世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月  2018年12月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

ロイド・アルター
2018年6月29日


CC BY 2.0 Jorge Royan on Wikipedia

それは、肉のパッキングからクランペットに至るまですべてに影響している

実際おかしなことは、この週、イギリス政府はヒースロー空港の三番目の滑走路建設を承認し、より多くの飛行機が二酸化炭素をより排出できるようにし、一方でビールやソフトドリンクのCO2不足が起きていることです。ガスワールドには、「このなん十年でヨーロッパのCO2ビジネスを襲った最悪の供給状況だ」と書かれています。

証拠として、ヨーロッパにおけるCO2食品グレードは、アンモニア生成の副産物であり、天然ガス価格(アンモニアを作るための材料)が高い間、アンモニアの価格はそのタンクの中に入っているのです。

 
良く知られているブランドのソフトドリンク業はCO2なしでの生産に苦しんでおり、製品を手に入れるために必死になっています。今週、バイオエタノール工場がメンテナンスのために休業し、先週末スカンジナビアにある主要な供給源も休業しました。ソフトドリンク業界の立場は、ヨーロッパを襲った最近の熱波のせいでいっそうひどくなっています。それはソフトドリンクと炭酸飲料へさらなる大きなさらなる需要を生んだからです。


この不足は、ポーランドとドイツからの陸路による輸送ですぐに終わるかもしれません。それは良いことです。というのはソーダポップやビール以上にもっとCO2は使われているからです。ガーディアン紙によれば:

小売店がガーディアン紙に、CO2は新鮮な肉やサラダのパッキング、家禽や豚をおろす際にも使われるので、新鮮な食物を供給する側もこのことを恐れていると語りました。サプライチェーンの動きを保つ方法に注視しているとき、誰も私たちの仲間内で生産を止めたという話は聞いていません。」と英国食肉加工協会のディレクター代理であるフィオナ・スタイガーは言いました。



Sam Greenhalgh on Flickr/CC BY 2.0

そして、最新の:クランペット。ウォーバートンは1週間に150万個のクランペットを作って(それほど多くの人がそんなにたくさんのクランペットをまだ食べているとはだれが知っていたでしょうか!)いるのですが、そこが今問題になっているのです。

ガーディアン紙にそこのスポークスマンが次のように話しました。「私たちは供給できるように一生懸命働いていますが、すでに不足となっており、これはすぐにCO2の供給が元に戻るまで悪くなっていくだけです。私たちがすでに戦っていた厳しい貿易条件に直面し、現在扱うべき挑戦として最もありがたくないものだと言えます。」


もちろん、全ての皮肉は、私たちが多すぎるCO2に囲まれており、でも明らかに私たちはCO2を作るためのアンモニアの食料貯蔵庫として天然ガスを実際に採取していることです。私たちが飲んでいるどのビールやソーダも化石燃料だと誰が知っているでしょう。

もし、私たちがヒースロー空港でジェットエンジンからCO2を吸い出せたなら…

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ