世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月  2017年10月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

このモデルは、長期的な雇用と教育的な機会を創出し、ヴァイラルエコノミクス(経済的な知識拡散という疫学的モデル)という自己投資を可能にします。

炭素循環は扱いにくいので(バイオマスからバイオ炭まで)、何千年何百万年もの間、炭素がしまいこまれています。土壌生物学を刺激するのに役に立つ一方で、より多くの酸素や水を保持する利点が付け加えられましたが、それは異常気象によるダメージを軽減することになりました。また、めったに取り上げられることのない深刻なバランスを欠いた窒素循環にも役に立っています。

多年草であるスーパーグラスや牧草を育てること、コンポストとバイオ炭でのこやしを合わせること、栄養豊かなものとしてバイオ炭を移動草食動物のむれに与えることで、漠然と続くけれど純隔離としてほぼ瞬時に排出を減らす方法の一つとなります。最も良い部分としては、注意して利用すれば促進できるものでありながら初めから利点があることで、炭素マーケット、税金や助成金の必要はないのです。



ここで算数をしましょう。フランクのモデルは、植生が1年に20億ヘクタールに引き上げられたら、これはスペイン4つ分に匹敵しますが、24年後には、4.8ギガヘクタールをカバーすることになり、1年に14.6ギガトンまたは現在の地球全体の純排出量の2.7倍の炭素を隔離し続けることになります。しかし、4.8Gヘクタールの植物を見つけることができるでしょうか?できます。現在ある農場や街を破壊せずに、砂漠を緑にすることでできます。(そこにはより大きな水文学サイクルを導入したいところにもなっているかもしれませんが。)土地は限界状態で、一覧になっています。気候変動は実際のところ、このような利用で使える商業的な変数のない価値の土地に広がっているのです。

地球の海洋は大気とともに炭素濃度のバランスを取っています。それは一方から炭素が取り出され、もう一方が補うという関係になっています。6ギガトンを大気から取り除きその状態を維持するためには、実際には12ギガトンを取り除かなければなりません。

このモデルは、同じ土地で1年に200メガヘクタールで休みなく回転するサイクルは、 累積で667ギガトン炭素を隔離し、炭素の量は56年までに大気中のCO2を300ppmに戻すことが求められています。化石燃料の排出を減らすことで、削減の幅にもよりますが45年から48年に300ppmになるかもしれません。実施の割合が年300メガヘクタールになれば、300ppmのゴールは開始から35年から37年後に達成されるでしょう。

これらの数字は変わるかもしれません。あまり野心的ではない研究がある一方で、私たちが知る限り、フランク・ミカエルは最初に非常に多くの種類のモデルを一つに統合し、不安定で扱いにくい炭素循環(バイオ炭)、知られている未知の反転する力と人間の労力を組み入れようとしています。より多くの研究者たちがこれらのモデルに取り組み、改良し、実世界の結果を検証すればするほど、ずっと洗練された計算によって、この初期段階のものが原始的で取り替えられるべきものには見えなくなるでしょう。

モデルが言っていることは、問題にするのに概算時間で非常に短い時間で気候変動を逆転させることができるかという問いに答えるということです。答えは、はい、できます、です。答えられないのは。私たちがやるのかどうかということです。

原文はこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ