世界の緑化

メリッサ ブレヤー
科学/自然科学
2017年6月13日


CC BY 2.0 Max Pixel

街路灯やその他の街の状況が、都会に生える木を不健康にし本来の能力を発揮できなくしている

「木は、私たちと全く同じなんです!」部門の私のお気に入りの森林官が、私が長いこと可能性があるのではないかと疑ってきた問題の計測をしました。それは、都会の木は、自然界の多くのものと同様に、一晩中明るいところに置いておかれると辛い時間を過ごすことになるというものでした。

「木も夜寝なければならないのです。」とピーター・ウォーレンベンは、ウェールズのヘイフェスティバルで聴衆に向かって話しました。「調査によれば、街路灯に近いところに生える木は、他より早く枯れます。夜、寝室で明かりをつけっぱなしにするようなもので、そんなことをしたら皆さんにもよくないのです。」

木のことを知っていて、そして木を擬人化して大事にする人がいるとしたら、それはこのウォーレンベンです。ドイツの森林官でベストセラー作家である彼は、木を人間のように話すことについて躊躇しません。「私は人間の言語そのものを使います」と彼は言います。「科学的な言語は、全ての感情を取り除き、人々が理解しなくなってしまうからです。」『木は子どもに授乳します』と私が言えば、誰もが私が何を言っているのか分かります。」

ウォーレンベンは1987年から森林について勉強し、森林で働いてきました。そのため彼はうらやむべき経歴を持ち、このような考えに達したのです。そして彼は、彼の最近の観察を照明するための調査を提示します。2016年に欧州委員会は、木や草の夜間の人工的な光による影響について研究する資金を準備しました。ロンドンのThe Timesによると…

昨年エコロジー誌のジャーナルに掲載された論文では、人工的な光が「春の芽を出す」タイミング、紅葉の時期、落葉(枯れた葉が落ちる)の時期に影響を与えることが証明されたとありました。この研究は、人工的な光が、木の、葉を茂らせ花を咲かせる年間リズムの変化「木の健康、生存、再生」に大きな影響を与えていることになっているかもしれないと締めくくっています。

ウォーレンベンが委員会に、都会の街路樹がより健康的に長生きできるように、また電力消費を減らすために、夜間、街路灯を消すべきであると言うのは分かりきったことです。(光害を減らすその他の利点はたくさんあります。天国についてよく考える大昔からの楽しみ、星空を見上げるという機会…そして星を生で見る。)

街路樹が直面している他の困難には、木が孤独になり、近くに生えている仲間のサポートシステムを受けることができずに大きくなろうとしていることがあり、これは、森林の中に生えている木々がどのように社会的に生きているかを表したウォーレンベンが取り上げたテーマです。

彼は、「都会に生える木は、森林のストリートキッドみたいなものです。」と歩道の地下の硬い土のなかで根が苦しんでいることを付け加えながら言います。もし土が十分になければ、木は夜間も道路や建物から放射される熱で暖められることになります。森林では冷やされるのとは反対の現象です。都会の木は、栄養や水を集める助けとなる森林の微生物を共有することができないのですが、市の職員による世話も十分には受けられません。

その一方で、この路上で静かにたくましく生きる生物は、私たちに多くのリターンをもたらしています。マット・マックダーモットがここで以前、「木に賞賛を歌っている間に」に書いたように

・ 若くて元気な1本の木の純冷却効果は、10部屋分のエアコンが1日20時間稼働するのに匹敵する。エアコン10台分が1本の木で!!
・ あなたの家の西側に今日植えられた一本の木は、5年後には3%のエネルギー削減になり、15年後には12%の削減になります。
・ 木一本あたり、粒状物汚染を9−13%減らします。オープンな場所に対して27—42%、木よりも下の地面にほこりが達する量も減らします。
・ もしあなたの家の近くのあなたの所有物に木が生えていれば、家の価値は10−23%も上がります。
・ 都会では、1本の木の植樹と木の手入れに3年間で250ドルから600ドルかかり、木の一生で得られる(街の美化などをのぞく)直接的なリターンは9万ドルになると試算されています。

その他にもたくさんあります。気候変動の軽減、野生動物の居住地域の増加、メンタルヘルスの向上などです。木が私たちにしてくれること全てに対して、私たちが最低限して返すことができるのは、寝る前に電気を消すことなのではないかと思います。

ウォーレンの素敵な、前進的な木に対する考えを彼の著書「木の隠された生活:何を感じ、どのようにコミュニケーションをするか−秘密の世界から発見したこと」を読んでください。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
メリッサ・ブレヤー
輸送/公共交通機関
2017年5月31日


Screen capture Ruptly/YouTube

苔、ラン、ユリ、シダに覆われたこの市のバスは、乗客を新しい世界へと運んでいます。

自然が奪われていると感じていますか?街の中に捕らわれて、森林浴を心待ちにしていますか?もし台湾の首都に偶然住んでいたら、その問題は、バスに乗るだけで解決されるでしょう。

台北に住み、母なる自然一回分を必要とする人々のために、市のバスは森林の緑で飾られました。AFPによると、ユリやシダ、生姜、ラン、苔その他の香りのよい植物にあふれたジャングルモバイルは、博物館、寺院、夜市に止まりながら騒がしい街中を抜ける特別なルートで乗客を連れて行きます。

植物を載せるという素敵なことをしたのは、フローリストのアルフィー・リンのブレインストームで、通勤客のせわしない日常に自然との接触の機会をもたらしたいと思ったということです。

「みなさんが、これを美しいと感じたり、面白い経験だと思ってくれるといいと思います。」と彼はAFPに話しました。「バスの中で夏の香りをかぎ、鮮やかな緑の植物を見、自然からのメッセージを感じることができます。」

森林バスが情熱を持つ人と出会ったというのに不思議はありません。誰がランにあふれるバスに乗り、苔の座席に座ることを嫌がるでしょう?幸せな乗客は、この魔法のバスに乗るために行列をし、多くの人がこのバスがずっと続くことを望んでいます。

「私は、花や植物の香りをかぎながらバスに乗っていると幸せな気持ちになって、リラックスします。これがダブルデッカーで通常のサービスになったらいいと思います。そうしたら台北の特別なものになるでしょう。」と乗客のセリーヌ・ウェイは話します。

もし自然のある場所に行けないのであれば、自然があなたのところにくるなんて、なんて素敵なのでしょう。それが市のバスでやってきたとしても。

動画はこちら

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

© SFI - Moosehead Lake region in Maine

世界の森林は、やるべきことをすでにたくさん抱えています。洪水からの保護、きれいな飲料水、材木、レクリエーションの場、さらに世界のおよそ半分の哺乳類、鳥類、昆虫類の棲み処を提供しているからです。

森林は、世界で年間化石燃料から排出される二酸化炭素の三分の一を吸収しています。そして人間のアシスタントで管理された森林は、温室ガス効果の軽減をもっとしているかもしれません。

森林のなかったところに森林を造るか、気が切り倒された土地に再び木を植えるか、害虫や病気のプレッシャーを変えることができると期待するかは関係なく、改善された森林管理は、森林の健康を確かなものにし、変わっていく気候のより多くの炭素を分離する効果的な方法となります。

© Jonathan Kelley - Streamside Management Zone – A Babbling Brook in Maine

保護団体マノメットで気候サービス・プログラムのシニアプログラムリーダーであるエリック・ウォルバーグは、アメリカ合衆国西部とカナダの森林が、どのように気候変動と森林管理についての決定が互いに作用しているかという例となっていると話しています。

「何年もの間、相当な消火抑制となっており、森林は過剰気味になっています。密集した森林はマウンテン・パイン・ビートルにとって最上の住処をつくりだしています。干ばつと温暖化、過剰な状態によって引き起こされる森林のストレスのコンビネーションは、巨大なパイン・ビートルの発生と、広範囲な森林の滅亡をもたらしました。結果として、西部のいくつかの森林地域は、現在、炭素を取り込んでいるところから炭素の資源へとひっくり返っています。」とウォルバーグは話します。

森林の健康と気候変動へのレジリエンスに対するより良い評価と、森林の所有者や管理者という広範なアプローチを共有するために、マノメットが発足しました。このプロジェクトは、どのように気候が変化し、どのように森林が反応しているかをよりよく追い続けるために、森林モニタリングの増強も行う予定です。ウォルバーグによると、「このアプローチは、異なった土壌や状況の個々の場所がどのように気候変動に反応しているかを見抜くことになるでしょう。同様に、これは森林管理者の計画において、動的な気候を説明する最善の方法に関する識見を彼らに供給することになるでしょう。」

持続可能な山林管理イニシアチブ(SFI)からの保全およびコミュニティパートナーシップ助成金の支援を受けて、アメリカ合衆国の北東部と南東部の4箇所が、3年間の研究にもうすぐ選ばれます。プロジェクトパートナーには、4つのSFIプログラムパートナーシップがあります。その4つとは、ハンコック・ティンバー資源グループ、ライム・ティンバーカンパニー、ランドヴェスト、資源管理サービスで、それぞれが研究箇所を担当することになります。さらに、メイン州SFI実施委員会は、作業を構成し吟味する資料を提供します。

© Sean Ross - Red Pine, Lyme Timber Company

このプロジェクトは、調査箇所レベルで作用をモニタリングし、基礎となる条件を構築することから始まります。その後、気候変動、森林の反応のトレンドと予測の地域的な査定にフォーカスを移し、その後森林管理計画に関する気候の包含も組み込みます。

狙いは、北アメリカじゅうのSPIプログラムの参加者たち、そしてマノメットの気候スマートランドネットワークを通じて、出来る限り森林管理者や森林所有者の間でこの管理フレームワークを広めることです。

ウォルバーグによれば、「私たちの希望は、この管理フレームワークが急速な気候変動の背景に対して、健康で生産的な森林を維持する重要な要素となることです。」

管理された森林の重要性は、世界の舞台で認識されることです。パリで開かれたCOP21で、多くの政府がこの国連気候条約に国のコミットメントを合わせるために、森林管理を主要な方法として取り込みました。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 10:33 AM | comments (x) | trackback (x) |
ミーガン トレーシー
テクノロジー/クリーン テクノロジー
2017年1月10日


© George Nikitin / Greenpeace

グリーンピースは、毎年「クリーンをクリック」レポートを発表しています。これは主なインターネット関連企業を、再生可能エネルギー利用とクリーンエネルギー政策支持という分野で比較しているものです。今までよく知られた名前が群を抜き、年々さらに改善されてきており、どの企業がクリーンエネルギーに重きをおいているかが明らかとなってきています。

3年連続して、アップルがクリーンエネルギー使用のトップになり、グーグルとフェイスブックがそのすぐ後を追いかけており、この3つの企業が全体的にAを獲得しています。

マイクロソフト、アドビ、セールスフォースが全体的にBを獲得している一方、アマゾン、IBM、HPはCとなっています。グリーンピースは過去何年もエネルギー使用について公開していないためアマゾンを呼び出し、今年もまたしたためエネルギー透明性でFをつけました。


© Greenpeace

今年のエンターテイメントがどれくらいグリーンなのかと疑問を持ったら、ストリーミング選択で最高のスコアを取っている企業に目を向けてください。グーグルはYouTubeを所有しておりビデオストリーミングにおいて最高のAを獲得していますが、NetflixはDでHuluはFです。ミュージックストリーミングについては、アップルiTunesがAを取っている一方で、Spotify、Soundcloud、Pandoraのようなメジャーなサービスのスコアは悪いです。

ビデオストリーミング需要がこれから急速に大きくなるので、データとしてクリーンエネルギーにストリーミングサービスが投資することは非常に重要です。レポートは「2020年に、ビデオストリーミングによるトラフィックは、全消費者生成トラフィックの中で、生成された総トラフィックの80%以上を占めるだろう。2020年までにビデオコンテンツのおよそ100万分(ぷん)が毎秒ネットワークを駆け抜けていることだろう」と言っています。

グリーンピースは最もトラフィック量が多いNetflixに対し、産業界のリーダーになるため、現在しているように単にカーボンオフセットを買うのではなく、直接再生可能エネルギーを買うよう訴えています。

レポートは、ITセクターは現在世界の電気の7%を消費し、インターネットのトラフィックは2020年までに現在の3倍になるであろうと述べています。幸いなことに、20のインターネット企業はすでに100%再生可能エネルギーへ行こうすると公約していますが、データセンターが建てられるアジアや、アメリカヴァージニア州のようなところでのよりクリーンなエネルギーを求めています。

原文はこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
ロイド・アルター
エネルギー/エネルギー効率
2016年12月15日


© Jonas Adolfsen

シェルトングループは「持続可能性の世界―特にエネルギーと環境に重きをおいた」ことに焦点を当てたコンサルタントをしており、調査のためにTreeHuggerに参加しています。その調査によって、アメリカ人がエネルギー保存を勘違いしていたり、ほとんどのアメリカ人が環境について重要視していないことを明らかにしてきました。

スザンヌ・シェルトンは、TreeHuggerのように、何年も不可能なことを試みてきています。それは、持続可能性に人々が興味を持つようにする方法を見出そうとすることでした。彼女の最近のブログには、「私たちが追跡してきたすべてのエネルギー効率測定は変わりません。もし何か新しく始めることがあれば、節約についてのメッセージは古びて、その権威を失います。」とあり、相変わらずうまくいかないと締めくくっています。彼女は、人々が常に省エネルギーを進めるための主な理由として、金銭的な節約を挙げているけれど、実際にはそれほど気にしてはいないと述べています。

節約ということで進めるために、私たちは左脳の投資対効果計算を使ってメカニズムを守ります。アメリカ人の27%が収支が合うことがほとんどないと答え、25%がエネルギー効率の前払いについて率直に正当性が認められないと答えています。そのため節約するために私たちは前払費用について考えるように人々を促しますが、すぐさま彼らはとても払えないという結論に至るのです。

しかし、私たちは必要はないけれど買っているものがたくさんあります。

…そして倹約とは関係のないエネルギー効率の良い物を買う理由は、ほかにもたくさんあります。それが私たちが関わる必要のある理由です。倹約は、費用を正当とする2番目のメッセージとなるべきです。

TreeHuggerが始まって以来戦ってきた問題がこれです。実際のところ、私たちが存在するそもそもの理由は、持続可能性を望ましいものとするようにする、人々が必要だと思うものにすることです。私は昨年書きましたが、快適さに焦点を当てるべきなのです。

特に現在エネルギー代が安い時に、人々は20年間ほんの何百円かを節約するために大きな投資をすることに興味はまったくもちません。しかし、投資することが後にもっと快適で、より良い空気が吸えるようになり、電力がなくなったときでも快適に過ごせると話すと、人々は共感するのです。

スザンヌ・シェルトンは、「エネルギー効率は、より大きな需要や駆動体を満足させるための理由になるべきです。一度メッセージを正しく送れば、エネルギー効率市場において本当の牽引力を得始めるでしょう。」と話します。けれど、何がここでいう駆動体なのでしょうか?それは今何なのでしょうか?キャサリンは彼女のデンマークのほっこり感のコンセプトについての掲載記事に、次のように書いています。

2016年は、色々な意味で荒れた暗い年でした。不確かで荒れた海が私たちの周囲にあり、現在示されている、より小さな社会的なグループやDIYプロジェクトのなかでの達成の模索、物事がもっと単純だった過去の知覚された収穫のなかに、快適さを見つけなければいけません。

おそらく、今年は省エネルギーに良い年で、テレビを消し、ツイッターのつながりを切るのに最も良い年です。おそらく文明から遠いところに作られた小さなエネルギー効率の良い家で、ミニマリズムにさよならして心地よさに会う。それが牽引となるかもしれません。

原文はhttp://www.treehugger.com/energy-efficiency/what-do-we-have-do-make-people-care-about-sustainability.html

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ