世界の緑化


2019年2月26日

ベルギーのブリュッセルで、市長たちと決定者と各分野のトップの専門家たちが、ブリュッセルで行われた湿地国際組織のサイドイベントでブルーグリーンインフラを含む経験やイニシアチブについて発表しました。このサイドイベントは、2月4日と5日に開かれた開発協力のための街と地域―持続可能な都市開発に向けた地元と地域のパートナシップというフォーラムの一部で、DEVCOと地域のヨーロッパ地域委員会が共同組織し、ここにウェットランズインターナショナルチームが活動的にEUに関わり、世界中から招待されました。

このフォーラムは、500以上の地方や地域の自治体、関連団体、街のネットワーク、EUとEUのパートナーである国々からの熟練者が集まりました。ウェットランズインターナショナルは、フォーラムで都市のレジリエンスへのエコシステムの役割に焦点を当てました。私たちのチームは、エコシステムと自然保護を街の計画に統合する必要性と、NGOや研究所とパートナーになる街を次のEU街と地方自治体2019-2020に求める必要性を推奨しました。都会のレジリエンスコーディ―ネーターであるサンダー・カーパイジは、「チームになることは気候変動適応と包括的な過程においてきわめて重要であることをはっきりとさせました。それは、自治体は自治体だけではそのための知識や能力を持っていないからです。



ウェットランズインターナショナルは、フォーラムの2日目の都会レジリエンスのためのブルーグリーンインフラのサイドイベントもホストしました。このサイドイベントの間、EUの研究所から異なったプレゼンテーションがありました。国連防災オフィス(UNISDR)や、オランダの実際的な例を挙げ、ハイチやパナマからは地元政府が行いました。街の計画にブルーグリーンインフラを統合することは、気候レジリエンスと将来の持続可能な都市開発を確実なものにするのに重要です。



この活動は、オランダ郵便番号くじに支援されています。

サイドイベントの全部はこちらで見られます。
https://youtu.be/YIrZ7wliopo

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ