世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月  2019年10月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

植林イニシアチブは土地の利用法を変えることが必要となります。特に、農家は新しい木々を植える土地を指定しなければならなくなります。森林グラントで補う一方、気候アクションリポートは「森林のための農業コミュニティのなかの熱意の不足を認める」とザ・タイムズは記しています。

信じられるかどうかは分かりませんが、単に農家が熱意がないことを表現するだけでなく、保全非営利も同様のことを言っているのです。アイルランドワイルドライフトラスト(IWT)は、地元のものではないベイトウヒの巨大な新たな牧草地を問題に取り上げ、場違いなコニファーの森林は在来生物のための正しい生息材料を提供することはないと議論しています。同様に、大量に植えられた非在来生物は通常そんなによくはないのです。

IWTキャンペーンの役員であるPádraic Fogartyはジ・アイリッシュインディペンデント紙に「人々は植樹は得意ではなく、木も植えられるのが好きではないようです。木は自分で植えることを好みます。」と語っています。

Fogartyは、より良いアプローチは農家に新しい木を植えないように金を払い、しかし実際何も植えないことで、土地が再び野生にならせると提案しています。

「私達は、自然にさせることを心理的に止めています。自然によって復活した空間を見て、やぶで無駄な土地だから「管理されている」状態に戻したいと思うでしょう。私達がそのままにしておけば、森林は自分でもとに戻るのに。」と彼は言います。

率直に言って、彼は素晴らしいポイントをついています。自然はいつも最善なことを知っています。しかし人間がこの母船を料理している割合を考えると、疑問に思うのは、私達は自然に対して自分のペースで豊かにやることを認めているだろうかということなのです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ