世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月  2020年11月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:



ラハティは、フィンランドのパイヤンネ・タヴァスティア地方の首都で、人口は119,068人です。ヴェシ湖の南湾にあるフィンランドの首都ヘルシンキの北東およそ100キロに位置しています。第二次世界大戦後、人口増加や経済発展といった急速な産業化が進みました。

そのことは大きな環境問題もひきおこしました。例えば、ヴェシ湖の富栄養化や市中心地における自動車の高い依存です。ラハティ市は、ヴェシ湖プロジェクトを立ち上げ資金獲得をすることでこれらの問題について訴え、そこで大学の調査チーム、地元企業や市が湖の状態を改善するよう協働しました。

ラハティ市も、地下駐車場や新規の自転車レーン、広い歩道の設置などといった街の中心部の開発に1億ユーロを投資したラハティ市コンソーシアムを立ち上げました。

ラハティ市はインジケーター領域の主要な部分でのパフォーマンスの良いところを示し、自然と生物多様性、騒音と水について習熟度の高さを見せました。大気の質、廃棄物、緑の成長とエコの革新、そしてガバナンスの領域でトップのランキングとなりました。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::街づくり | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
HOMEページ上部へ