世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月  2020年04月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

もし地球が、ソーシャルネットワークで氾濫してきたこのバイラルチャレンジに参加できたとしたら?何を見るでしょうか?


1月中旬からソーシャルネットワークで氾濫してきた最新のバイラルチャレンジは、10年チャレンジと呼ばれています。人々は、この10年間に時間が肉体的な外見をどのようにしたかを見せるために、10年前に撮った自分たちの写真をポストしています。それにより、本当になんでも見ることができます。全く変わらなかった人々から、全く変わってしまった人々まで…。けれどもし地球がこのチャレンジに参加できたとしたらどうでしょう?私達の星は、どう思うでしょうか?何を見るでしょうか?これから私達はこの星のためにこのチャレンジをしていきます。

私達がこれから見ることが末頼もしいものではないので、このタスクを行うのには勇気がいります。それは気候変動が地球にもたらす破壊的な効果について地球からの新たな警告となるので、その結果を深刻に受け取らなければ愚かです。それでは見ていきましょう。

大気中の二酸化炭素#10年チャレンジ



この26年、世界的な二酸化炭素排出はおよそ50%近く増えています。そして2000年から2010年の10年間だけで、それより前の30年よりも増えました。このガスは街に住む人々の健康を危険にさらす要因の一つになっており、それ以上にこのガスは地球温暖化と気候変動の主な要因の一つとなっています。

私達が見るこの画像は破壊的です。2006年から2016年の間の対流圏でできた二酸化炭素の濃度の変化を表しており、オークルから赤への劇的な色の変化は、濃度の高さと私達が暮らすには危険なレベルであることを表しています。

地球の温度#10年チャレンジ



1951年から1980年の間の惑星の平均気温を考慮したこの画像は、この10年間に起きた変化を表しています。青い部分が1951年から1980年の平均より温度の低いエリアを示し、濃い赤は平均より暖かいエリアを示しています。

もし私達が二酸化炭素の質量の増加が、その代わりに地球の気温を上げていることを考えれば、この写真が何を表しているのかを理解できます。つまりグローバルウォーミングの恐ろしい10年チャレンジなのです。実際、最新のIPCCレポートは気温が上がり続ければ危険であること、もし私達がパリ協定で打ち立てられた最大レベル以内に抑えられなければ、地球は致命的な状況になると警告しています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
HOMEページ上部へ