世界の緑化




© Rural Urban Framework

この村では、通りを狭くするために建物が密集するように建てられており、風雨をよけるポーチは、住民が外で座り他のコミュニティの人たちと社会的につながるようになっています―これはおそらくより都会的なアプローチとなっています。自給自足、長期的な持続可能性を高めるための統合的な解決策によって、このデザインは全体的な構造に公共の相互依存という感覚を織り込んでもいるのです。設計者は次のように述べています。

村の様々なプログラムをエコサイクルに関連させることで、環境への対応が高まり、村の変化が近隣のモデルになります。家を建てるスペースが限られているため、村は農村にありながら密集した都会的な生活を合わせもっています。



© Rural Urban Framework

究極的に、スタジオは村の再興のより持続可能なアプローチを、他の村がモデルとしてまねるようになればと考えています。

これは、現代の農村生活の調査です。この状況でのプロジェクトの重要性は、2008年の地震以降にすでに建てられた何百、何千もの家の代替モデルを提供することです。このプロジェクトは、伝統的な家と現代的な一般的な家両方の限界をより理解することで、実行可能な新しい別の方法を提供するのです。中国では今日、何万もの新しく計画されている村があり、困難なのは、空間的構成や物理的表現によってきちんとした場所として村を計画することが、自然環境との関係を直接的に奪ってしまうことです。



© Rural Urban Framework

災害のあった場所を復興するのはやめた方がいいという議論もありますが、それは合理的なアプローチが、当然ながら人々の特別な場所や地域への感傷的なつながりや、人間の挫折乗り越えようとする精神的な傾向や可能性を軽く扱っています。そうなるとその次に良いのは何か?私たちの建物やコミュニティというデザインの中に持続可能性と災害持続可能性を織り込み、私たちの誤りから何かを学んでくれたらと願います。詳しくは、農村都会枠組みをご覧ください。

ソースはhttps://www.treehugger.com/green-architecture/rural-urban-frameworks-post-disaster-housing-rooftop-farms.html

translated by Yoko Fujimoto



| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ