世界の緑化

メリッサ・ブレヤー
2018年12月17日


credit: Richard Masoner

今日の写真は、カリフォルニア州、ビッグベイズンステイトパークからです。

設計士や建築家は、歴史を通してとても壮観な大会堂をもちろん作ってきましたが、木ができることを見てください!このリチャード・メソナーが撮った写真はすべてを語っています。

リチャードはレッドウッド大会堂として知られるこの現象について次のように書いています。

「このセコイアの木々の美しい輪のアレンジメントは、巨大なセコイアの木が枯れてできます。新しい木々の芽が偶発的にその枯れた木の幹を土台にして出て、結果的に円いアレンジメントになったのです。

直接見ると、とても衝撃的です。

この木々は比較的若いです―ビッグ・ベイズンで最も年取っている最も高い木は2000歳以上で100メートル(300フィート強)に届きます。」

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ