世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月  2019年10月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

持続可能森林イニシアチブ
2019年10月16日

https://youtu.be/ktZoztxo4_E

SFIの保護努力は、アメリカ合衆国とカナダのSFI認証森林およそ15億ヘクタールの生物多様性、水質、二酸化炭素隔離を拡大することになるとSFI基準を遵守する利点を測ることに焦点を当てています。ここで重要なことは、持続可能によく管理された森林がどれほど危険な状態にある種に利益となっているかということです。手つかずの森林が危険な状態にある種にとって唯一良いものだというのがよくある誤解ですが、よく管理された森林は実際のところある種にとって改善された住処を提供しています。

「SFIは、経済と仕事についてあなたが欲する価値を森林が提供しているだけでなく、全ての危険な状態にある種に住処を提供していると断言します」とSFIの保護、科学およびストラテジーのシニアディレクターであるダレン・J.H.スリープは言います。

持続可能に管理された森林の利点をよりよく理解するために、そしてSFIラベルを探すことでこのような努力をどのように支援するかを知るために、sfiprogram.orgを見てください。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 09:24 PM | comments (x) | trackback (x) |
メリッサ・ブレヤー
2019年10月2日


© SAMARA

サマラのクルーエルティフリーのリンゴのレザーは、ジュース業界のゴミから作りだされています。

ビーガンファッションの話になったら、私たちは象について部屋の中で話す必要がありますが、その象はプラスチックが形作ったものです。毛皮やレザーのクルーエルティフリーな代替物は、ほとんどがプラスチックでできています。しかし燃料製品は、私たち人類が汚染問題を最も進めている一つにとなっています。

これはまさに現在の難問です。だからこそビーガンレザー産業から生まれた先進のものを見るのは素晴らしいことです。その植物由来の素材が、プラスチックの代わりに使われているのです。ヤッホー!ある企業がこの分野で大きな一歩を踏み出した、それがサマラです。

トロントベースのクルーエルティフリーファッションハウスは、二人の姉妹が始めました。彼らのゴールは「私たちの製品は、最良質の素材で持続可能なものから作ることを確実にする」ということだと、サリマはツリーハガーに話してくれました。「私たちが約束するのは、製造過程で生きているものに害を与えないで最小限の素材から製品を作ることです。」

最高のグレード、最も持続可能な素材を求めて、彼らは新しい方向で実験を始めるときがきたと認識しました。「ビーガンレザー産業が成長するにつれ、私たちは水準を引き上げ、他の植物由来の素材を使い始めました。」

それでこの姉妹は、リンゴベースのビーガンレザーを彼らのベストセラー製品、ザ・ミニに使うために一年を費やして工夫をしなければなりませんでした。何度も繰り返し、質のチェックをしたのち、製品化されこれ以上ないくらいかわいくなっています。そのほかのデザインのように、ザ・ミニはモダンでミニマリストで、動物をかけらも使わない、セリーヌやマンサーガブリエルを考えてみてください。


© SAMARA

リンゴの皮から作られたリンゴのレザーは、ジュース産業のゴミから生まれたそうです。なんということでしょう。彼らはまだ、完全なるプラスチックフリーで作る方法を見つけられないのです―まだ決着材にポリウレタン(PU)を使っているからです。しかし、彼らの革新は着実に進歩をしています。私は彼らが本当に望む植物由来100パーセントを達成すると信じています。

一方で、彼らが捜しうる最も持続可能な素材を使っています。それは、エコフレンドリーPUと彼らが呼ぶもので、ポリビニルクロライド(PVC)という環境への悪さで悪名の高いものではないものを使っていることです。この会社はPVCは使わずにすべての製品を作っていると言います。

完璧ではありませんが、わずかなプラスチックは全てがプラスチックよりは良いことは確かです。そして持続可能性も誇らしげに見せられるスタイリッシュはビーガンオプションが見られるのも素晴らしいことです。

(注目すべきこと:サマラパートナーとソーラーバックパックは、太陽光発電パックパックを、電気のない東アフリカにすむ子供たちに提供しています。2017年に創業して以来、サマラは発がん性のある灯油ランプに頼らなければ夜宿題のできない子供たちに500以上のバックパックを届けることを促進してきました。一つ一つの購入が、このイニシアチブを啓発しています。)

リンゴレザーミニは3色展開です。詳しくは、サマラ

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
メリッサ・ブレヤー
2019年9月19日


© Amazon rainforest in Brazil (Photo: Gustavo Frazao)

新しいビデオでグレタ・トゥーンベリとジョージ・モンビオが、私たちは壊れた気候を直すために自然を使わなければならないと説明しています。

16歳の気候アクティビストであるグレタ・トゥーンベリとガーディアンのジャナリストであるジョージ・モンビオの新しいショートフィルムは、地球に住む誰も場見るべき重要な観点となっています。

人間がつくった気候変動が存在しているかどうかということで争っている人間がいますが、私たちは気候科学者が私たちが見ることになるであろうと予測した異常気象を実際に目撃しています。その間に、普通ではない金額のお金を化石燃料に費やすことを進め、一方で星が燃えるのを見ています。

たった3分半ほどで、この新しいビデオは問題を描き出しその解決方法を提案しています。トゥーンベリは、「生き残るためには、私たちは化石燃料を燃やすのをやめる必要があります。」と言っています。けれどもこれだけでは十分ではなく、彼女はさらに、「多くの解決方法が話し合われてきましたが、私たちの目の前にある解決についてはどうでしょう?」と言います。

ここでモンビオがひきつづき、「空気から炭素を吸い込む不思議な機械があります。コストはほとんどかからず、勝手にできます。それは木です。」

自然に投資することは、プラントシステムが成長するにつれ、大気からものすごい量の炭酸ガスを取り除くことができるでしょう。考えてみてください。森林、マングローブ、泥炭地、ジャングル、沼地、海底を。しかしこれらの方法は、排出カットに費やされるファンドのたった2%しか得られていません。その間に、私たちは反対の方向に進み、私たちが生き残るために極めて重要な生態系を活発に殺しているのです。

二人のアクティビストは3段階のプランを提唱しています。
1.守る
2.元に戻す
3.資金を供給する
私たちは森林を(そしてその他の生態系を)守らなければなりません。それは1分間に野球場30個分の割合で切り倒されているものです。私たちは、私たちが破壊してきた自然界を元に戻さなければいけません。そして、私たちは化石燃料工業ではなく、これら自然の解決法に投資を供給する必要があります。

「自然は、私たちが壊れた気候を修復するために使える道具です。」とモンビオは言います。「これらの解決法で大きく変わるでしょう。同様にもし私たちが化石燃料を地中に置いておくことさえすれば。」

このフィルムは、グリッピンフィルムズのトム・マスティリが作成し、歩きに歩きました。マスティリは、「できる限りの小さな環境インパクトになるようフィルムを作ろうとしました。電車に乗って、スウェーデンにいるグレタにインタビューをしに行き、ジョージの家でハイブリッドカーに充電し、編集するために使う電力はグリーンエネルギーにし、新しいものを撮影するよりはアーカイブを再利用して編集しました。」

見てください、吸収してください、そして他の人に回してください。
ビデオはこちら

ソース

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

© SFI - Pictured left to right: MAP program assistant Indya Hunt and MAP student Kyesha Brunson

学んだことを家に持って帰る
MAPは生徒たちに教育やキャリアパスの前への進め方を決定する助けになるだけでなく、彼らのコミュニティに彼らが学んだことを共有するようにデザインされています。MAPの学生ジェフリー・フワングは、カリフォルニア州、セリトスおよびロサンジェルス周辺の郊外における都会の天蓋リサーチプロジェクトを始めるために彼が経験したことから学んだことを使うことを考えています。

「このリサーチプロジェクトは、学生の故郷でより良い都会の土地管理をしようとするために利用されるでしょう。学生生活での考えや行動のタイプをインスパイヤする機会が持てたことは驚きです。私は、本当に短い時間で彼らが見せる驚くべき成長を見るのを本当に楽しんでいます。」とダウティンは言います。

教員たちは、学生たちがMAPプログラムに参加している間学ぶ、多くの学問的対人的スキルを誇りに思っています。ダウティンは、彼女が見た学生たちがたった数週間後に大きな進歩を遂げることに常に感銘をうけてきました。

ダウティンによると、「初めてここに到着し、森林に関するどのような方法でもない他の規律に興味をもつ学生たちの、ものすごい大きな成長を目撃する場がここにはあります。プログラムが終わるまでに、「私は本当にここにいたいと思っているのではない。私は本当にかや暑さと向き合いたくない」という最初の態度が、「いつ私達は原野に戻るの?私達をおいてあなたたちが原野に行くなんて不公平だ。」というように変わります。

パートナーシップの力
MSUに付け加えると、MAPプログラムは公的なものと私的な斡旋所、企業によってサポートされています・独立非営利持続可能な森林イニシアチブ(SFI)は、自治体の承認を通して貢献し、持続可能性をもって森林を管理することから価値や利益を得ている世界の視点を達成するのを助けるプロジェクトのことを信じています。

ロッコ・サラチナは、SFIのコンサーベーションパートナーシップのマネージャーですが、次のように述べています。「私達の森林の未来は、その将来に持続可能性を確実とするリーダーたちの輝きと同じくらいです。MAPプログラムは表に出てこない声を大きくし、新しい様々な才能に権限を与え、最高に眩しい日々はまだ来ていないのだという希望を与えています。」

「SFIのような組織からのサポートを通して、私達は複数の学生を受け入れ、森林とは本当に何かというとても広い入門的な体験を与えます。」とダウティンは言います。もっと持続可能性について、あるいは森林に商店を当てた解決法、若者たちへの機会、SFIのコミュニティ承認プログラムについてもっと知りたい方はこちら

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
HOMEページ上部へ