世界の緑化

メリッサ・ブレヤー
2018年5月29日


CC BY 2.0 USDA/Flickr

USDAが明らかにしたのは、街やコミュニティが年間175,000エーカーの気が覆っている場所を失い、一方で舗装道路、道路、建物の数が増えているということでした。

優美な街や巨樹エリアに生える木は本当に宝物です。人間ではない街の生物のための居住地を提供するだけでなく、人間にもあらゆる種類の健康的な利益をもたらします。健康観の後押しをするほかに、大気汚染の浄化し、炭素を抑え、建物のエネルギー使用を減らし、発電所の排出をのちに、およそ180億ドル分の排出に変えています。

だから町の計画者や地方の政府は、木に非常に熱心にとりくんできたと思っているでしょう?しかし残念なことに、木は減り続けていることが明らかになっています。研究者たちがUSDA森林サービスと一緒に行った調査で、木が減っていることが明らかになっています。USDA森林サービスと科学者が一緒に行った調査では、2009年から2014年の間に、都市とコミュニティ地域で木が覆っている部分は3600万本、あるいは毎年およそ175000エーカー減ると推測しています。

一方で、舗装やその他の不浸透のもののカバー(道路や建物のような)は、同時期に毎年およそ167,000エーカーの割合で増えています。ジョニ・ミッチェルに合図を送りましょう。

「国として、都市/コミュニティを木が覆う率は42.9%から42.2%に落ちました。23の州は統計的に明らかにその率を下げ、45の州の合計は純粋に減っています。」と調査のための声明に書いてあります。「木は空気や水の質を改善し、夏のエネルギーコストを家を冷やすことで下げ、騒音を軽減し、雨水と洪水を減らし、人の健康と幸福を増進し、人間の健康と都市とコミュニティのインフラに重要なものになっています。」

都会あるいはコミュニティの木の覆っている減少率の最も大きかった州あるいは地区は、ロードアイランド、ワシントンD.C.、ジョージア、アラバマ、ネブラスカで、州として最も年間カバー面積の純消失の大きかったところはジョージアの18,830エーカー、フロリダの18,060エーカー、アラバマの12,890エーカーでした。

ミシシッピ、モンタナ、ニューメキシコは若干(それほど大きくはないけれど)、都会あるいはコミュニティの木が覆う率が上がっています。すべての州のなかで、メインが最も率が高く、68%になっています。残念なことは、ノースダコタが最も低くなり、たった10%となっています

「都会の森林は重要な資源です」と、共同執筆者でUSDA森林サービス北部リサーチステーションのデイブ・ノアックと話します。「都会の森林官、計画者、決定者は、都会の森林のトレンドを理解する必要があります。そうすれば、彼らは十分なレベルの木のカバーを開発、維持することができるのです。それは、森林の利益と一緒に行います。現在と未来の市民のために。」

州による木が覆う率と不浸透のものが覆う変化を表した表は、ここで見られます。研究すべてはここからダウンロードできます。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto



| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
HOMEページ上部へ