世界の緑化

最初の気候中立大陸になるための努力


気候変動と環境悪化は現在ヨーロッパおよび世界じゅうでの脅威となっています。これらの困難にうちかつために、ヨーロッパはEUを現代的で、資源の有効活用、競争経済に変える新たな成長戦略が必要です。それは、

・ 2050年までに温室効果ガスの排出量を正味ゼロにする
・ 経済成長は資源利用と分離させる
・ 誰も、どこも取り残さない

ヨーロッパグリーンディールは、EUの経済を持続可能なものにするための計画です。気候や環境問題をチャンスに変え、その移行を公正に、すべてを包括的に行うことによって私達はこれを行うことができます。

アクション
ヨーロッパグリーンディールはアクションプランを以下に提供しています。
・ クリーンな循環経済に移行することで資源の有効利用を促進する。
・ 生物多様性を取り戻し汚染を減らす

このプランは必要とされる投資や利用可能な融資ツールを概説しています。どのように公正で包括的な移行を確実に行えるかについて説明しています。

EUは2050年に気候中立になることを目標としています。私達は、ヨーロッパ気候法を、この政治的約束にするために、法的義務のあるものにするよう提案しています。

この目標を達成するためには次を含む、経済関連全てのセクターのアクションを必要します。
・ 環境フレンドリーなテクノロジーに投資すること
・ 革新をするための産業を支援すること
・ よりクリーンで、安く、健康的な私的公的輸送形態を水平展開すること
・ エネルギー部門を脱炭素化すること
・ 世界的環境基準を改善するために国際的なパートナーと協働すること

グリーンエコノミーに移行することで最も影響を受ける人達を助けるためにEUは経済的支援や技術的な支援を提供することになるでしょう。これは公正な移行メカニズムと呼ばれています。最も影響を受ける地域には2021-2027年の間に、少なくとも1000億ユーロ以上をもって、この転換を支援するでしょう。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ