世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月  2017年12月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

メリッサ・ブレヤー
科学/自然科学
2017年8月15日


© Dag Peak

「クラウン・シャイネス」では、何種類かの木が近くの木を尊敬し、自分たちの葉がぶつからないようにしています。

私の顔が青ざめるまで、私は木について書くことができました。そして今でも書いています。毎回私が木について書くとき、多分木を人間の特性にあてはめています。恐らく木は歩きまわったり、月まで飛んで行ったりすることはありませんが、木は独自の天賦の才と才能を持った本当に驚くべき生物なのです。彼らは、地球上で最も高貴な働き者です。私たちは木なしには生きて行けず、木は受けるべき敬意全てを受けるにふさわしいのです。

(証拠物件A:下の関連する話を御覧ください)

だからロバート・マクファーレンのその日のツイッターを読んで、心が熱くなり心が揺れたのは不思議なことでしょうか?(マクファーレンは、自然と言語について書いていますが、そのツイッターは奥深くて詩的なものです。)
ツイッター

その美しい振る舞いを見せる写真の数々です。


Mikenorton/CC BY 2.0


Patrice75800/CC BY 2.0

この現象は1920年代から研究されてきており、天蓋の遊離(canopy disengagement)、天蓋のはにかみ(canopy shyness)、樹冠間の空間占有(intercrown spacing)としても知られています。全ての種類の木にあるわけではありません。同じ種の木の間でだけでするものもあるし、同じ種だけではなく別の種とも同様にするものもあります。証明されたセオリーがこの遠慮の背後に一つだけあるのではなく、この適応力のあるふるまいを異なった種をこえてするのにいくつかのメカニズムが実際にあると信じられています。収斂進化の一つのケースです。

説明のひとつに、ちょっとした下枝の枯れ上がりだというものがあります。風に吹かれて互いにこすりあい、摩擦を止めるために間をあけるようになるというものです。他に、光と陰の回避反応に関係があるというものもあります。ある研究では、同族で成長するときと関係のない種のなかで成長するときとで木は葉の生え方が異なり、他種の隣の木には陰をつくるが同種には大切な光が届くようにするということが発表されています。そのほか、寄生虫が移動することから近くの木を守る方法だというのがかなり有力です。

理由はどうであれ、明らかに知性があります。そしてその結論は私たちを感心させることは間違いがありません。川の天井絵のように上空の小川をそっとのぞくと、私たちの賢い樹木という同盟について深く考え、次のことを思い出させる完璧な理由が見えます。近所の人に負けまいと見えを張ることを考えてはいないかもしれないけれど、彼らは明らかに近所の人を意識していると。

マクファーレンの作品もっと読みたい方は、24の自然や風景を表現した深くて美しい言葉をお読みください。日々のものについては、彼のツイッターインスタグラムをフォローしてください。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ