世界の緑化

グリーン・ニューディールの原則

オーストラリア用グリーン・ニューディールは、私達が抱える大きな問題のいくつかに対する大胆な解決法です。グリーン・ニューディールの開発を地域自治体とともに先導するために、私達は次の4つの原則を開発してきました。


クリーン&グリーン
公平な未来は、経済が人々とこの惑星に役に立つ場所にあり、そうすることで私達はみな良い人生、安全な気候と健康的な環境を謳歌することができます。


変形力がある
私達が必要とする変化の規模と速度を生むために、重要で緊急な政府の投資を利用します。


公正&公平
政府は、この変化が包括的であることを確実にする責任があり、気候的公正をもたらし、誰も取り残されないことを確実にします。


力づけられる人々
もし私達がこのビジョンをともに構築できれば、成功します。


一緒にグリーン・ニューディールをつくること

これからの何ヶ月を越えて、グリーンズは私達のコミュニティの異なるパートと一つになり、グリーン・ニューディールのための完全な計画を開発するためにより多くの人々の声を聞くためのスペースをつくるために働きます。

すべての歴史的な瞬間のように、変化は人々が集い、より良い世界を求めたときに始まります。

大きなことのように見えるけれど、私達はやれます。

コミュニティでのあなたの声と、議会での私達の声を合わせて、大きなビジネスという私的な利益より前に、人々のニーズと私達の惑星を進める計画のために闘います。

あなたの家にいる時間を、よりよい世界を作るために使ってください。グリーン・ニューディールのために一緒に闘いましょう。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
オフショア再生可能エネルギーには、豊富で、天然で、クリーンな、風や波、潮流のようにあらゆるものがあります。これらは、陸地の再生可能エネルギーが直面する困難-丘、建物、道路やその他グリッドとつながることが難しくなる人間の活動-を避けますし、また別の海上へのアクセスの競争のような別の困難も切り抜けられます。

海洋エネルギーは、現代のテクノロジーによって温室効果ガスの排出なしに利用することができ、EUにおいてクリーンエネルギーの将来性のある礎石に、オフショア再生可能エネルギーがなります。

EUは、ヨーロッパグリーンディールのなかで強調しているように、2050年までに世界で最初の気候中立大陸になるように努力しており、オフショア再生可能エネルギーは、重要なものとなります。


セクターに投資する

オフショア再生可能エネルギーは、いくつかのエネルギー源や様々なテクノロジーをカバーしていますが、それらは開発段階で異なるステージにあります。それぞれヨーロッパエネルギーシステム、海洋利用者、工業関係者、市民社会に対して困難とチャンスを有しています。



コロナウイルスからの回復の時期に、可能な場所のオフショア再生可能エネルギーに先行投資することが大切です。それは、これが永続する職業や経済活動を加速させ、それによって緑の回復や長期的な持続可能性、包括的な成長に貢献するからです。

ヨーロッパエネルギー・インフラ、規制のフレームワーク、マーケットデザイン、調査と革新といった継続的な開発は、オフショア再生可能エネルギーを育て改善し、必要な投資を促進するのに等しく必要です。これは北部の海盆レベル、バルチック、地中海、黒海、EUの最も外側の地域、海外領土でのオフショア再生可能エネルギーの統合や、国の海上空間計画での意欲的な目的を確実にすることです。

陸地と海上グリッドのインフラ開発を地域的に協力することは、2020年の終わりまでに計画されていたTrans-European Energy Networks(TEN-E)にある規制の改編も考慮に入れています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
その他の最終候補者

自然カテゴリー
・ LIFEアウリニア マーシュツマグロヒョウモンチョウの生息の回復(ドイツ)
・ セーフグリッドへのLIFE 絶縁性送電線の危険からカタシロワシを守る(ブルガリア)
・ LIFE+スカルヴィア ベルギーのKruikeke Bazel Rupelmondeでの洪水防御とリクリエーションエリアをつくる(ベルギー)
・ WOLFLIFE カルパティア山脈で繁栄する狼の頭数を維持する

環境カテゴリー
・ LIFEコジェネレーションPL 自治体のゴミと下水汚泥のエネルギー回収を管理する(ポーランド)
・ LIFEデバッグ 海洋環境におけるプラスチック袋汚染を抑制するために消費者行動を変える(ギリシャ)
・ LIFESURE 道路工事現場でのエコなアスファルトを製造する(スペイン)
・ より賢いLIFE 埋め立てゴミを減らし再使用し、グリーンジョブを創出する(アイルランド)

気候行動カテゴリー
・ LIFE炭素乳製品 より少ない二酸化炭素排出での牛乳生産(フランス)
・ LIFE HEROTILE より空気の浸透性の高い屋根のタイルと改善されたエネルギーパフォーマンス(イタリア、フランス、ドイツ)
・ LIFE泥炭地利用 健全な土地利用計画を決定する議員を助けるためにエコシステムサービスを評価する(フィンランド)
・ LIFE RE ミダ 埋立地発生ガスの排出量削減(イタリア)

背景
LIFEプログラムは、環境と気候アクションのためのEUの積立手段です。1992年から運用しており、EUと第三国でのおよそ5400のプロジェクトに協調融資してきました。いかなるときも、1100のプロジェクトが進行しています。2014年から2020年の予算は時価34億ユーロとなっており、環境のための副プログラムと気候アクションのための副プログラムをカバーしています。次の長期EU予算は2201年から2027年までのものですが、欧州委員会はLIFE基金をおよそ60%まで引き上げることを提案しています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |


欧州委員会のユニークな「ヨーロッパグリーンシティの素晴らしい食品」が2019年の名門健啖家賞を受賞しました。この賞は、世界中で最高の食品とワインの本に与えられる賞です。この唯一無二のレシピ本は、持続可能な食品の実践、イニシアチブ、そしてグリーンシティ賞の最終選考に残ったか優勝したことのあるヨーロッパグリーンキャピタルとヨーロッパグリーンリーフネットワークの21の街のレシピをまとめたものです。

都会における食品生産と消費は、環境への主なインパクトになっています。EUでは、8800万トンという驚異的な食品の量が廃棄物となり、それは143億ユーロと推計されています。そしてこの廃棄物は多大な、そして不必要な負荷を環境に与えています。また市民も危惧しています。最近のユーロバロメーター調査のヨーロッパ市民の環境に対する姿勢によると、50%の人々が彼らの済む街、町、村で十分な環境保護がなされていないと回答しており、廃棄量の増加がヨーロッパ市民にとって環境問題の第三番目になっています。

どのようにヨーロッパグリーンキャピタルとヨーロッパグリーンリーフネットワークシティが持続可能な食品に挑戦するかを見せることによって、この本はアイディアや解決法を共有し、人々に行動を変えるよう促しています。

ヨーロッパグリーンキャピタル事務局は、この本とこれらの街が行ってきたさまざまな環境に優しい食品を売り込むためのキャンペーンを開始しました。次のハッシュタグ#Recipes4GreenCitiesを使ってソーシャルメディア上にあるグリーンシティのプロジェクトとレシピをもっと見つけ、会話に参加してください。私達は皆さんに、食品ロスと戦うための持続可能なイニシアチブと、この本にあるレシピで作った料理の写真を共有してほしいと思います。

「ヨーロッパグリーンシティの素晴らしい食品」を読むにはこちら

印刷版の注文はこちら

楽しく読んで食べてください!

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
2020年7月15日

本日EU—インドサミットがビデオ会議で行われ、インドのモディ首相と欧州委員会委員長フォン・デ・ライエン及び欧州理事会会長ミシェルが、資源の効率化と循環型経済の分野におけるEU-インド協力のスケールアップをするために、このサミットの成果物である共同宣言を採択しました。この宣言は、EUとインド双方の政府、ビジネス(新規を含む)、学界、研究機関を含む関連の利害関係者の代表がともに行う、インド-EU資源の効率化と循環型経済パートナーシップをつくることを宣言しています。

欧州委員会環境・海洋・漁業担当委員のビルギニウス・シンケビチュウスは次のように話しています。

「グリーンディールの環境的経済的目的は、ヨーロッパ単独で達成されるものではありません。それぞれのアジェンダの上位にあるセクターや問題を述べているように、資源の効率化と循環経済の分野においてインドとの戦略的パートナーシップを持つことが、これからの10年にさらに重要なものを得ることになり、コロナウイルスの危機からの緑の復興を追求することになります。資源の効率化と循環型経済への移行は、EUとインドの経済成長の持続可能性には重要なものであり、地球全体のシフトに協働することが必要です。」

このパートナーシップは、資源の効率化と循環型経済に関しての会話と協力をサポートし強化し、デザイン、計画、実施、政策の促進と宣伝、戦略、テクノロジー、これらの問題に関するビジネスソリューションや資金調達メカニズムを容易にし、さらに調査や革新への協力の拡大も容易にします。

背景

ますます資源が制約される世界で、必要性と世界的な人口増加という願望に合わせることは、今日私達が直面している主要な世界規模の困難の一つです。資源の効率化と循環型経済モデルは、経済成長を資源利用とその否定的な環境的外面性を分離することで役に立ちます。UN持続可能開発ゴールとパリ条約でのコミットメントを達成するために、資源の効率化と循環型経済の重要性に対する世界的な認知が高まっています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ