世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月  2017年12月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

サミ・グローヴァー
輸送/航空
2017年12月1日


© Airbus

電化することは全か無かではない。新しい、エアバス、ロールスロイス、シーメンスの提携が一つのエンジンをスタートさせる。

最近まで、完全に電化された商業航空機という考えは、私の探索範囲にはありませんでした。しかし、バッテリー代が劇的に安くなるにつれ、この考えは絵に描いた餅から、次の10年かそこらで実現可能なものに変わるでしょう。

問題は、私たちは炭素を今減らし始めなければいけないということです。

幸運にも、電化はいつも全か無かという提案になるわけではありません。特にいくつかのエンジンを持つ航空機についてではです。エアバス、ロールスロイス、そしてシーメンスから成る提携は、この事実を利用したようです。E-Fan Xと名付けられたハイブリッド航空機のデモ機となるこれは、まず、4つのガスタービンエンジンのうちの一つを2メガワットの電気モーターと取り替えます。システムが進めば安全性が証明され、おそらくバッテリー代が下がればもう一つのタービンも2MWのモーターと交換することにもなるでしょう。

エレクトレックはこの動きを「現在の最大の電化努力」と表現しています。そしてプレスリリースではハイブリッド面に焦点を当てていますが、究極の目標は4つのタービンがすべてモーターに替わるのではないかということです。エアバスのチーフテクノロジーオフィサーであるポール・エレメンコがこのプロジェクトを次のように述べています。

「このE-Fan Xは、遠くない将来に電気飛行を現実のものにするという私たちの目標での重要な次の一歩になります。私たちは電気飛行のデモの長い歴史から教訓を学びました。それは、Cri-Criに始まり、e-Genius、E-Starを経て、最新の最高潮であるE-Fan1.2、同様にE-Aircraft Systems Houseがシーメンスと協働した成果、これらがハイブリッド単通路商業機の安全性、効率性、費用効果の高さへの道をならしていくでしょう。私たちは、ハイブリッド電気推進を、航空の将来の強制的に開発せねばならない技術として考えています。」


このようなプロジェクトに対するモチベーションの大きな部分は、明らかに欧州委員会の航空に対するビジョン航空経路2050にあり、これには二酸化炭素を75%、窒素を90%、騒音を65%減らすことが盛り込まれています。考えられるのは、よりきれいな空気、化石燃料への低依存、さらにより安い飛行が嬉しい副作用になるでしょう。

誰が大きな政府を必要とするでしょう?

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |


グリーン・デスティネーションズ
プレスリリース
速報
2017年持続可能な目的地トップ100
101の目的地がグローバル・サステイナビリティ・コンペティションを勝ち抜く

第三回持続可能な目的地トップ100が、2017年世界観光の日に明らかにされました。この賞は観光地に対する責任と持続可能な観光イニシアチブに対して努力をしたものに贈られます。

このリストは通信社、ソーシャルやビジネスメディアから募った結果となっています。目的地は、インターネットに公開されたフォームを通して、どの団体でもノミネートすることができました。

ノミネートした人たちは、その目的地の広範な情報、その地のためおよび受益者が訪れる人々や地元コミュニティ、そして世界にどのような努力をしたかという情報を提供しなければなりません。情報は、その土地がグリーン・デスティネーションスタンダード(表)の核となる15の基準に応じている度合いについて述べていなければなりません。155のノミネーションが57か国からありました。すべてをグリーン・デスティネーションズトップ100のチームの専門家と特別なトップ100セレクションパネルのメンバー(60人以上の観光サステイナビリティ専門家を含む)が精査しました。

トップ100イニシアチブは、力を尽くして変えようとし真剣にサステイナビリティを取り入れようという観光地を認識するためのものです。いう間でもありませんが、完全に持続可能な目的地はありません。選ばれた土地の重要となっている問題はまだ解決されていません。

データが足りないことから、旅行者の炭素排出データは現在このコンペティションでは考慮されていません。しかしグリーン・デスティネーションズは、旅行者に長距離旅行を避け、適切な方法で炭素排出を相殺することを推奨しています。

受賞地は、グローバル・グリーン・デスティネーションズ・ガラディナーで参加者に発表されます。これは、カスカイスにあるプレジデンシーオブリパブリック博物館(Palacio da Cidadela de Cascais)で2017年28日に開かれます。

2017トップ100はこちらで見られます。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
2017年11月18日

以下はルート50からの抜粋

100レジリエントシティーズ・ネットワークが、「未曾有」のハリケーンシーズンに続いてすぐ全米洪水保険制度を拡大するよう水曜日に一連の政策提言を発表しました。

4つの大きなハリケーンが今年アメリカに地すべりをもたらしましたが、NFIP(全米洪水保険制度)の認証は12月に期限が切れ、将来の災害に備えようとする洪水になりやすい街にとってマイナスになります。

NFIPは、災害後の住宅所有者やビジネスの復興に資金を出しながら街の洪水リスクを軽減する支援をします。

「恐ろしい、人間が苦しみ経済的な損害がハリケーン・ハーヴィー、イルマ、マリアによって生じ、将来においても有効なコニュニティと、洪水やその他の異常気象で最も被害を受けやすい低・中所得者の保護に焦点を即座にしぼる必要があることが明らかとなっています。」と公共政策のエンタープライズコミュニティパートナーズの副社長であるマリオン・マクファデンはお知らせのなかで話しています。「これらの提案は、危険緩和対策を増やし、財政的に稼働し費用が負担できることを確かなものにするための国家の洪水保険給付の改正をすることで適正なバランスをとります。」

市長や洪水のエキスパートたちに、ECPとジョージタウン気候センターが協力して相談する一方、米国議会への提案を練りました。これはNFIPの改正を考慮したものです。2016年7月の次点で、この制度は、米国財務省に240億ドル借り入れをしましたが、自宅所有者には予想より使われず、また保険のカバーから外れた被害を受けやすい人々の査定も時代遅れの氾濫原地図にたよっています。

100RCネットワークのなかの20以上の街が、マイアミ、ニューオリンズ、ノーフォーク、ニューヨーク市のように沿岸や嵐による洪水の影響を受けやすいのです。

リスクを基本にした正確な価格システムを提供し、洪水軽減プログラムへの投資や動機づけ、洪水リスクと将来の状況を示すデータのアップデートを維持するようにし、NFIPの参加を増やしながら、戦略は保険を引き続き負担できるようにもします。

もし、米国連邦緊急事態管理庁が、低—中所得家族に洪水のロスを減らすためのバウチャーを提供し、低めの保険料を適正とする権限が与えられれば、第一段階は達成されるでしょう。建物の改良は困難で、特別な支援が必要となるでしょう。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::気候変動・レジリエンス | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
サミ・グローヴァー
エネルギー/エネルギー政策
2017年10月31日

CC BY-ND 2.0 Giacomo Carena

2025年までに、イタリアは明らかにいやらしい黒い物から乳離れしているでしょう。


すでにイタリアの大手電力会社エネルが石炭から脱却し、カーボンニュートラルになっていたことは知られています。今度は、クリーンテクニカが国全体が2025年までに石炭フリーを約束しているとレポートしています。

これは結構大きな公約で、イタリアが英国、ニュージーランド、ネーデルランド、カナダ、フィンランドといった短期間で石炭から脱却するというシリアスな約束をした国々にランク入りするということです。

実際に、クリーンテクニカで指摘されているように、そのようなフェーズアウトがそんなに早くできるのかと言ったような多くの疑問は残りますが、ゴールはすでに設定され、タイムテーブルはこれを遅滞なく推進することを可能にしています。すでにやったことよりずっともろく見える投資家、施設、発電所、炭鉱の操業すべてが将来の市場のシェアに合うように計画を調整していくことでしょう。

それから考えてみてください。それほど遠くない昔、多くの人々がなん十年も続く石炭ブームが来ると予想した人々がいたことを。石油の需要が最大のままでなん十年も続かないことを誰かがあなたに話す時も来るでしょう。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
サミ・グローヴァー
科学/気候変動
2017年10月19日


CC BY-NC-ND 2.0 CIFOR

2℃目標に必要な排ガス1/3削減には、より良い土地管理で達成できるかもしれません。

中国のプラグインカーセールスや最近の浮遊風力発電の開始について書いてきました。このような話は確かにエキサイティングです。しかしこのウェブサイトがTreeHuggerと呼ばれるのには理由があります。新しい研究がNature Conservancyの科学者によって行われ、ナショナルアカデミーオブサイエンスの論文集で発行されたものから、なぜこれが問題になるのかを私たちに思い出させるのです。

自然を守り自然を取り戻すことは、石油を燃やさないようにする気候的な利益に相当する。

具体的にいえば、その研究は、木をもっと植え、森林伐採をやめ、農業用地や家畜の管理を改善し、湿地を守ることで2030年までに合計113億トンのCO2の排ガス削減と同じになるそうです。論文によれば、この数字はパリ協定で設定された2℃という目標達成に必要な37%排ガス削減になります。またあらゆるところで石油を燃やさないようにするのとも同等です。もしコストの制約を考慮に入れないのであれば、筆者たちは年間最大238億トンの二酸化炭素を削減できると提案しており、これはさらに30%多く見積もることができます。

具体的に言えば、論文執筆者たちが焦点を当てている分野は、以前森林だった土地を戻すこと、現在ある森林をなくさないようにすること、森林や家畜管理の実践を改善すること、化学肥料を賢く利用すること、森林の雨量を支援すること、湿地を排水や転換をしないようにすることで、最も目立つのはヤシ油耕作です。

このような戦略―そのほとんどから巨大な生物多様性、健康、社会的な利益が排ガス削減に付随してもたらされるーに耳を傾けるようにすることが、気候変動への大きなインパクトになります。そしてThe Nature Conservancyが再利用可能なものか効率の次に来るものとならないように気を配っている一方で、電気自動車やソーラーパネルに投資しながら、私たちは自然のシステムを世界中で保護したり取り戻したりするために資金をつくる大きな努力をすることができるかもしれません。

イケアの持続可能な森林に対する約束から伐採された丘に対する広範囲の後悔、そして市民がマングローブを取り戻すためにファンドを集めることから企業が再生農業を支援することまで、私たちはすでになさねばならないことの例を挙げることができます。

今私たちに必要なのは、そのペースを上げることです。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto


| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ