世界の緑化

日当たりのいいところを探す
屋外のスペースを観察し、一日中、日が当たるところを探しましょう。理想的な場所は一日8時間から10時間の直射日光があるところです。「日が当たれば当たるほどいいです。」とRutgers 農協エクステンションの農業エージェントであるミシェル・インファンテ-カセラは言います。

px;">傾斜を避ける
もし傾斜のひどいところしかなかったら、それでもできないことはありませんが、水が流れ出して侵食の恐れもでてきます。そうはいっても、ゆるやかな傾斜地なら良いです。特に南向きの傾斜地は、春より早く温まるので良いです。

空いている場所を狙う
森の庭は豊かで密集していますが、日常の裏庭菜園には、ほかの多くの植物に囲まれていない場所を探しましょう。空気が自由に循環しカビが生えないような場所を確保しましょう。とは言っても、植物が倒れてしまうような強風にさらされる場所ではありません。

良質な水源を確保する
あなたが植える植物は必ず水を必要とします。そのため、きれいな水が便利に簡単に手に入れられる場所を選びましょう。インファンテ-カセラがくれるプロのコツは、「朝の間に水やりをしましょう。そうすれば葉がすぐに乾きます。濡れた枝葉は、植物に害を与える菌類やバクテリアによる病気になりやすくなります。」

土を見極める

© Library of Congress
もし、あなたがその土が汚染されていると信じる理由があるのなら、土のテストを受けることができます。概して、汚染されやすい土のあるところは避けたほうがよいです。融雪剤が撒かれるかもしれない歩道の近くや道路の排水口の近くのようなところです。(そういえば、ある人が路肩をビクトリーガーデンに変えたことがありました!上の写真を見て下さい。)菜園には、大雨のあとに水たまりができないような水はけの良い土が最適です。

近さとアクセスの良さを考える
私の想像の裏庭には、くねくね曲がった小道沿いに、秘密の傾斜網と小さな庭が次々と現れるものです。これは童話としては良いかもしれませんが、よく機能する菜園としては住んでいるところに近いところで収穫できるのがベストで、私の意見としては、そうすると家から実際に見える場所になります。

インファンテ-カセラはこのポイントについて「家から近いところに庭があると、庭の手入れにかける時間がより長くなります。草むしりをよりするようになり、野菜がより多く収穫でき、もし庭が見えればより頻繁に水をやるでしょう。」

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ