世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月  2017年12月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

2017年6月28日



持続可能な街のためのWRIロスセンター、ケニヤのナイロビに都会の専門家を召集しました。それは全ての街の同格さに関するワークショップがあるからです。Photo by Talia Rubnitz

ケニヤ、ナイロビ(2017年6月28日)—全てに対して機会を与える一方で持続可能性を高める街にすることはできるだろうか?ナイロビのワークショップにおいて、持続可能なWRIロスセンターは、ナイロビはケニヤで、サハラの南の地域から集まった利害関係者にこのような質問に答えるために人々を集めました。

参加者は学者、都市計画、ビジネス、技術部門、自治体、その他の分野から集まり、より持続可能な街を作るために革新への方法と、共に働くための方法を話し合いました。これは、WRIロスセンターの一連のミーティングのなかでも最初のもので、その地域特にケニヤのナイロビとウガンダのカンパラで、都会の革新と変形力のある変化を検証するためのワークショップです。

アフリカサハラ南部の都市の変遷

今日、都市計画への因習的なアプローチの多くが、居住者の多すぎに陥っています。アフリカサハラ南部の成長は、非常に多くのチャンスと困難の両方の問題を提出しています。アフリカに居住する半数以上の人々が2040年までに街に住むと言われており、それは非常に多くの若者となります。公的私的セクターは、この人口移動に関連した将来的な可能性、困難、誰もが良い仕事につけるように確実にすること、生活の質を改善するサービスを提供することを認識しています。


ワンジラ・マタイとジョイ・ンボヤが、持続可能で街が同格であることについての意見を交換している。ナイロビにて。Photo by Dennis Nyongesa

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ