世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月  2017年12月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

キンバリー・モック
デザイン/グリーンアーキテクチャ
2017年6月8日


© Paisajismo Urbano

私たちの都会のビルに垂直の庭という形で生きている緑を添えることは、街を美しくするだけでなく、酸素をより多くつくり、空気を清浄にするという実用的な目的も果たしています。コロンビアのボゴタに、世界最大のサンタライア垂直の庭があります。これは集合住宅の33,550スクエアフィート(3117平方メートル)を覆い、地上9階(地下2階)あります。

ビデオへ

© Paisajismo Urbano

Paisajismo Urbanoの生物学者であり植物学者であるイグナチオ・ソラーノとGroncolという屋上庭園デザイン会社が協力して制作し、この垂直の庭プロジェクトは10種類計115,000本以上の草を目玉にしています。その草花とは、ヘベ・ミニ、オオミドリボウキ、ローズマリー、ツルニチニチソウ、スパティフィラムといったもので、壁のほとんどを覆っています。これらの自生草花のサンプルは、ソラーノチームがコロンビアの西海岸から採取し、育て、この垂直システムに植えました。


© Paisajismo Urbano


© Paisajismo Urbano

この垂直の庭はPaisajismo Urbano社が特許をを持つ“F+P”水耕システムを使用しています。これは、一連の柱から成っており、それぞれが草木の独自のセグメントに付属し、草花に栄養が行き渡るようにする42の灌水ステーションが水をやります。この水はアパートのシャワーからの再利用水を利用することで、最小限の水道使用となっています。このシステムは、湿度や輻射熱のセンサーもあって、水が適量与えられるようにしています。


© Paisajismo Urbano


© Paisajismo Urbano

プロジェクトチームによれば、この草花のカバーは推定700人分のカーボンフットプリントを相殺し、3,000人分の酸素を生み、745台分の自動車から排出される微粒子を除去するということです。


© Paisajismo Urbano


© Paisajismo Urbano


© Paisajismo Urbano

これらの特徴のおかげで、デザイナーはサンタライアを「生きている建物」と呼ぶことができます。垂直の庭は、多くの場合、多くの草木を必要とする過剰建設の街へ少し恩恵をもたらことができます。この生きている草花の外側は日陰を提供するため、暑い季節には冷却にかかる負荷を軽減し、冬は建物の断熱材の一部ともなります。大気汚染注の重金属やその他の微粒子は除去します。より大きなスケールで考えれば、垂直の壁を備えたビルが増えれば、ヒートアイランド現象を軽減することもできます。また生物多様性を促進し、このような緑すべてが地域の生物の住み家を提供することもできます。


© Paisajismo Urbano

このアイディアは街に住むことをどう感じるか、それを変えることだったと、Groncolのマネージャーであるパブロ・アトゥエスタ言います。

設計者の(Exacta Proyecto Toal)は、本物の草花で緑のレイヤーとなった一つのまとまりを創り出すつもりでした。彼は、一種類だけの草花を使いたがったのですが、それはリスキーだったので、緑のトーンと草花のボリュームで統一感を与える異なった種類の植物でいくつかのプロトタイプをつくりました。建物は居住者の快適さと幸福感にもなるべきで、デザイナーは、ボゴタで感じる過密都市環境に住んでいるのにそう感じることのない、草花に囲まれているという感覚を必要としたのです。


さらに詳しいことは、Paisajismo UrbanoおよびGroncolをご覧ください。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::緑の壁 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ