世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月  2020年02月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

ロイド・アルター
2020年1月15日


© IKEA am Westbahnhof

新しいメガトレンド:車に乗らない客

私が北アメリカで見てきたどのイケアも郊外にある大きな箱で、人々はSUVカーに箱を詰め込むために並んでいるものでした。しかし、世界は変化していて、今までより多くの人々が車なしで生活しています。多くの人々にとって、これはイケアに行かないということになります。だからイケアは街なかの店舗を紹介し、だからウィーンの新しい店舗はとても興味深いのです。

「コンセプトは、現在のメガトレンドに焦点を当て、車なしの新しい可動性の形と同じように大きく変わった買い物の動向を考慮に入れています。顧客はあまり時間がなく、便利さと快適さの良さを認めます。これは家具エリアではっきりと目につくものです。つまり、ますます多くの顧客は彼らが買ったものを家に運んで帰るということすらもはや考えていないのです。配達してもらうことができるのです。」



© IKEA am Westbahnhof

店舗全体が、徒歩で来た人、自転車利用者、そして地下鉄で来た人向けにできており、直接店舗につながっています。大きすぎて運べないものはなんでも24時間以内に配達します。

「ウエストバーンホフのイケアは、きっとこの地方全体の待ち合わせ場所になるでしょう。家具店そのものの中に、いくつもの階に伸びて、インテリア・デザインのアイデアが、イケア全体に革新的な方法で展示されています。存在しないものは伝統的な家具店というところで、それはなぜなら大きなものはすべて、シュトレスバースドルフの新しい輸送センターからあなたの家に直接配達されるからです。」


ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::街づくり | 05:58 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
HOMEページ上部へ