世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月  2017年08月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:


© SFI - Moosehead Lake region in Maine

世界の森林は、やるべきことをすでにたくさん抱えています。洪水からの保護、きれいな飲料水、材木、レクリエーションの場、さらに世界のおよそ半分の哺乳類、鳥類、昆虫類の棲み処を提供しているからです。

森林は、世界で年間化石燃料から排出される二酸化炭素の三分の一を吸収しています。そして人間のアシスタントで管理された森林は、温室ガス効果の軽減をもっとしているかもしれません。

森林のなかったところに森林を造るか、気が切り倒された土地に再び木を植えるか、害虫や病気のプレッシャーを変えることができると期待するかは関係なく、改善された森林管理は、森林の健康を確かなものにし、変わっていく気候のより多くの炭素を分離する効果的な方法となります。

© Jonathan Kelley - Streamside Management Zone – A Babbling Brook in Maine

保護団体マノメットで気候サービス・プログラムのシニアプログラムリーダーであるエリック・ウォルバーグは、アメリカ合衆国西部とカナダの森林が、どのように気候変動と森林管理についての決定が互いに作用しているかという例となっていると話しています。

「何年もの間、相当な消火抑制となっており、森林は過剰気味になっています。密集した森林はマウンテン・パイン・ビートルにとって最上の住処をつくりだしています。干ばつと温暖化、過剰な状態によって引き起こされる森林のストレスのコンビネーションは、巨大なパイン・ビートルの発生と、広範囲な森林の滅亡をもたらしました。結果として、西部のいくつかの森林地域は、現在、炭素を取り込んでいるところから炭素の資源へとひっくり返っています。」とウォルバーグは話します。

森林の健康と気候変動へのレジリエンスに対するより良い評価と、森林の所有者や管理者という広範なアプローチを共有するために、マノメットが発足しました。このプロジェクトは、どのように気候が変化し、どのように森林が反応しているかをよりよく追い続けるために、森林モニタリングの増強も行う予定です。ウォルバーグによると、「このアプローチは、異なった土壌や状況の個々の場所がどのように気候変動に反応しているかを見抜くことになるでしょう。同様に、これは森林管理者の計画において、動的な気候を説明する最善の方法に関する識見を彼らに供給することになるでしょう。」

持続可能な山林管理イニシアチブ(SFI)からの保全およびコミュニティパートナーシップ助成金の支援を受けて、アメリカ合衆国の北東部と南東部の4箇所が、3年間の研究にもうすぐ選ばれます。プロジェクトパートナーには、4つのSFIプログラムパートナーシップがあります。その4つとは、ハンコック・ティンバー資源グループ、ライム・ティンバーカンパニー、ランドヴェスト、資源管理サービスで、それぞれが研究箇所を担当することになります。さらに、メイン州SFI実施委員会は、作業を構成し吟味する資料を提供します。

© Sean Ross - Red Pine, Lyme Timber Company

このプロジェクトは、調査箇所レベルで作用をモニタリングし、基礎となる条件を構築することから始まります。その後、気候変動、森林の反応のトレンドと予測の地域的な査定にフォーカスを移し、その後森林管理計画に関する気候の包含も組み込みます。

狙いは、北アメリカじゅうのSPIプログラムの参加者たち、そしてマノメットの気候スマートランドネットワークを通じて、出来る限り森林管理者や森林所有者の間でこの管理フレームワークを広めることです。

ウォルバーグによれば、「私たちの希望は、この管理フレームワークが急速な気候変動の背景に対して、健康で生産的な森林を維持する重要な要素となることです。」

管理された森林の重要性は、世界の舞台で認識されることです。パリで開かれたCOP21で、多くの政府がこの国連気候条約に国のコミットメントを合わせるために、森林管理を主要な方法として取り込みました。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 10:33 AM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ