世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月  2018年12月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

メリッサ・ブレヤー
2018年6月22日


© Sietse van der Linde

汚染が、ヨーロッパの樹木に悲惨な栄養不良傾向を引き起こしている。

ヨーロッパじゅうに広がる木の栄養不足傾向という懸念が起きてきており、かつては屈強な森林が脆弱なものになるという脅威にさらされています。その責任は私たちにあります。

10年間調査を行った新しい包括的な研究は、ヨーロッパ20か国じゅうの13,000種類の土壌に着目したものです。研究者はそこから、木に寄生する多くの菌類が汚染によってストレスを受けており、いくつかはっきりしていることを示しています。それは現在の汚染規制では十分ではないということです。

「ヨーロッパじゅうに木の栄養不足傾向があることを警告していますが、それはペスト、病気、気候変動に森林を脆弱にさせているということです。」と調査者のリーダーで、王室、キューガーデンズライフサイエンス部門のマーティン・ビダートンド博士は言います。「この傾向の後ろに菌類の変化があるかもしれないということを見るために、私たちは土の「ブラックボックス」を開けました。土や根のなかで起きている過程は、往々にして無視されるか、推測されるか、モデル化されるかです。なぜならこれらについて直接研究することは難しいですが、木の機能を推定するのには重要なことだからです。

一番簡単に説明すると、木の根にミネラル栄養を供給する菌類を変えるのです。ロンドン王立大学と王立植物園によって先導されているこの研究は、地元の大気と土壌の質が菌類キノコに大きなインパクトを与えることを発見しました。このことで、ヨーロッパの木の悲しい栄養不足傾向は説明することができるだろうと話しています。

植物と菌類はお互い愛し合っていて、重要な共生関係にあります。木の上に見られるキノコ類のいくつかについて私たちは知っていますが―マッシュルームやトリュフの形をしている地上の部分―、木は菌類の土壌から栄養を得るための宿主となっています。窒素、リン、カリウムのような重要な栄養というおくり物のお返しに、菌類は木から炭素を受け取っているのです。これらの提供物がなければ木は空腹になってしまいます。これが変色し葉や痩せた枝先といった、ヨーロッパ全土の木の栄養不足の兆候を説明することができるわけです。

木の特徴(種類や栄養状態)や地元の環境状況(大気汚染や土壌の変化)が、最も重要な、どの菌根菌が存在し豊富になるのかを予測につながるということを発見したと、研究者たちは王立大学のプレスステートメントに記しています。

生命にとっての重要でありながら、窒素やリンが汚染から過剰に供給されるとダメージになりかねません。この研究は、これらの要素の菌根菌の集まりの変化を指摘する閾値を発見しました。最も汚染に強いキノコ類―優位性として大気の汚染からの過剰な窒素を利用できる―は、その汚染に苦しむものたちを凌駕しています。プレスステートメントは次のように記しています。

 
これらのエコシステムの変化が、木の健康に否定的に影響している。例えば、いくつかの集団はより「寄生的」菌根に変わっているという。つまり炭素を取るが、栄養をわずかしか返さないということである。


ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::情報・ニュース | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ