世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月  2018年01月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

キンバリー・モック
デザイン/緑の建築
2017年12月28日


© Rural Urban Framework

自然災害の惨状の後の復興は、難しく、長い過程になるかもしれません。それは、配置でも、ネパールでも日本でも、家に近いところでもです。

中国の四川省の広元市に近いところに、農村都市フレームワークによっておよそ24軒の丁寧にデザインされた建物が建てられました。これは、2008年のここでの地震のあと、復興の一部として香港大学を拠点にした調査とデザイン協力によります。


© Rural Urban Framework

金台村のこの新しい建物は、2011年の地すべりと洪水が破壊した家々の再建として建てられ、レジリエンスを促進するために様々な戦略を組み合わせ、ジョシュア・ボルチョバーとジョン・リンにデジーンで説明しています。

デザイン戦略は、サイズ、機能、屋根の部分で異なる4種類の家を提供しています。これらは地元の素材、緑の階段状の屋根、バイオガステクノロジー、豚や鶏の収容施設の新しい使い方を実演しています。



© Rural Urban Framework


© Rural Urban Framework

家は相対的に単純です。打ちっぱなしのコンクリートにレンガの壁、窓は採光と通風の役に立ちます。さらに、グリーンルーフのあるコミュニティセンターもあります。しかし何が目をひくかというと、地元という場所で中国政府が計画している2030年までに農村に住む7億人の半分の人々を都市化する計画へ対応するように、スタジオデザインを反映し、より都市感を高めるために家々が構成され段々になっていることです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
サミ・グローバー
交通/自動車
2018年1月4日


CC BY-SA 2.0 David Villarreal Fernández

ノルウェーは電気自動車への移行する国々からずっと離れていました。それは石油を輸出する国であることだけでなく、電気自動車を使うことで、国内消費が減るという非常に大きな副産物がもたらされるからでした。

昨日1つではなく2つの見出しが、私のレーダーで、小さなノルウェーがどれほど進んできたか光りました。まず、エレクトレックは、12月のノルウェーの新車販売の52%が電気自動車であったことをレポートしています。同時にクリーンテクニカは、この国が2020年の公式ゴールを達成したとレポートしています。これは最初に宣言したときにはとうてい無理だろうと思われていたものでしたが、人が乗る車の1キロメートル当たりの排ガス量を85グラムにするというものが3年早く達成されたのでした!

注目すべきは、ノルウェーが「交通からの排ガスゴール」を達成したという見出しは、次の2つの理由から、若干誤解を生んでいるということです。

まず、新車の1キロメートルあたり一人の乗客の排ガスについてのゴールですが、これはすべての車が同じではないことと、全体的な交通セクターが同じではないことがはっきりしていることです。一方で、多くの古いガソリン車は依然として道路を走っていて、それと同様に、公式数値よりずっと高いガスを出す新しいガソリン車も販売されています。ノルウェーの車すべてが85グラムのノルマを達成するには長い道のりでしょう。次に、ロイドが私にこのことを指摘するためにビールを一杯買ってくれると思いますが、車は(息つぎ!)、交通の唯一の手段ではないのです。

疑うべくもなく、ノルウェーでの電気自動車の売上増大の驚くべき速さは、見出しを
専有してきました。けれど、自転車スーパーハイウェイへの巨額投資からオスロが街の中心部から自動車を排除することまで、電気自動車での移動がより緑になり、氷河が冷たくなるということのただの先端であるという意味ではとても良い理由になります。首都は市民に電気カーゴ自転車を買うのに1,200ドルを提供さえしています。

さらに、トップの数はこの一面のニュースを盛り上げています。かつてノルウェーで人気のあったディーゼルカーは、今やセールスで最下位となり、微粒子排出物、スモッグ、カーボンブラックは減るだろうと期待されています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::情報・ニュース | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
クリスティン・レピスト
ビジネス/環境政策
2018年1月9日


CC BY 2.0 Rob Dammers

2007年、ドイツの政治家はストレッチ目標を設定しました。これは2020年までに1990年レベルの40%にCO2排出量を減らすというものです。

これは、温室効果ガス排出の管理、再生可能エネルギーの実施に向けた過程において、ドイツ人がリーダーになるようにした積極的なプログラムでありプロジェクトを促進しました。そしてそれがアンゲラ・メルケルというリーダーに”Klimakanzlerin”(気候大臣)というニックネームを与えています。メルケル首相は、ドイツは2020年までの40%目標を達成する方法を見つけると、昨年9月のキャンペーンで約束しました。

しかし昨日、ニュースは保守党(CDU)と社会民主党(SDP)の間の折衝会議を次のようにリークしました。それは、会議からこの目標はあきらめなければならないという考えが浮上してきたというもので、それはすでに40%の削減は今の時間枠では達成できないことが明らかになっているというものでした。このリポートはまだ確認されていませんが、メルケル陣営が先の選挙で負けたことが、彼女に約束から手を引くようにしているのかもしれません。

朗報は、伝えられているところによると、政治家たちは諦めるという話をしていないことです。彼らは2020年代の早いうちに40%の目標に達することを狙っており、実際のゴールへの軌道に乗ったままでいます。ドイツは2030年までに55%の削減を公約しました。

このゴールは法的にEUレベルの交渉の下で拘束力を持っています。パリ気候協定(EUは2030年までにすべての加盟国が平均40%の削減をすると約束をした)の下のヨーロッパの制約に向けて、ドイツに求められたものです。

EU交渉だけが法的にEU各国の排出ゴールについて拘束力を持っています。ドナルド・トランプのアメリカ合衆国がパリ協定から脱退するという宣言の前に、間違った情報が広がりましたが、パリ協定はその排出ゴールを達さなくても法的な罰則はありません。ただ、もし達成できなかったことを考えると恐ろしいことになるという知識に拠っているのです。

もし学んだことがあるとしたら、それは、早く始め、積極的に始めるということです。ドイツは、良き世界的な市民であることに照準を合わせるように長期的な設定をしただけの理由で、惑星のエコシステムのバランスを取り続けることが非常に必要だという長期的な目標を越えるために軌道に乗り続けている一方で、少し息抜きをすることができるのです。

ドイツ人の「失敗」に対する批判の実態を見てみましょう。つまり、誰よりも努力しているということをです。私たちは、ドイツの進展に向けた現在進行中の貢献を祝うべきです。それが、次のラウンドのために正しいことをするという、自分たちの目標を実行することができなかったと政治家たちを恥ずかしく思うような失敗になったとしてもです。間違うことは学ぶのに最善の方法だからです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
世界気象機関(WMO)の2016年地球気候状況声明によれば、2016年における惑星的な温暖化は続き、産業革命前よりおよそ1.1℃上がったという新しい記録を打ち立てということです。干ばつ状態が地球のの多くの場所で優勢となり、エルニーニョ現象によって悪化しています。この声明でWMOはさらに、2016年に海氷の広さが最小414万平方キロメートルになったと言い、記録上2番めに低い数字となりました。気候変動とそのインパクトを軽減することが、気候変動に関するパリ協定によって達せられる機運をたかめることが必要となるでしょう。より大きな努力が、レジリエントをうちたて、気候に関連する危険や自然災害を制限するために必要とされています。

・パリ協定の賛同者たちは、国単位で決定した貢献は、気候変動に対する公式な国の反応や気候変動アクションにたいする貢献を反映しています。2017年4月20日時点で、パリ協定に批准した143のグループのうちの137(136カ国と欧州委員会)は、気候変動に関するUNフレームワーク会議事務局に国単位で決定した最初の貢献について連絡しました。
・2017年4月20日時点で、発展途上国の7カ国が、気候変動に対する国の適用計画という最初の予定表を完成し提出することができました。
・先進国は2020年までに1000億ドルを協力して結集する約束をしました。これは毎年発展途上国の気候に関連するニーズに取り組むため、また2025年まで同レベルのサポートを続けるためのものです。グリーン・クライメート・ファンドへのリソースを結集するために最初に103億ドルを集め、先進国のグループは資金援助の規模を拡大することが強く望まれました。
・災害リスク軽減戦略の実践が進んでいるにも関わらず、自然災害による死亡者数は引き続き増加しています。1990年から2015年まで、160万人以上の人々が自然災害で死亡したと国際的に報告されています。
・多くの国々が、自然あるいは地域的災害リスク軽減戦略を実践し始めています。2014年と2015年に、報告した国々のほとんどが環境インパクトアセスメント、保護された地域での法令、気候変動適応プロジェクトおよびプログラマー、潜在的なリスク要因を軽減するために主要な役割を果たす統合された計画を示しました。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
HOMEページ上部へ