世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月  2019年11月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

ロイド・アルター
2019年8月20日


© MVRDV

オランダ人設計士が、あらゆるサイズの植木鉢に様々な植物を入れて品の良い建物を覆う。

建物に植物を植えるようになって数年が経ちました。パトリック・ブランの「生きている壁」をつくるように、エドアルド・フランソワの「緑のファサード」をつくるようにです。彼の最も有名な建物の一つに2004年からのタワーフラワーがあり、それは基本的にバルコニーにおく巨大な植木鉢に植物を植えるというものでした。

そして今、MVRDVのウィニー・マースは、彼の新しいプロジェクト「グリーンビラ」で鉢植えに向かいます。タワーフラワーと異なり、これはすべて異なるサイズで異なる植物になっています。

「MVRDVとヴァン・ボーヴェン建築家によって開発されたこのデザインは、以前建設された建物のマンサード屋根を取り入れて、Adrianusplainの正面道路の様式を引き続き形成するものとなっています。その形のなかで、グリーンビラはその実質性において、その通りにある他の建物と徹底的に異なっています。それは、深さの異なる「置き棚」が、鉢植えの植物、低木や、レンギョウ、ジャスミン、松、カバのような木々をたくさん置けるという点です。

「植物が覆うことで、近くの川や野原や木々の牧歌的な風景にとけこみながら」、近隣の建物とも合っているという面白い混ざりかたです。

グリーンビラの構造は、幅4ベイ(3.6メートル)×高さ3ベイ(2.7メートル)の四角いグリッドを基本としています。MVRDVは、グリッドの中に設置するための、寝室やリビングのような様々な空間用のカタログを作りました。同様のカタログが使われて、3-D樹木園、完璧に植物の名前と情報を記した札をつけた植物および木のコレクションとなってファサードにも植樹されています。


© MVRDV

ステファノ・ボエリのミランでの都会の森林と異なり、この植物は建物の横を庭師がロープで吊り下がって作業をする必要がないでしょう。


© MVRDV

植物の種類は、リビングの機能を背後にファサード中心に考えて選び、配置しました。どれもプライバシーや日陰、見た目が求められていましたがそれを提供するものとなっています。センサーがコントロールする溜めた雨水を使った水やりシステムがプランターに組み込まれているので、1年中緑のファサードが可能となっています。

MVRDVは炭素吸入について壮大な主張を全くしておらず、私にはこの植物をすべて支えるのにどれくらい余分なコンクリートが必要なのかという疑問が浮かびます。この植物が巨大な片持ち梁に吊るされず大小様々な鉢をミックスしたものと考えると、全く余分なコンクリートがないということは疑わしいです。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ