世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月  2019年06月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

メリッサ・ブレヤー
2019年5月16日



彼女のお気に入りのヒロハハコヤナギがこの世を去らねばならなくなったとき、シャラリー・アーミテージ・ハワードは、それでもその幹を最高の小さなフリー図書室に変えました。

多くの愛木家にとって、おそらく世界で最悪な音は、木を通して聞こえるチェインソーの音ではないでしょうか。しかし時に木はこの世を去らねばならず、シャラリー・アーミテージ・ハワードのアイダホの家の前に生えていた110歳のヒロハハコヤナギにも同じことが起こりました。この家族は10年間、この堂々とした木が死んでいくのをしょんぼりと見ていました。そして大きな枝が彼女の息子の車に落ち、木があまりに危険な状態になったときに、木を取り除く決断がなされたのでした。

しかしヒロハハコヤナギが消えて、悲しい、忘れ去られた木々の悲しい土地になるより、シャラリーは最高にマジカルな方法でその遺産に栄誉を与えることにしたのです。それが威厳のある幹を小さなフリー図書室にすることでした。

「私は本当に木を失うのは嫌なのです-この木は私の家のひと目をひく外観になっていたのです。」と彼女はワシントン・ポストに話しています。「けれど芯の部分は何年も腐っていきました。私の図書室にするために幹の中をくり抜くときがきたとき、私達がやらなければいけなかったことはただ、中の柔らかい部分に手を伸ばし、それを外に出すことでした。」新しい生を想像することは、この木を取り除きはじめたときに彼女を慰める助けになりました。

この本好きの木の聖堂を思いついたシャラリーについて、彼女のことを知っている人たちはそれほど驚かないかもしれません。母親であり、主婦であり、芸術家であり、カーダレンの地元の図書館でコミュニティ擁護活動をし、創造的なそのほかの作業のなかで、古くなって修復できなくなった本をとても信じられないようなものに作り変えてきたからです。

小さな自由な図書室の計画を彼女自身で練り、彼女自身が立ち会わないことはありませんでした。石段は本好きの人たちをガラスのフランスドアに誘います。チャーミングな備品や機器はすべて完璧です。ドア上部の歯の形をしたモールディングは、野性の呼び声、怒りの葡萄、そして自然にホビットの冒険のような本のタイトルになっています。はいここに、「…掃除、植物、刈り込み仕事を引き算します。」



そしてこの魅力は近所の人々から失われませんでした…そして基本的に世界からも。驚くことではありませんが、この木の写真はインターネット上で頻繁に共用されました。

「どんなにたくさんの人からここ何ヶ月も聞いたか驚いています。」とハワードは言います。「これは本当に耳目を集めたのです。おそらくそれは、多くの様々な情熱をまたいでいるからでしょう。自然、本、図書室、コミュニティプロジェクトの真価が分かる人々の。」

単純なシェアリングエコノミーの原則に則って小さな図書室は運営されています。「なにか本を取る、なにか本を返す」そのためにも、木は何百人もの常連の本を借りる人、貸す人を魅了し、本の品揃えも常に変わります。12月に、彼女と彼女の家族は何十冊かの本で始めましたが、木が人気であるにもかかわらず、一度も本棚に補充する必要はありませんでした。

「どのような本を人々が本棚に足していくのかを見るのは興味深いです。」と彼女は言います。「一番はっきりとしないタイトルでさえ、誰かの手に渡っていくのが好きです。」

2009年に始まった、この小さなフリー図書室の動きは、驚くべき成功をおさめ、そのネットワークはアメリカ合衆国じゅうおよび91のその他の国々を含む8万箇所以上になっています。創造的な形やフォルムには事欠かなく、たくさんの可愛くて小さな家やちっぽけな建築上おどろくべきもののなかで、シャラリーのが本当に目立っているのです。

本好きの資源として、また樹木好きのモニュメントとして二重に貢献していることで、この特別な制作物は木の一生が無に帰さなかったことをはっきりとさせています。このヒロハハコヤナギの幹はおそらくなくなりますが、記憶は残り、同時に借りた本も残ります。

動画はこちら

ソース

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
ロイド・アルター
2019年4月23日


© University of Toronto Press Release

かつて水平に広がっていた農地が上に伸びていくというのは、様々なレベルでおかしい

スカボローにキャンパスをもつトロント大学とセンテニアルカレッジが、the EaRTH Districtを宣言しました。

EaRTHは、環境(Environmental)と関連するテクノロジーハブ(Technologies Hub)を略したものですが、クリーンテクノロジー開発に焦点を当てたトロント大学スカボローで、知識と訓練所になるものです。パートナーシップの計画のなかには、カナダで最初のネットゼロの垂直の農園開発を通して、都市での食糧生産に革新的なテクノロジーを適用するというものです。提案されている垂直の農園…芸術的な建築物は、ごみ管理、クリーンエネルギー持続可能な建物のデザイン、治水、都市農業といった様々な分野における訓練と調査の研究をつくりだすでしょう。


ツリーハガーはしばらくの間垂直の農園で食事をして、私はそこに面白い転換を見てきました。シンガポールで腑に落ちる部分がありました。シンガポールは人々がたくさん住んでいますがあまり土地がないところだからです。


Toronto Archives/Public Domain

スカボローは反対に、現在トロントにありますが、それほど昔ではない頃までほとんど農園でした。キャンパス周辺の写真を探して見つかったのがこの写真で、これはダウンタウンにほど近いところのものです。現在ほとんどの場所が無計画に開発され、交通機関はほとんどありません。アダム・ステインはかつてマンハッタンの垂直農園が提案されたことについて次のように記しました。

ブルックリンはかつてアメリカで農業において最も生産的な地域の一つだった。マンハッタンはかつて数えきれないほどの工場が生まれたところだった。農園と工場がより適当な場所に急に移るには理由がある。このように都会の不動産を使うのは本当に無駄である。経済に対して悪く、また環境に対しても悪いのだ。地元の食品はそのメリットがあるが、ニュージャージーがそれだ。


そして、それがかつてのスカボローであり、現在4,782の農園を含むスカボローキャンパスの北部数マイルにあるグリーンベルトなのです。

グリーンベルトには、カナダで最も農業生産量の多い土地があります。そこは新鮮な果物、野菜、乳製品、牛肉、豚肉、そして家禽製品、ワインで表彰されるブドウが作られます。グリーンベルトにある農園で特別なものは、羊や子羊、マッシュルーム、メープルシロップ、園芸品(花や草木)です。


グリーンベルトは、常にデベロッパーに脅かされ、ダグ・フォード、プレミアオブオンタリオに開拓されるかもしれません。完成見取り図には、垂直農園の建物の右側に巨大な駐車場(描画上垂直農園よりずっと大きい)が必要となっています。それはダグ・フォードと亡くなった兄弟ロブが、本当だったら現在までに作られるはずだった軽快電車計画をつぶしたからで、一番上の写真にある建物の後ろに何千台もの脇道に入った、巨大な高速道路をおりた車があるのです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
2019年3月11日

世界で最も持続可能な行き先トップ10が、3月6日のオープニングデーの最後にベルリンのITBで明らかにされました。100のトップの持続可能な行き先から、12の国際的な団体を代表する陪審によって44のファイナリストが選ばれていたのです。

この陪審は次のように勝者をアナウンスしました。

ITB地球賞 パラオ共和国
ベストシティ リュブリャナ(スロヴェニア)
ベストコミュニティ&カルチャー ゴゾ(マルタ)
ベストネイチャー ダッチクオリティコーストデルタ(オランダ)
ベストシーサイド トレリャ デ モングリ-レスタルティット(スペイン)
ベストエコツーリズム ガイアナ共和国
ベストアフリカ チュンべアイランド
ベストアジアパシフィック バルディア国立公園(ネパール)
ベストアメリカ ガラパゴス自然公園(エクアドル)
ベストヨーロッパ ポルトガル

行き先の重要な役割が最後に認識されました
ツアリズムの持続可能性を確実にするために国、自治体、保護地域を並べましたが、今までのところそれより大きなツアリズム賞において見えるようにするのは難しいものでした。そこでITBベルリンが1年に1度の持続可能トップ100賞イベントをホストしています。

受賞者すべてはこちらで見られます。

このイベントは、持続可能ツアリズム、BookDifferent.comほか10のトップ100 Organising partners に対するトラベルモールビジョンの支援とともにグリーンデスティネーションズが計画しています。


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
メリッサ・ブレヤー
2019年3月4日


© Catarina Belova

原因の一つである「自暴自棄」の増加によりアメリカ合衆国での余命寿命が短くなりました。

1871年以来、アメリカ合衆国は世界で最大の経済という特徴も持ち続けています。それは、先進のインフラ、テクノロジーそして豊富な天然資源のおかげの、世界経済の4分の1近くを集めた経済的なスーパーパワーです。

残念なことに
豊かさの全てが人々の健康になっているわけではありません。実際に、ブルームバーグ最も健康的な国指数の2019年版によれば滑り落ちています。

この指数は、喫煙や肥満のようなリスクでポイントを引き、余命寿命のような相対的な健康に注目してメトリックで169の経済を等級づけています。また、上水利用と下水のような環境要因も考慮に入れています。

では、どこが今年のトップになったのでしょうか?世界で14番目に大きな経済国であるスペインです。リストは次のようになっています。
1. スペイン
2. イタリア
3. アイスランド
4. 日本
5. スイス
6. スウェーデン
7. オーストラリア
8. シンガポール
9. ノルウェー
10. イスラエル

スペインはいくつかの理由で良いランクが付けられていますが、重要な要因の一つに、EUの中で出生時の余命寿命が最も高いことがあります。この点で、世界的に日本とスイスだけに引けをとっています。2040年までに、スペインは最も寿命の長い国になると予想されており(ワシントン大学健康メトリック評定研究所によれば、その寿命は86歳ほどで、日本、シンガポール、スイスがあとに続くとしています。)

ブルームバーグが指摘しているように、食習慣を看過することはできません。スペインとイタリアのトップ二国の栄養上のスタイルは、定義によって地中海ダイエットと呼ばれ、これは最も健康的な食の一つ(もし最高でなければ)であることが何度も明らかになっています。

アメリカ合衆国はどうでしょうか?世界で最も豊かな国であるアメリカ合衆国は?

35位です。

合衆国の余命寿命は、「自暴自棄」のせいで下がりました。CBSニュースが説明しているように、「薬物とアルコール、自殺、慢性的なアルコールによる病気—専門家にいわゆる「自暴自棄」と名付けられているものーが増えていることで、白人アメリカ人の命は平均でおよそ半年ほど短くなっています。」

私達は、キューバの下の5番目になりました。キューバは世界銀行の分類では「高収入」ではありません…が「アメリカ合衆国の病気の診断と治療に焦点を当てているのを越えた予防ケアを強調しています」とブルームバーグは記しています。

アメリカ合衆国はさらに非常な肥満問題を抱えています。アメリカ人白人成人の40%が肥満に分類されています。CDCによれば、「肥満—心臓病、心臓発作、タイプ2の糖尿病、予防できる早死のいくつかであるあるタイプの癌を含む関連の病状」です。

このツリーハガーの読者は、ここで私達がいつも予防ケアをいつも促進していることに気づくでしょう。なぜなら良く食べ運動をすることは、高価な病気や体調不良の集中的な治療よりずっと持続可能だからです。世界で最も健康的な国々は、このことがバックアップしているように見えます。

ブルームバーグで、明らかになったことについてもっと読めます。その間に、私はキッチンでパエリアを作りましょう。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

credit: Rollie Rodriguez / Flickr

メリッサ・ブレヤー
2019年1月29日

今日の写真は、カリフォルニア州ホワイトマウンテンから。

世界最古の木は、メトセラと名付けられた古代イガゴヨウで、カリフォルニアで海抜10,000フィートのところにあります。樹齢は推定約5,000歳、ホワイトマウンテンの古代イガゴヨウの森林にある年齢の高い木の場所は、森林サービスが秘匿してきたため、わずかな日としかメトセラがどのようなものかをはっきりとは知りません。しかしロリー・ロドリゲスが撮った上の写真のような古代イガゴヨウが、話に上る木と良く似ているでしょう。それともこれがひょっとしてメトセラでしょうか?ほとんどの人は決して知ることはありません。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ