世界の緑化

サンディエゴ市のレジリエンシーは、私たちの生活の質を守り、繁栄と活気に満ちた街であり続けるためにリスクマネジメントをすることです。



カリフォルニア南部はすでに気候変動のインパクトを経験し始めています。それは異常な暑さ、山火事、洪水、海面上昇、降雨量の変化と頻度です。

サンディエゴ市は、様々なプログラムを通してこれらの危険を訴えはじめています。

・ 洪水を回避するために雨水の排水を管理する
・ 都市の森林を街路樹や新しい公園で増やす
・ 節水、純水、その他のプログラムで渇水に備える
・ 分析、計画、政策開発を通じて海面上昇について人々に注意を向けさせる

気候適応およびレジリエンシー計画
市の気候アクションプラン(CAP)は、市内の温室ガス排出を減らすためのプランです。しかしCAPは、気候変動に概して対応する核となる構成要素であり、適応とレジリエンシー計画の開発は、予測された気候変動への脆弱性を低め、地域の適応力を高めることも必要とされていると認識しています。CAPが提供するものは、自然体の都市の緑の天蓋を増やすための気候レジリエンシーのゴールと適応戦略開発のためのガイドです。CAPと気候変動およびレジリエンシー計画が一緒に、温室ガス排出を減らし、帰国変動へ市が備えます。

市は現在気候適応およびレジリエンシー計画を開発している途上にあり、利害関係者やコミュニティのメンバーと協働して市を整え繁栄する助けをしていきます。市は、そのための支援をするためにカルトランズ、州沿岸保全局、カリフォルニア沿岸歩合から資金を50万ドル以上与えられてきています。

サンディエゴエリアの気候レジリエンシーに関する情報をもっと見るには:
PDF サンディエゴ湾に対する海面上昇適応戦略(2012)
海洋大気局の沿岸適応プロジェクト―点をつなぎ、沿岸レジリエンスをサンディエゴ地方で構築する
サンディエゴ地域気候協力
Scripps Institution海洋学—価値ある地元の資源および気候調査における国際的なリーダー
・ サービスが不十分なコミュニティにおいて500本の街路樹を植えるプロジェクトを市が開始(2016年12月)



カリフォルニアの気候変動とレジリエンシーに関する情報はこちら:
カリフォルニアを守る、州の気候変動適応戦略
カリフォルニア州海面上昇ガイダンス
カリフォルニア適応計画ガイド、その他地域や地元の適応努力に関するリソース
・ カリフォルニアの気候変動調査、Cal-Adaptについての主なリソース
カリフォルニア適応フォーラム
気候適応への地域的な協力同盟(ARCCA)

下:バルボア公園に植樹をする都市植樹団のメンバー


キングタイド:

キングタイドまたは春の近地点潮は通常の満潮より高いものです。これは自然のものであり予測できるもので、一年に3回〜4回起こります。キングタイドは太陽と月が新月あるいは満月のときに一列に並んだ結果起こり、潮を重力が大きくなります。この潮が沿岸の洪水を引き起こし、将来海面上昇がどのように沿岸部に影響するかを論証するのに役に立ちます。

2018年12月と2019年1月に、サンディエゴはキングタイドを経験しました。カリフォルニアキングタイドで私たちの沿岸の潮の写真を見てください。市民科学者として参加する方法をより知りたいあるいは情報がほしい方は、カリフォルニアキングタイドプロジェクトを御覧ください。



ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ