世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
<<前月  2018年02月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

今週のエコ@アフリカで、私たちは持続可能性に励むナイジェリア人、古代アマゾン技術を使うドイツの農家の人々、学校で都市農業プロジェクトを学び緑の指を育てているウガンダの子供たちに会います。


今週のエコ@アフリカでは、アフリカとヨーロッパを旅し、最新の最も革新的なアイディアをみなさんにお届けし、私たちの世界がより緑多い場所になる手助けをします。

まず最初に私たちはナイジェリアの無駄なもの0農業プロジェクトを訪れます。そこは農家が家禽や養殖と統合した農業を行い、無駄をなくし生産力を上げています。

それから私たちはドイツに向かい、病気になった土を治すための古代のレシピを再度学びます。それはテラ・プレタと言います。アマゾン地域で生まれた古い土着のやり方を基礎にした非常に豊かに混ぜたものです。しかし現在、農家では単一栽培を何年も続けることによって疲れ果てた土を改善するために、この方法が使用されています。

その後、私たちはアフリカに戻り、ジンバブエの人たちがエネルギーを節約するのに役立つ製品に変えることでプラスチックごみにどのように対処し始めたのかを見ます。彼らは温度バッグを開発しましたが、それは短時間ガス代の上で温めたあと、料理をし続けることができるようにしたものです。

それから私たちはウガンダの首都であるカンパラで都市農業を取り上げるように生徒たちをどのように学校はインスパイアしているかを見ます。このプロジェクトは、生徒たちが健康的にいられるようにし、お金の節約にもなります。

ヨーロッパに戻り、私たちは、ロンドンの下水に毎年流れ込むなん100万リットルもの使用済み食用油をバイオディーゼルに変える方法を見つけたイギリスの企業を調査します。

そして最後にボツワナのチョベ国立公園を訪れます。ここは完全なエコのパッケージツアーがあるのです。水を再利用する再生可能エネルギーを利用したホテルに泊まり、静けさのなかのサファリ旅行は排ガスなしの電気自動車でします。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ