世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月  2017年10月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

ロイド・アルター
デザイン/グリーンアーキテクチャ
2017年9月21日

© Triptyque architecture via Designboom

ブラジルはよくTreehuggerで取り上げられます。それは違法な伐採や乱伐があるからです。しかし今回は違います。

今までTreeHuggerでは多くの木の建物を紹介してきました。しかしブラジルのこの高い木のデザインは初めてです。これはTriptyque architecture for Amataがデザインしました。この会社は森林管理会社です。Designboomは、「この13階建てビルは、多くのさまざまな機能的な利用ができます。たとえば、コワーキング、コリビング、レストランダイニングなどです。共同の場所とプライベートな場所が、人が新しい環境意識に合わせて生活することができる街と相互に作用します。」と話します。


© Triptyque architecture via Designboom

ブラジルでは、違法伐採が多く行われており、乱伐は大きな問題になっています。そのためこの建物について書くことについても微妙なうずきがありました。しかし、Amataの共同創立者でありCEOであるダリオ・グアリタ・ネトはDesignboomに次のように話しました。

木枠の建物は効率のよい解決法であり、私たちの社会の環境意識の変化を促進するのに約立つでしょう。再製不可能な資源を自然の材料と交換することで、私たちはきれいな生産連鎖を創造するのを助け、保証された森林の価値を付加します。これは森林伐採に対するプレッシャーを下げることができます。


© Amata forest management

ウェブサイト上で、目的と実践について大きな取引を彼らはしたのです。「AMATAは。森と消費市場の間の掛け橋として貢献する会社で、社会的な責任をもって生産され、その出所が保証された証明書つきの木を提供しています。」彼らは松とユーカリを育て、「環境基準に則ったコンプライアンスを超えて」進んでいます。


© Triptyque architecture via Designboom

だからTreeHuggerでとりあげられているのです。1立方メートルの木それぞれが1メートルトンのCO2を吸収して育つからです。だから私たちは木を愛しています。それがブラジルからのものでもです。これは解決の一つであって、問題ではないのです。


© Amata Manifesto

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ