世界の緑化

公的な機関と主に協働していたところから、私的なクライアントと協働するようになったことでおきたのは、「とてもオーガニック」になり、クライアントの要望に応え、市場のフィードバックに応えるようになったことだとタグは話します。

「まず、私達は一つのプロジェクトで壁に垂直に水耕の農園を設置しましたが、これを見た友人が緑の壁に変えるように頼んできたのです。」

けれど、緑の壁とは具体的にどういうもので、その目的は何なのでしょうか。垂直の庭や生きている壁とも呼ばれ、それは室内や屋外の壁で育つ植物で、ビルトイン式に備え付けられ、自動的な水やりシステムを持っているものです。

主な目的は、室内においては屋外同様一定の湿度を保ち、夏には建物を涼しく保ち、冬には暖かく保つことで究極的にエネルギーを節約することです。自動水やりシステムのおかげで、緑の壁は十分に水が得られメンテナンスはそれほど必要ではありません。

美のレベルでは、息を呑むような風景を提供し、つまらない何もないスペースを生き生きとした緑のスペースに変えることができると考えられています。レストラン、職場、大学で人気があり、緑の壁はストレスを減らし、ムードを高め、生産性を改善すると考えられています。

シャドゥフがリサーチ・アンド・ディベロップメント(R&D)に数ヶ月投資したのち、CIBが企業のプロジェクトの一つを要請する最初の私的なクライアントとなり、彼らの建物に様々な風景デザインを要求して以来、複数のその他のビジネスに広がりました。それぞれの緑の壁や風景デザインプロジェクトのここのデザインは、クライアントの要望をもとにシャドゥフの社内の建築家チームによってなされました。



多くの異なったタイプの植物と水耕技術を利用するために、シャドゥフの農学者のチームは「異なった条件で異なった種の植物のテストを続け、屋内屋外の緑の屋根に適切な植物のデータベースを作りました。」とタグは説明します。

「それぞれの植物は平均60の性質を持っています。それは空気を回したり、防除性があったり、アロマだったり、薬、料理、油、茶、香りなどに使われたりするというものです。

エジプトを以外に、シャドゥフはデザイン会社と完全引き渡しの解決の両方、つまりアフターケアやめンテナンスを含む引き渡しまでのすべてのプロセスの実行を行う国際的にする企業で、独自のグリーンウォールパネル、コントロールシステムやメンテナンスアプリケーションを、設置パートナーやエージェントといった、彼らの監督の下に仕事をすることができる人たちに売ることを目的としています。

これらプロジェクトに対するフィードバックは非常に肯定的なもので、CIBのようなクライアントは、エネルギー消費量の軽減や空気の清浄化として緑の壁を持続可能レポートに含めており、また他の企業は食べられる緑を育てることで利用しています。

現在のプロジェクトと将来の見込みとしては、シャドゥフは地域じゅうに驚くほど広がっており、彼らの主な目的は「中東で緑の壁と持続可能な風景を作る企業のリーダーになること」だということです。

「私達は現在、湾岸の街、ジェダ、リアド、ドバイ、アブダビ、クウェートシティのような街に私達の市場を広げることに焦点をあてており、2020年までに中東の国々すべてに及ぶ予定です。」

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::緑の壁 | 08:52 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
HOMEページ上部へ