世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
<<前月  2019年02月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

アラミス ベラスケス
2019年2月5日



メディア・グリーンウッドは次のように書いています

屋上庭園と太陽光発電(PV)システムの統合によって、冷却や日陰効果による稼働方法と全般的な効果が上がります。数多くの実験結果から、その統合による肯定的な結果が得られています。例えば屋上庭園の表面と地面の温度は日陰になることで下げられ、冷却効果によってPVから得られる電力がより多くなっています。もしパネル周辺の微気候が暑すぎると、パネルは十分に機能しないかもしれません。屋上庭園は、パネル周辺の外気温温を25度近くに保つのに役立ちますが、それは太陽エネルギー発電のために理想的な温度です。


屋上庭園と太陽光発電は、私達の未来の一部になる

多くの専門間たちは、バイオソーラー(屋上庭園と太陽光パネル)テクノロジーが、環境、社会、経済的利点を広くもたらすことができると信じています。植物は建物の屋上の熱負荷を低くし、空調の必要性とコストを下げます。居住者の電気代を下げ、炭素フットプリントも減らします。

街でますます問題が悪化している場所確保では、屋根は居住者のエネルギー需要と、野生動物の住処のサポートに利用されるべき未使用空間というオアシスを提供します。

2015年バーチャルサミットのナタリー・バウマンとダスティ・ゲッジ「バイオソーラールーフ」ビデオをご覧ください。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
イラナ・ストラウス
2019年2月8日


© Courtesy of Pure Earth

化学物質は国境を気にしない。

ビジネスは、1つの国にしか税金を納めないでしょう。しかし汚染は国境を気にしません。風がどのように汚染物質を世界中で動かしているかを表す動画をNASAが作成したのを見てください。

ビデオ

白いものは、一般的に産業や穀物を燃やしたものから出るものを表しています。これら物質は人の肺に入り、心臓発作、がん、呼吸器系疾病やその他の問題を引き起こします。(赤いのは、砂のように大きい物質を表し、心配には及びません。)

「微細物質問題は、本当に本当に深刻な問題です。」とジーナマッカーシー(前EPAアドミニストレータでありハーバード気候・健康・地球環境センターのディレクター)は説明します。「これは本当に吸い込まないようにするべきものです。」

このメッセージその圧倒的であり希望もあります。つまり、私たちは遠くの汚染が自分たちを傷つけないふりをせず、そして私たちは自分たちの汚染が他の人たちを汚染しないというふりはできないということです。世界は、このはっきりとした問題に一緒に取り組む必要があります。‐個人でする方法が単にないのです。

私の友だちがかつて次のように言いました。汚染と取り組む最善の方法は、全ての土地を私有化することだと。そのようにすれば、土地所有者は自分の土地を守ろうとします。このセオリーの問題は、その汚染は誰がどの土地を持っているか関係ないことです。あなたが空気を汚染すれば、その汚染地域の家々だけに影響を与えるのではありませn。その汚染が捨てられた空気は、国中を回ってさらに地球上を回るのです。汚染近くの土地所有者だけが汚染の一部に取り組みさえすればいいことになります。

「汚染は本当に国境を知りません。」とマッカーシーは私に言いました。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

credit: Rollie Rodriguez / Flickr

メリッサ・ブレヤー
2019年1月29日

今日の写真は、カリフォルニア州ホワイトマウンテンから。

世界最古の木は、メトセラと名付けられた古代イガゴヨウで、カリフォルニアで海抜10,000フィートのところにあります。樹齢は推定約5,000歳、ホワイトマウンテンの古代イガゴヨウの森林にある年齢の高い木の場所は、森林サービスが秘匿してきたため、わずかな日としかメトセラがどのようなものかをはっきりとは知りません。しかしロリー・ロドリゲスが撮った上の写真のような古代イガゴヨウが、話に上る木と良く似ているでしょう。それともこれがひょっとしてメトセラでしょうか?ほとんどの人は決して知ることはありません。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
HOMEページ上部へ