世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月  2018年12月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

ブライトウッドパークとキングマンパーク

アンドリュー・グラムブローン
2018年10月19日

この特別区は、キングマンパークとブライトウッドパークの2か所で都市農園をつくり運営する組織を探しています。併せて2万平方フィート以上になり、区画は現在空き地になっています。開発されれば、DCの都市農園リースプログラムを通じて管理されます。この都市農園リースプログラムは地元で育つ食料という持続可能なシステムを育成するために設立されました。DCのDGSは最近、入札にかけました。

「DGSはそれぞれの場所の中の副区域に応募したそれぞれに賞を与える権利を持っていますが、その副区域は2,500平方フィート以下になる予定です。」と提案依頼のなかに書かれています。ブライトウッドパークは、ロングフェローストリートNWに近い9と8ストリートNWの間の名前のない小道にあり、またキングマンパークは16と17ストリートNEの間のクレイマーストリートNEお600ブロックにあります。応募者は「農業生産の経験」がなければならず、回答は11月21日締め切りとなっています。

古風なグローサリーストアが不足している十分なサービスが受けられない地域―「食料砂漠」として通常知られている地域―では特に、都市農園がよりDCのなかでポピュラーになるにつれてこのような機会が増えています。ニューヨークのように他の主要な街も、都市農園の増加がみられます。

キングマンパークとブライトウッドパークへの提案は、予算、タイムライン、デザイン、コミュニティの利益、その他の要因を基礎に点数をつけるとDGSは話しています。優勝者には、13年までの更新することができるオプションを含む5年間のリースが与えられます。DGSによれば、優勝者が土壌テストの結果を提出し、その結果が環境保護エージェンシー(EPA)が設定した、例えば鉛のようなさまざまな物質のレベルが「提唱レベルの最大値より低」ければ、リースが承認されるということです。

キングマンパークは前もって「ヒ素のレベル高さが検出されている」とDGSが指摘しており、土壌ベッドあるいの高さを上げるか、土壌を浄化するかが必要とされています。リースは借地の支払いはありませんが、借り手は「すべての運営費用」を賄う責任を負っています。これは電気ガス水道も含みます。現在この場所にどの電気ガス水道もないということです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::街づくり | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
ここでのアイディアは、空いている都会の壁を覆うようにすることができるモジュールをつくるために、パレットや金属の足場や木のような型枠資材のリサイクル資材を使うことです。このシステムは食べ物を作るだけではなく、別の防水断熱資材の層を加え、湿度や騒音公害から空いているファサードを守ることもできるでしょう。


© Greenbelly.org


© Greenbelly.org

土地の様々な種類の野菜が植えられ収穫されることが可能となります。コンポストもその場で作られ、植物を肥よくにするために使われ、このようにループがつながります。地元での新鮮な食べ物を生み出すので、食べものは安価で配布販売され、一方で食品生産の過程で地元住民が関わり、そのことが教育や実体験になります。


© Greenbelly.org


© Greenbelly.org

デザイナーたちは次のように話しています:
この建築物の設置は、35平方メートルの土地(376平方フィート)に6階だての菜園が最大1年に6400キログラムの野菜を生み出し、街のまんなかに162平方メートル(1,743平方フィート)の緑のエリアをつくりだしながら、農場からフォークまでの距離を短くする狙いがあります。さらに、地元コミュニティが参加する場を提供し、住民が農業体験を共有できる場となり、それが地元経済の利にもなります。この構造物は垂直ですが、プラットフォームは水平で、そこから収穫物へのアクセスと菜園のメンテナンスを容易にしています。


もし周りを囲えば他の機能にもこのモジュールは使うこともできます。例えば学校、レストラン、事務所です。


© Greenbelly.org


© Greenbelly.org

実際、空虚にしておくより、何もないファサードや、路地、屋上のような都会の空いているところは、このような何か美しく想定していなかったものに変わる可能性を持っており、このようなプロジェクトは、それが本当に可能であることを表しています。このプロジェクトを支援するなど詳細については、グリーンベリーキックスターター、https://twitter.com/TheGreenBelly/で。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto



| 世界の緑化情報::街づくり | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
キンバリー・モック
2018年9月28日


© Greenbelly.org

鉄道の高架橋から建物の間の道まで、私たちの街にはもっと役に立つ機能(手ごろな価格の家や公共の空間のような)に変えられる、生かされていない空間がたくさんあります。

このような都会の空っぽの場所は、グリーンベリープロジェクト―AVLスタジオと農業エンジニアカミル・ラサールのコラボ―のように、食料を育てる場所として使うこともできるかもしれないという提案があります。

現在クラウドファンディングが行われています。グリーンベリーは、地元の住民が食の安全の向上、農業知識の向上、コミュニティメンバー間のつながりを作ることができるのではないかという期待をかけられた、残りの都会のスペースを「生産性のあるセンターへ」変える垂直のガーデニングシステムです。このプロジェクトは食の砂漠のような問題に取り組むこともできると期待されている一方で、「すでに自然とともにある建築物」とのつながりなおしも期待されています。AVLスタジオの技術者アレックス・ロサダは次のように話しています。

 
私たちはグリーンベリーと共に、スペース、材料、都会の資源を再利用することで管理できるサイズの持続可能なプロジェクトを提案しています。私たちは街をより緑に健康にすること、必要な人々に食料を、子どもたちに食べ物の源泉を教えることができます。



© Greenbelly.org


© Greenbelly.org

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::街づくり | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |


60人を超える街のスタッフ、120以上の組織、そして何千人もの個人の貢献によって最も緑豊かな街アクションプランを私達は持っています。

・市民の協力のなかで最善の実施例のセット
・ゴールと目標を達成するために必要な種々のパートナーシップの構築

ドキュメント
・最も緑豊かな街アクションプラン
・最も緑豊かな街実施アップデート
・諮問委員会への進展アップデート
・予備レポート


計画をどのように開発したか

2009年に始まった最も緑豊かな街アクションプランに、最も緑豊かな街アクションチームが関わっています。この地元の専門家グループは、世界中の先進の緑の街から最高の実施例を調査し、ヴァンクーヴァーを世界で最も緑豊かな街にするゴールと目標を設定しました。この計画書はヴァンクーヴァー2020:明るい緑の未来に出版されました。

・計画の開発
・2011-2014の優先的なアクション
・2015-2020の優先的なアクション
・最も緑豊かな街のストーリー


2050年へ向けた私達の未来:再生可能な街


本当な再生可能な街になるということは、私達の最も緑豊かな街2020のターゲットが達成された後も取り組み続けるということです。最も緑豊かな街を2020年の後にも続けて行くために、私達は2050年までに100%再生可能な街になることを約束しました。

緑豊かな街ニュースの最新版を手に入れるにはこちら

最も緑豊かな街ニュースレターに申し込んで、進捗状況、プログラム、イニシアチブに関するニュースを手に入れましょう。地元の持続可能性のイベントやボランティアの機会もお知らせもあります。
<div align="center"></div>もっと知る


最も緑豊かな街アクションプランの前の私達の取り組み

最も緑豊かな街イニシアチブの前に、私達はすでに、気候変動や持続可能なまちづくりに
取り組むという努力において大きく優位になっていました。

過去20年の重要な持続可能プログラムと成果物

ソースはこちら

translated by Yoko Fuijmoto

| 世界の緑化情報::街づくり | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

緑の最も多い街アクションプラン

最も緑の多い街アクションプランは、都会のサステナビリティの先端を行くための戦略です。

私達は評議会、住民、ビジネス、その他の組織、そしてあらゆる政府のレベルとともに、このプランを達成するために活動しています。

私達のビジョン

私達のビジョンは、今日以下のことをするために機会を作ることです。
・ 強力な地元の経済
・ 活気に満ち、近隣を包括する
・ 次の世代の需要を満たす国際的に認識される街

予想可能で達成できる目的のセットを通して、ヴァンクーバーを世界で最も緑豊かな街になるよう推進します。

ソース


最も緑豊かな街のゴール

最も緑豊かな街アクションプランは10のゴールエリアに分類され、焦点の3つのエリアを覆っています。
・ カーボンゼロ
・ ゴミゼロ
・ 健康的な生態系

それぞれのゴールエリアには少なくとも1つ予測できる2020ターゲットがあります。
・ 気候と再生可能物
・ グリーンビルディング
・ グリーン輸送
・ ゴミゼロ
・ 自然へのアクセス
・ 水の浄化
・ 地元食物
・ 大気浄化
・ グリーン経済
・ より軽いフットプリント

ソース

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::街づくり | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

 
HOMEページ上部へ