世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月  2018年11月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

ロイド・アルター
2018年4月5日
デザイン/グリーン建築


© George Brown College

モリヤマ&テシマアーキテクツとアクトン・オストリーアーキテクツ、デザインコンペで勝つ

木の世界では物事が最近ものすごい速さで起こっていて、追いつくことがなかなかできません。トロントのジョージブラウンカレッジの新しいウォーターフロントキャンパスに建つ木造高層建築を手掛ける設計者の最終候補者がアナウンスされたときに、私たちはまったくカバーしていませんでした。モリヤマ&テシマは、この部分では長いこと売れっ子で、アクトン・オストリーアーキテクツはブリティッシュコロンビアはヴァンクーバーにある現在世界で最高の角材の塔を建設しています。


© George Brown College

この12階建てのアーバービルディングは、「大学のカーボンフットプリントを減らし、温室効果ガス(GHG)の少ない、差し引きプラスのものとなっています。一度建てられれば、学生や研究者たちはそのデザイン、建設、オペレート、気候に優しい建物のモニターについて学ぶことになります。」また、ネットワーク化され、インテリジェントで、繊細、適応力のある」スマートな建物になる予定です。最先端のデザインに自動化の構築と革新の開発をおき、このプロジェクトは、統合、適応、モニター、最新のテクノロジーのテストを行うことができる施設を創造する機会を提供とするとともに、産業と学生たちと最善の手法を共有する機会も提供しています。」


© George Brown College

プレスリリースによれば、

デザインの選考において、審査員は次のように述べています。「コンセプトは、全ての選考基準を超えていました。至るところまで木を使う革新さ、建物のレジリエントと将来性のある素晴らしいエネルギー消費、教室、実験室、その他アカデミックなニーズの範囲を支援する絶妙な空間プランニング、そして学生とそれより広くイーストベイフロントコミュニティが強く喚起しあえる空間。」



© George Brown College

「完成すれば、このアーバーはカナダで最初のトールウッドリサーチインスティチュートをホストし、学生や研究者たちが、革新的なアイディアを生み、低炭素、木材建築の集まりを研究することができるようになるでしょう。そしてまた、ここは大学のコンピュータテクノロジー学部や、新しいチャイルドケア施設の家にもなるでしょう。

建設は2021年に始まり、おそらくオンタリオで12階建てが法律的に認められるように建築基準が変更されることでしょう。

設計士たちは幸せなキャンパーです。「私たちは、カナダのデザイン、そして私たちの集合的な低炭素の未来へ向けた建築産業において新たな時代を先導するのを楽しみにしています。」とモリヤマ&テシマアーキテクツ、アクトン・オストリーアーキテクツの代表者は話します。

おそらく、何もないより遅れた方がまだいいので、二位の作品を以下に並べます。


© Shigeru Ban + Brook McIlroy via George Brown College


© Patkau Architects + MJMA via George Brown College


© Provencher Roy + Turner Fleischer via George Brown College

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ