.1(±0.3mm)となっていますが、25年以上年間0.1mmで上がっています。

海面上昇の影響は最近顕著になってきました。海水による沿岸地域の侵食量が増え、地形の侵食を引き起こし住居や農業地域を脅かしています。さらに、荒天を引き起こし、かなり強い嵐と、その通り道に住む人々をまさに恐怖に陥れるようなその他の主な気候現象が起きています。


砂漠化#10年チャレンジ



地球が直面している最も大きな困難の一つは砂漠化で、見境のない材木の切り出し、土壌の過剰採集、もちろん地球温暖化のせいで、かつて肥沃だったところが徐々に生産できない土地になってきています。国際連合によれば、毎年240億トン以上の肥沃な土が消え、地球の3分の2で現在砂漠化が進んでいるということです。10年チャレンジは緑がほぼすべての大陸で茶色に場所を譲っていく様子を見せています。

気候変動がこの惑星の様々な場所で引き起こしている破壊の例をもっと見たい方は、NASAウェブサイト変化の画像を見せるを訪れてください。完全に言葉なしで説明しています。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
もし地球が、ソーシャルネットワークで氾濫してきたこのバイラルチャレンジに参加できたとしたら?何を見るでしょうか?


1月中旬からソーシャルネットワークで氾濫してきた最新のバイラルチャレンジは、10年チャレンジと呼ばれています。人々は、この10年間に時間が肉体的な外見をどのようにしたかを見せるために、10年前に撮った自分たちの写真をポストしています。それにより、本当になんでも見ることができます。全く変わらなかった人々から、全く変わってしまった人々まで…。けれどもし地球がこのチャレンジに参加できたとしたらどうでしょう?私達の星は、どう思うでしょうか?何を見るでしょうか?これから私達はこの星のためにこのチャレンジをしていきます。

私達がこれから見ることが末頼もしいものではないので、このタスクを行うのには勇気がいります。それは気候変動が地球にもたらす破壊的な効果について地球からの新たな警告となるので、その結果を深刻に受け取らなければ愚かです。それでは見ていきましょう。

大気中の二酸化炭素#10年チャレンジ



この26年、世界的な二酸化炭素排出はおよそ50%近く増えています。そして2000年から2010年の10年間だけで、それより前の30年よりも増えました。このガスは街に住む人々の健康を危険にさらす要因の一つになっており、それ以上にこのガスは地球温暖化と気候変動の主な要因の一つとなっています。

私達が見るこの画像は破壊的です。2006年から2016年の間の対流圏でできた二酸化炭素の濃度の変化を表しており、オークルから赤への劇的な色の変化は、濃度の高さと私達が暮らすには危険なレベルであることを表しています。

地球の温度#10年チャレンジ



1951年から1980年の間の惑星の平均気温を考慮したこの画像は、この10年間に起きた変化を表しています。青い部分が1951年から1980年の平均より温度の低いエリアを示し、濃い赤は平均より暖かいエリアを示しています。

もし私達が二酸化炭素の質量の増加が、その代わりに地球の気温を上げていることを考えれば、この写真が何を表しているのかを理解できます。つまりグローバルウォーミングの恐ろしい10年チャレンジなのです。実際、最新のIPCCレポートは気温が上がり続ければ危険であること、もし私達がパリ協定で打ち立てられた最大レベル以内に抑えられなければ、地球は致命的な状況になると警告しています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
市内に住む人々の多くが車を持っていないとイケアは述べています。「だからイケアは客がいるところに行きます。」さらに、彼らはつまらない箱にはせずに、建築家を雇うために限られたコンペを行い、querkraft architektenを選びました。彼らの説明は彼らのサイトに次のようにあります。

イケアブランドを反映するデザインーフレンドリーでオープン、奇抜でリラックスできるデザインです。querkraftの建物に表されているソリューションは、環境への付加価値も代表しています。屋上のテラスは公開されていますが、ファサードの表面全てが緑になっており、カフェと楽しくデザインされた屋外エリアは全て「人付き合いの良い人」に貢献しています。



© IKEA am Westbahnhof

真ん中のオープンスペースやエクステリアの サービスなど全てがパリのポンピドーセンターを思い起こさせます。

建物の外殻は棚をしのばせます。影の多い棚のような建物の周りにめぐらされた奥行き4.5メートルのゾーンになっています。そこには拡張部屋、テラス、緑、エレベーター、非常階段、建物管理部門、トイレがあります。


これはオンラインの世界での、小売の本当に興味深い未来像です。店が待ち合わせ場所としてよりデザインされるだけでなく、製品を実感し試せる、オンラインではできない場所となっています。

私達がこの場所を選んだのは、完璧に公共交通機関とつながっているからです。ウィーンの市内地域に住む人々のほとんどは車を持っていません。中心地はそのような人にとって完璧な場所です。同時に、サービス利用形態も変わっています。人々は買い物に行き、試して、私達の専門家と一緒にプランを建てるのが好きです。でも、買ったものを自分でひきずって帰るより、配送を好みます。ウエストバーンホフはまさにこのトレンドに応えているのです。


私の情報提供者がこのツイートに書いているように、特にもし電気自動車が単にSUVと道路を共有しているだけなら、電気自動車は私達を救いません。私達は街のなかで暮らす方法を変えなければいけません。そうすると、私達はどんな車も必要ではなくなるのです。それが私達がもしこの危機をくぐり抜けようとするなら理解しなければいけない巨大潮流です。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::街づくり | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
ロイド・アルター
2020年1月15日


© IKEA am Westbahnhof

新しいメガトレンド:車に乗らない客

私が北アメリカで見てきたどのイケアも郊外にある大きな箱で、人々はSUVカーに箱を詰め込むために並んでいるものでした。しかし、世界は変化していて、今までより多くの人々が車なしで生活しています。多くの人々にとって、これはイケアに行かないということになります。だからイケアは街なかの店舗を紹介し、だからウィーンの新しい店舗はとても興味深いのです。

「コンセプトは、現在のメガトレンドに焦点を当て、車なしの新しい可動性の形と同じように大きく変わった買い物の動向を考慮に入れています。顧客はあまり時間がなく、便利さと快適さの良さを認めます。これは家具エリアではっきりと目につくものです。つまり、ますます多くの顧客は彼らが買ったものを家に運んで帰るということすらもはや考えていないのです。配達してもらうことができるのです。」



© IKEA am Westbahnhof

店舗全体が、徒歩で来た人、自転車利用者、そして地下鉄で来た人向けにできており、直接店舗につながっています。大きすぎて運べないものはなんでも24時間以内に配達します。

「ウエストバーンホフのイケアは、きっとこの地方全体の待ち合わせ場所になるでしょう。家具店そのものの中に、いくつもの階に伸びて、インテリア・デザインのアイデアが、イケア全体に革新的な方法で展示されています。存在しないものは伝統的な家具店というところで、それはなぜなら大きなものはすべて、シュトレスバースドルフの新しい輸送センターからあなたの家に直接配達されるからです。」


ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::街づくり | 05:58 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
HOMEページ上部へ