世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月  2020年02月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

エンボディド・カーボンを先行カーボンにというのが世界的な行動喚起に。
このレポートは、先行カーボン排出を減らすのは容易ではないと述べています。建設を取り巻く環境でのすべての利害関係者、NGO、民間ネットワーク、民間の研究者から、政策担当者、投資家、デベロッパー、デザイナー、材料メーカーまでの協力者とコミットメントが必要です。

そのようなものとして、このレポートは産業、政府、金融業界をまたいだステップをコーディネートを略述しています。それは、建築の全ライフサイクルを越えて脱炭素をより深く早くすすめるのに必要とされています。

必要とされている行動の中で、各国の財産部門のすべての利害関係者に、先行炭素排出に対する戦略を立てるよう求めています。さらに基準と建築基準を越えたターゲットも求められています。10年以上、財務コンプライアントプロジェクだけが求められ、テナントは先行炭素排出を減らすように求められただけでした。

GBCAで、私達は先行、エンボディド炭素の重要性を認識するスピードを上げています。

私達の炭素ポジティブロードマップ−構築された環境を脱炭素する計画—が 世界GBCに掲載されています。

そして実践的なレベルでは、来年から新築でグリーンスター評価を手に入れることが必要となります。これは先行炭素を相殺するための追加的インセンティブ含んだ10パーセントの先行炭素排出を減らすためのものです。

しかし私達は全てのひとたち−産業界で働く人達、投資家、メーカー、政府、消費者−にこの変更を確実に達成するよう参加することを求めます。
メンバーはすでにとりかかっています。

世界GBCのレポートは、ブリスベンにある商業タワー、レンドリース25キングストリートを取り上げています。これは世界で最も高いエンジニアード木材のオフィスビルディングとなっており、高品質で持続可能なプロジェクトを開発するために組み立て式直交集成板が使われた建物です。

ヴィクトリア州、ベイスウォーターレベル・クロッシングリムーバルプロジェクトは、新しい駅と危険な踏切を交換し、道に沿った持続可能性を埋め込みました。工事中の炭素排出量は30パーセントカットされ、今後50年の工事で43パーセントがカットされると予想されています。

これらは先行炭素排出を減らすと予測されているプロジェクトの2例です。

ここ何年かは、全て操作上の炭素だけが取り上げられていました。私達はネットゼロ操作排出を達成することは可能であることを知っています。今そのビジョンを一緒に受け入れ、前に進むように協力し、2050年までにネットゼロ埋め込み炭素をコミットするために集まる時です。

エンボディド炭素排出をへらすためにWorldGBCのビジョンを支えた組織に感謝を述べたいです。

これには、オーストラリア持続可能な構築された環境カウンシル(ASBEC)、オーストラリアインフラ持続可能性カウンシル、製品承認システム世界グリーンタグ・インターナショナル、Good Environmental Choice Australia(GECA), メルボルンやシドニーのようなリーディング地方政府、AECOM、Atelier 10、Cundall, Edge Environment, Frasers Property Australia, Integral Group, Interface, JLL, LagargeHolcim, Multiplex Global, RDT Pacific, Shaw Contract, thinkstep Australasia and WSPという団体でできています。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 08:23 PM | comments (x) | trackback (x) |
メリッサ・ブレヤー
2019年11月20日


© WWF-Bulgaria

すぐに、柳、ハンノキ、トネリコ、オークが再びマリツァ川の土手を優美にすることでしょう。
川辺の森林は、私達があまり知らないものですが、川沿いに生えている木々は非常に重要なものとなっています。通常知られている木が一生懸命行っていること以外に、川辺の森林は土手を強化し、侵食を食い止め、ほこりを吸収する助けをし、水質の改善を行い、洪水を防ぎ、生物の生息地や植物の生体回廊を守ります。

しかし、このように複数の明らかな利点があっても、森林は乱暴に破壊されてきました。

「数多くのエコシステムサービスが提供されているにもかかわらず、水辺の森林は何世紀にも渡って、草原を広げたり、農地を作ったり、溝やその他のインフラを作るために破壊されてきました。結果的に、今残っている水辺の森林を回復させ保護することが緊急に必要となったのです」とWWFブルガリアの森林エキスパート長であるネリ・ドンチェヴァは言います。
「そのことで最も珍しく優先的な森林生息地ができることになります」とWWFは記しています。この考えから、WWFはスタンボリスキという南ブルガリアにある街でのプロジェクトに乗り出すことになりました。自治体や地域のビジネスと一緒にマリツァ川の水辺の森林を回復させる計画になりました。

この環境に適応する種の12,000本の若木と種が、関係組織とボランティアチームのおかげで岸辺に植林されます。白柳、黒や白ポプラ、セイヨウトネリコ、ヨーロッパハンノキ、ヨーロッパニレ、そしてオークが、この種がここで使用されるのに適していることを確認するために何年もかけて行われた調査から選ばれました。

「マリツァの岸に沿って植えられる若木は、水辺の森林の特異性にしたがって選ばれました。WWFは優先的生息地タイプ91E0を、つまり黒ハンノキ、ポプラ、柳、トネリコ、オーク、これらすべてが沖積土に適しており一時的な洪水にも耐える特徴があるものを植えて回復します」とネリ・ドンチェヴァは言います。

新しい森林は川沿い28エーカーを含みますが、かつて生物多様性が豊かに繁栄していた水辺の森林のあったところでした。1ヶ月の準備期間は2019年11月21日に始まり、この地域を何十人ものボランティアがきれいにし、ゴミ袋120袋分のゴミを片付けました。

マリツァ川沿いの水辺の森林の回復という3番目の計画となりますが、そのことがすぐに他の川も同じようになるかもしれません。

詳しくはWWFをご覧ください。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
メリッサ・ブレヤー
2019年11月7日


© archimede

植物や樹木をアメリカの工業地の近くに植えると、平均して大気汚染が27%まで軽減できたことが新しい研究が発見。

「テクノロジーのコントロールが増えても、大気汚染はアメリカ合衆国十で重要な懸念事項になり続けており、排出量を減らすためのパラダイム・シフトが必要であると提案し」、オハイオ州大学から新しい研究が始まります。誰かがパラダイム・シフトと言いましたか?素晴らしい。なぜなら煙突掃除のようなテクノロジーは功を奏していないからです。だったら誰を呼びますか?植物王国です。

「事実は、特にエンジニアとしては伝統的に自然を考えず、ただ何にでもテクノロジーをつぎ込むことばかり考えるということです。」とバビック・バクシ、オハイオ州立大学の化学薬品の教授であり生体分子吸着エンジニアリングであり、この研究の首執筆者は話します。彼はさらに、

「だから、重要な発見は、私達が自然を見つめ始め、自然から学び、自然を尊重し始める必要があることです。もしそうすればウィンウィンの機会があり―潜在的により安く、環境によりよい機会となります」


この結論にたどり着くために、研究者たちは年間のアメリカ合衆国の排出量と郡ごとにすでにある森林、草原、灌木地が現在の相当な排出量を吸い取るデータを観察しました。それから修復可能な植生、つまり「規定の郡を覆う植物を、その郡平均レベルにもたらす」が大気汚染のレベル、特に最も一般的なもので二酸化硫黄ガス、粒子状物質、二酸化窒素にどれくらいインパクトを与えるかを検証しました。その数字は驚くべきものです…植物の力を理解している人にはそれほどのことではありませんが。

「可能な場所の地面を覆う緑を修復することは、郡レベルの平均的な天蓋がSO2(二酸化硫黄)、PM(粒子状物質)10、PM2.5、NO2(二酸化窒素)の汚染を、粒子状物質の妨害とガス状物質の吸収を通して平均27%まで大幅に取り除くことができます。」と調査結果には述べられています。

もしこれが高額だと思われるなら、次のことを考えてみてください。彼らは郡の4分の3がテクノロジーのアップグレードより植物を使う方が大気汚染の軽減には安いと分析したと結論付けていることを。テクノロジーが唯一安い場所は、工場のボイラーの部分だけです。植物の力は、工場地、道路、発電施設、石油やガソリンの採掘地からの排出物のインパクトを鎮めることに役に立てるでしょう。

大気の質の低さによって引き起こされる肺がんや心臓病といったとてつもない健康被害、アメリカ合衆国に居住する人々の40パーセントが汚染と暮らしていることを考えると、これは非常に急がねばならないことです。

汚染の少ない産業を維持することが最善の解決方法ではありますが、植樹をすることは損害には決してなりません。木々は清浄な空気をもたらし、同様にそのほかにも多くの利益があります。植物や木のおかげでこのチームが別のものを得ることができました。でも私たちは実際に一緒に行動し、このシンプルだけど急進的なアイディアを喜んで取り入れられるでしょうか?私たちは自然を豊かにするより破壊することに、より没頭しています。

「私たちが興味を持っていることは、基本的にエンジニアリングが持続可能な開発に積極的に貢献することを確実にすることです」とバクシ氏は言います。「そしてなぜエンジニアリングがそれをしていないかという大きな理由は、エンジニアリングがシステムの領域外に自然を置き続けているからです。」

この研究、自然を基本にした解決方法は、アメリカ合衆国十の大気へ排出される物質を軽減するのにテクノロジーより勝っている、はEnvironmental Science & Technology誌で出版されました。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
持続可能森林イニシアチブ
2019年10月16日

https://youtu.be/ktZoztxo4_E

SFIの保護努力は、アメリカ合衆国とカナダのSFI認証森林およそ15億ヘクタールの生物多様性、水質、二酸化炭素隔離を拡大することになるとSFI基準を遵守する利点を測ることに焦点を当てています。ここで重要なことは、持続可能によく管理された森林がどれほど危険な状態にある種に利益となっているかということです。手つかずの森林が危険な状態にある種にとって唯一良いものだというのがよくある誤解ですが、よく管理された森林は実際のところある種にとって改善された住処を提供しています。

「SFIは、経済と仕事についてあなたが欲する価値を森林が提供しているだけでなく、全ての危険な状態にある種に住処を提供していると断言します」とSFIの保護、科学およびストラテジーのシニアディレクターであるダレン・J.H.スリープは言います。

持続可能に管理された森林の利点をよりよく理解するために、そしてSFIラベルを探すことでこのような努力をどのように支援するかを知るために、sfiprogram.orgを見てください。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 09:24 PM | comments (x) | trackback (x) |
メリッサ・ブレヤー
2019年10月2日


© SAMARA

サマラのクルーエルティフリーのリンゴのレザーは、ジュース業界のゴミから作りだされています。

ビーガンファッションの話になったら、私たちは象について部屋の中で話す必要がありますが、その象はプラスチックが形作ったものです。毛皮やレザーのクルーエルティフリーな代替物は、ほとんどがプラスチックでできています。しかし燃料製品は、私たち人類が汚染問題を最も進めている一つにとなっています。

これはまさに現在の難問です。だからこそビーガンレザー産業から生まれた先進のものを見るのは素晴らしいことです。その植物由来の素材が、プラスチックの代わりに使われているのです。ヤッホー!ある企業がこの分野で大きな一歩を踏み出した、それがサマラです。

トロントベースのクルーエルティフリーファッションハウスは、二人の姉妹が始めました。彼らのゴールは「私たちの製品は、最良質の素材で持続可能なものから作ることを確実にする」ということだと、サリマはツリーハガーに話してくれました。「私たちが約束するのは、製造過程で生きているものに害を与えないで最小限の素材から製品を作ることです。」

最高のグレード、最も持続可能な素材を求めて、彼らは新しい方向で実験を始めるときがきたと認識しました。「ビーガンレザー産業が成長するにつれ、私たちは水準を引き上げ、他の植物由来の素材を使い始めました。」

それでこの姉妹は、リンゴベースのビーガンレザーを彼らのベストセラー製品、ザ・ミニに使うために一年を費やして工夫をしなければなりませんでした。何度も繰り返し、質のチェックをしたのち、製品化されこれ以上ないくらいかわいくなっています。そのほかのデザインのように、ザ・ミニはモダンでミニマリストで、動物をかけらも使わない、セリーヌやマンサーガブリエルを考えてみてください。


© SAMARA

リンゴの皮から作られたリンゴのレザーは、ジュース産業のゴミから生まれたそうです。なんということでしょう。彼らはまだ、完全なるプラスチックフリーで作る方法を見つけられないのです―まだ決着材にポリウレタン(PU)を使っているからです。しかし、彼らの革新は着実に進歩をしています。私は彼らが本当に望む植物由来100パーセントを達成すると信じています。

一方で、彼らが捜しうる最も持続可能な素材を使っています。それは、エコフレンドリーPUと彼らが呼ぶもので、ポリビニルクロライド(PVC)という環境への悪さで悪名の高いものではないものを使っていることです。この会社はPVCは使わずにすべての製品を作っていると言います。

完璧ではありませんが、わずかなプラスチックは全てがプラスチックよりは良いことは確かです。そして持続可能性も誇らしげに見せられるスタイリッシュはビーガンオプションが見られるのも素晴らしいことです。

(注目すべきこと:サマラパートナーとソーラーバックパックは、太陽光発電パックパックを、電気のない東アフリカにすむ子供たちに提供しています。2017年に創業して以来、サマラは発がん性のある灯油ランプに頼らなければ夜宿題のできない子供たちに500以上のバックパックを届けることを促進してきました。一つ一つの購入が、このイニシアチブを啓発しています。)

リンゴレザーミニは3色展開です。詳しくは、サマラ

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ