世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月  2018年10月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

ここ何十年間、世界は未曾有の都市の成長を経験してきました。2015年には、40億人に近い人々
ー世界人口の54%にあたるーが街に住み、2030年までにはその数は約50億になると見込んでいます。急速な都市化は、膨大な困難をもたらしてきました。それは、スラムに住む人々の増加、大気汚染の悪化、不十分な基本的なサービスやインフラ、無計画な都市の無秩序な膨張であり、それが街を災害時に被害を受けやすくもしています。より良い都市計画と管理が、世界の都市空間をもっと包括的、安全、レジリエント、持続可能にするために必要とされています。2017年5月時点で、149の国々が国レベルの都市政策を開発していました。

.・発展途上国の都市のスラムに住む人は2014年に2000年の39%から30%に下がりました。いくらか進展はありましたが、都市のスラムに住む人々の絶対数は増え続けています。これは進む都市化によるもので、人口増加と適切な土地および住宅政策の欠如によるものです。2014年に推定8億8000万人の年居住者がスラム状態に住んでいると考えられていますが、2000年には都市居住者は7億9200万人だったのです。
・より多くの人々が都市部に移住するのに伴い、街は新しい居住者に対応するため地理的な境界を広げていくのが典型です。2000年から2015年の間に、世界の全ての地域で、この都市の土地の拡大が都市人口の成長を超える速さで進みました。結果として、街はその成長とともに密度が下がり、それと共に無計画な都市の乱開発が、より都市開発のより持続可能なパターンを困難なものにしています。
・ゴミの安全な処理と管理は、最も活力のある都市環境サービスの一つとなります。収集されない固形廃棄物は、排水を遮蔽するため洪水の原因となり、水を起因とした病気の広がりに至ることにもなります。2009年から2013年の101カ国の街のデータを基本にすると、都市人口の65%が公共のゴミ収集サービスを受けているそうです。
・大気汚染は、主要な環境的な健康被害のです。2014年に10人中9人の都市に人々が、WHOの安全基準に満たない空気を吸っていました。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ