世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月  2019年09月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:


© SFI - Pictured left to right: Jeffrey Hwang, Desirea Cooper, Asia Dowtin, Justin Kunkle, Kyesha Brunson, David Rothstein, Indya Hunt, Genevieve Benson, and Tina Guo

学生・生徒たちの見解
ファリデヴィアニー(通称ファリ)シルヴァは、西ミシガンのハートフォードハイスクールで今度3年生になりますが、1年生と2年生の2年間森林MAPプログラムに参加しました。彼女は、大学入学の準備のために調査し、潜在的なキャリアオプションを学ぶことでこのプログラムを見つけました。

彼女にとって、このプログラムのハイライトはアメリカ中の学生や生徒や教員に会い、意見を交換できることでした。

「このプログラムに出会うまで、私は森林について本当に何も知りませんでしたが、いつも心をオープンにしたので、MAPから完全に新しい見通しを得ました。」と彼女は言います。

シルヴァはまた、原野にいることで安らぎを得られるように、どのようにこのMAPプログラムが生徒や教員を中心にしているかについて話しました。「私のような生徒でいること、私が経験してきたことすべては、私は平和と忍耐だと本当に尊重しています。そして、あなたが森林にいて散歩するとき、それは、文字通りあなた自身であり空気であり木なのです。」と彼女は話しました。

インデャ・ハントはMSUの3年生でMAPプログラムではアシスタントを務めています。彼女は大学の学位は刑事裁判で取ろうとしていますが、MAPプログラムにインスパイアされて、修士課程は森林学に進もうと考えています。

「このMAPプログラムは、個人としてリーダーとして私が成長する助けになってきました。どのように忍耐するか、居心地の悪いところでいかに居心地よくするかということを教えられました。MSUが始まったとき、私たちは毎週原野に出かけていきました。毎週というのは、暑い日もあり、雪が降る日もありました。私たちはミシガンに住んでいるので、天候はいつも変わります…でも、私はそれが恋しく思い始めました。木を見分けること、毒のある蔦を避けること、蚊に刺されること。苦悩と成功が恋しいです。」とハントは言います。

ハントはまた、彼女に彼女の見解と安らぎを与えているとこのプログラムを信じています。「私は自然を愛するように成長しました。そして森林は、あなたのこの先の年月がどんなに重要かを理解するために見なければいけない何かであることを学びました。」と話しています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
サステイナブル森林イニシアチブ
2019年9月10日


© SFI - Pictured left to right: Kyesha Brunson and Faridevianey “Fari” Silva

持続可能な森林管理は、惑星が健康的であることと地球の繁栄を分け合うことを確実なものにする重要なツールです。しかし、持続可能な森林の将来的なリーダーがとても必要であるのに、関連する学位を追究しようと思う若者に障害が待っているのです。このミシガン州立大学(MSU)で行われている多文化徒弟訓練プログラム(MAP)は、それを変えようとするものです。このプログラムは持続可能な森林にかかわるキャリアを、その機会が十分にない高校生が実地で経験するプログラムとなっています。持続可能な森林イニシアチブとパートナーシップをもち、MSUは彼らの成功とプログラムの成功を共有したいと願っています。

MAPが橋をかける
MAPを通じて、ミシガンや合衆国のその他の州から来た高校生は、森林、自然資源管理、動物化学、その他関連する分野を探検する機会を持ちます。MSUの農学部と自然資源部がスポンサーとなって、MAPはフィールドワークと実験の両方を提供するプロジェクトにかかわる教授陣と各生徒をペアにします。

MSU森林准教授のアジア・ダウティン氏によると、「MAPは様々な農業分野や自然資源の分野の承認されたことから生まれました。それは多種多様な社会経済、人種、文化的なグループの人々についての提示が不足していて、とてもショッキングなものだったからです。MAPはこれらのコミュニティと大学の研究者たちのコミュニティの間のギャップの架け橋となっています。」

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
植林イニシアチブは土地の利用法を変えることが必要となります。特に、農家は新しい木々を植える土地を指定しなければならなくなります。森林グラントで補う一方、気候アクションリポートは「森林のための農業コミュニティのなかの熱意の不足を認める」とザ・タイムズは記しています。

信じられるかどうかは分かりませんが、単に農家が熱意がないことを表現するだけでなく、保全非営利も同様のことを言っているのです。アイルランドワイルドライフトラスト(IWT)は、地元のものではないベイトウヒの巨大な新たな牧草地を問題に取り上げ、場違いなコニファーの森林は在来生物のための正しい生息材料を提供することはないと議論しています。同様に、大量に植えられた非在来生物は通常そんなによくはないのです。

IWTキャンペーンの役員であるPádraic Fogartyはジ・アイリッシュインディペンデント紙に「人々は植樹は得意ではなく、木も植えられるのが好きではないようです。木は自分で植えることを好みます。」と語っています。

Fogartyは、より良いアプローチは農家に新しい木を植えないように金を払い、しかし実際何も植えないことで、土地が再び野生にならせると提案しています。

「私達は、自然にさせることを心理的に止めています。自然によって復活した空間を見て、やぶで無駄な土地だから「管理されている」状態に戻したいと思うでしょう。私達がそのままにしておけば、森林は自分でもとに戻るのに。」と彼は言います。

率直に言って、彼は素晴らしいポイントをついています。自然はいつも最善なことを知っています。しかし人間がこの母船を料理している割合を考えると、疑問に思うのは、私達は自然に対して自分のペースで豊かにやることを認めているだろうかということなのです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
アイルランド、2040年までに4億4000万本の木を植える

メリッサ・ブレヤ―
2019年9月4日


© Tiramisu Studio

気候危機に挑む役割を果たすため、エメラルドアイルは巨大な植樹プロジェクトを引き受けています

何世紀もかけて、アイルランドは初期森林の被覆率が80%から1929年にはたったの1%になりました。痛い。人間が木々に乱暴をしたからです。農業食品開発局によれば、アイルランドはヨーロッパで完全なる森林破壊が起こった唯一の国となっています。

以来、この国の森林被覆率はゆっくり上がってきています。2012年に、国家森林資源(NFI)は、森林のエリアは731,650ヘクタール、土地の10.5%になると推定しました。

アイルランドの森林被覆が過去350年で最も高くなったと推定されても、いまだにヨーロッパの平均である30%以上という数字よりぐっと低くなっています。木々が気候危機をかわす役に立つという重大な役割を果たすことを考えると、木がまばらになった国はどうしたら良いのでしょう?

多くの木を植えることです。それがまさにこの国が計画していることです。ジ・アイリッシュ・タイムズは、この先20年以上毎年2200万本の木を植え、2040年までに総計が4億4000万本になるとレポートしています。

6月に政府は気候アクションプランで、毎年8000ヘクタール植えることを提案していましたが、そこにはどのような木を何本植えるかという詳細が欠けていました。

今、政府は詳細を新たにし、2,500本のコニファーか3,300本の広葉樹を1ヘクタールに植える必要があるとしています。そのゴールは70%のコニファーと30%の広葉樹です。

「新しい植林のターゲットは一年におよそ2200万本の木を植えることです。20年以上続けて、4億4000万本になります。」とコミュニケーション気候アクション環境兆のスポークスマンは話します。

「気候アクションプランは、2021年から2030年の間、そしてそれ以降も土地利用からの炭素削減が行われることを確実にする植林と土壌管理の拡大を行うと約束しています。」と彼女は付け加えました。

最近包括的な研究が発表されました。それは「植林は気候変動削減ストラテジーの最も効果的なものの一つでいまだにある」というもので、それ以来、大量の植樹努力は、特別に注目を集めています。

しかし私達を含め、一兆本の木でも足りず、自分たちの炭素排出をそれでも削減しなければいけないと断言しています。だから、アイルランドの経学も他の方法、つまり道路を走る電気自動車の数を増やすというような方法をとることも考えているのは良いことです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
HOMEページ上部へ