世界の緑化
カテゴリ
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月  2020年04月  次月>>
新着記事
アーカイブ
プロフィール
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:

今が菜園に植物を植えるのが最適な時期

カサリン・マーティンコ
2020年4月3日


Public Domain Pixabay

屋外で時間を過ごし、食料補給をし、子供に植物のライフサイクルについて教えるのに役に立ちます。

どこにも行くとろがなく家に篭り、食料供給保障の心配が増えていくのを感じているときほど、裏庭の菜園を始めるのに最適な時はありません。これは「パニックになって買い物をする」よりリスクの低い努力で、これからの何ヶ月も新鮮な野菜と屋外での楽しい趣味の時間が手に入れられるからです。

ハフィントンポストが、種と苗の売上が急騰しているとレポートしました。ノースカロライナのあるホームセンターのオーナーは、「人々は植物や種を(いつもの時期より)一ヶ月早く買っています。温室栽培農家と種苗卸業者は猛烈に働き出しています。」と言います。いくつかのオンラインのエアルーム種の会社は、すでにできた種を詰めるのにとても忙しく、オーダーを一時ストップしています。カリフォルニアにあるRenee’s Garden Seedsのリニー・シェファードはポストに「私達は前もって予測した需要を基本に種を詰めていますが、誰もこの状況を予測することはしませんでした。多くの種苗企業が袋不足になっています。」

危機的な時に自分自身の食料を育てることは普通にはありません。これは第二次世界大戦のときに起こりました。アメリカの人々は政府に「ヴィクトリーガーデンズ」に植えるように促されたときです。1944年までに、2000万世帯が庭に植物を植え、国の生産量の40%を栽培しました。(古い米国議会図書館のそのヴィクトリーガーデンの素晴らしい写真のコレクションをここで見ることができます。)ガーデニングに同じような波が押し寄せたのは、2008年と2009年のrリセッションの間で、多くの家庭が自分の食料を11%まで育て、そのほとんどの人はそれが初めてでした。


© Library of Congress

コロナウィルスの危機はそれとは違う状況ですが、空になった店の棚や食料規制、複雑な買い物の手配、減給(無給)は言うに及ばず、このようなことに突然人々が遭遇するのは似ています。彼らは、裏庭のようなものが特に最初の1年目は自分たちに十分な量の食料にはならないことを認識していますが、食物を外界にわずかながら依存しない生活になり、それが気持ちのうえで非常に満足を得られています。

心理的な面では非常によいことです。町のなかでの人の移動が限られているので、裏庭に出ることは新鮮な空気と日光のある外に出る目的と理由になります。エイドリアン・ヒギンズはワシントン・ポストに次のように書いています。

「実用的な面で春のガーデニングをすることとは別に、精神衛生も耕しているのです。草むしりには禅と同じものがあり、心を空にして土をきれいにしながら何かをするのです。」



srl – Raised vegetable garden beds/CC BY-SA 3.0

多くの人がジムやチームスポーツができないとき、ガーデニングは驚くほど効果的にエクササイズができます。1時間植えたり、草むしりをしたり、落ち葉をかき集めたりすることで200から400カロリーを消費します。(インフォグラフィックはこちら

裏庭菜園は、家に閉じ込められた子供たちには素晴らしい気晴らしになり、また科学の勉強にもなります。このチャンスを生かして子どもたちに種の芽生え、日々の水やりや草むしりの大事さ、自分で育てた野菜を食べることがどんなに心踊ることかを教えましょう。好き嫌いと戦うのにもとても良い方法です。かつては種だったことを知っているラディッシュや玉ねぎを試食することを嫌がれる子供がいるでしょうか。

さて、どこから始めたらいいかを知って、もしあなたがあまり経験がないのなら小さいところから始めてましょう。野菜は一日6〜8時間の日照が必要です。ですから南面暴露でできるだけ日陰のないところが良いです。あなたが住んでいる地方の生育を促す気候を調べ、どの穀物がもう地面に植えられているか、卵のケースやそのほかの屋内の小さな容器に種を蒔きはじめる必要があるのかを知りましょう。あなたが育てられる最も実用的な植物20のリストを見て下さい。

マイケル・ポランからの言葉を引用しましょう。彼は「The Omnivore’s Dilemma」の著者です。「庭が教える素晴らしいレッスンは、私達とこの星の関係はゼロサムを必要としていないことです。それは太陽が照り、人々が計画し植物を植え、考えて行うかぎり、もし私達が世界を減らすことなく私達に供給する方法を見つけようとするなら、私達はできます。」あなたの最高の能力をもって庭に行きましょう。そうすれば多分この嵐を乗り切るのに役立つものを見つけるでしょう。

ソースはこちら

translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |


世界で一番くさいフルーツは携帯を充電できるかもしれない?

ステップ1:フルーツを調達する
ドリアンやジャックフルーツが気孔率と表面の大きさで選ばれる

ステップ2:フルーツのゴミを変換する
フルーツのゴミが無毒な方法でカーボンエアロゲルに変換される

ステップ3:超容量につくる
フルーツから取られたエアロゲルは、蓄電性のある電極に変えられる

ステップ4:超速充電
ドリアンやジャックフルーツの電極は、際立ったパフォーマンスをする。電話、ラップトップ、タブレットを充電するのにグリーンで、低コストなエネルギーな解決法となる

シドニー大学

「カーボンエアロゲルは、気孔率が高いので超容量になるのです。私達は蓄電性をテストした電極に植物由来のエアロゲルを使いました。それは例外として発見したものでした。」とゴメス氏は話します。電池と比べると、超容量は、充電がすぐにできるだけではなく、従来のデバイスより充電回数が何桁も多いです。

彼らが容易した超容量が、現行の活性炭から作られたものよりずっと効率的であることも分かりました。

「ドリアンのゴミが選ばれたのは、その多孔のエアロゲルを作るために自然が供給するすばらしいテンプレートを基本にしたからです。ドリアンとジャックフルーツ超容量は、現在使用され比較できる材料よりずっと良いのですが、もし良くなくても高額でエキゾチックなグラフェンベースの素材よりずっと良いのです。」とゴメス氏は言います。

また自然由来の超容量は、高効率充電デバイス開発で先を行っており、気候変動や次第に減る化石燃料の供給に直面するなかで必要なステップとなります。

「私達は地球温暖化を促進しないような持続可能資源素材を使うエネルギーを作り、貯めるための方法を発見し生産しなければならない緊急事態のポイントにたどり着いています。」と彼は付け加えています。そしてもしこれらの方法が、偶然にも腐敗の山を使って電気のパンチをつめられるなら、それはなおさら良いです。

この研究「フルーツのバイオゴミからできたエアロゲルが、高エネルギー密度と安定性のある超容量を生み出す」は、Journal Energy Storageに掲載されました。

ソースはこちら

| 世界の緑化情報::その他 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
メリッサ・ブレヤー
2020年3月


© Thissan

研究者、ドリアンを電話、ラップトップパソコン、その他の充電ができるスーパー容量の充電池にする方法を開発

ドリアンを見よ。その臭さのあまり公共交通機関では禁止され、多くの人に反感をおぼえさせることで話はつきない果物です。たしかに、悪臭を放つ果物の果肉には魅力があります。臭い部分もありながらクリーミーで甘いのです。けれど臭いは別のものです。マンゴーの同等の部分、ゴム、にんにく、はちみつ、ジムではく靴下、そのほかいろいろな腐ったものを考えてください。

もしあなたがドリアンを経験したことがあるなら、私達が何を話しているのか分かるでしょう。しかしここでは私達が今まであまり考えたことのなかったことについて話します。ひどく悪臭を放つドリアンのゴミに一体何がおきるのでしょうか?それはどこかでいいことに使われるのでは?

シドニー大学の新しい研究が新たな回答を明らかにしました。

「ドリアンのゴミは、そのぞっとする、むかむかする臭いのせいで緊急的になくしたいと人々が考えるゼロコストの実体として、このゴミを化学物質フリー、緑の総合体プロトコルを通して充電池のコストを実質上削減するための物体に変える持続可能な資源なのです。と助教授のヴィンセント・ゴメス氏は言います。

地球温暖化という困難や急速な化石燃料の枯渇に直面し、急速に高エネルギー度の充電池を開発する新たな方法を探していて、このチームはドリアンとジャックフルーツを電気化学の超容量にしようとしています。

「超容量は、エネルギーの貯水池のように、エネルギーをスムーズに分配します。小さい電池サイズの装置に相当な量のエネルギーを急速に貯め、電気装置つまり携帯、タブレット、ラップトップ
にそのエネルギーを数秒で充電します。」とゴメス氏は説明します。

「マーケットで買ったドリアンとジャックフルーツを使って、私達は果物のゴミの部分(バイオマス)を電気を十分に貯めるために使える超容量に変換しました。」と付け加えています。

「水の中で温め、果物のバイオマスをフリーズドライにしたものを使った毒性のない、危険性のない緑の工学法を利用して、ドリアンとジャックフルーツは安定した炭素エアロゲルに変わりました。ーーこれは非常に軽く多孔性の合成物質で、幅広く適用されるものです。」

原文はこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

Michelin Guide/Promo image

このクローバーは「持続可能な美食セレクション」とも呼ばれています。50以上のレストランが選定され―フレンチ全体が3,435軒あることを考えると少ない量ですが、それにも関わらず際立っています。3人のシェフが特に彼らのグリーン技術で特別な扱いになっています。「3つ星Mirazurのパーマカルチャー庭園、David Toutainの環境を意識したプロデューサーや職人とのコラボ、Bertrand Grébautのバイオ廃棄リサイクルプログラム(一つ星のレストランセプタイム)」です。

ミシュランがこの緑のクローバーを他の国のガイドにも広げるのか、特にアメリカはまだはっきりしません。今のところ、「このマークがついた最初のシェフたちの持続可能イニシアチブは、一年を通して様々なコンテンツを作るなかで、ミシュラン・ガイドのあらゆるプラットフォームに追加で詳細が述べられ、取り上げられるでしょう。このことで読者は持続可能性をもつレストランについてより知ることとなり、シェフと読者たちが食事をする場所を選ぶときに味わう料理の視点をよりよく理解するでしょう。」

最も大切なアクションの一つとしてある個別でも世界規模でも食べ物の無駄を減らすシステムに、この環境を考慮した賞が、レストランやシェフをインスパイアし、こだわりを持つ健啖家が外食をするときに持続可能な選択をもっとするようになればと期待しています。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |
リンジー・レイノルズ
2020年2月27日

レストランが受けられる最高の賞と考えられるミシュラン・ガイド2020フランス版は、環境に配慮したレストランに賛同を示す。


© Alexandros Michailidis / Shutterstock.com

良い食事を非常に非常に深刻に受け止める人々のために、1世紀の歴史を持つミシュランガイドフランスには新しいステータスシンボルが加えられました。その崇められるべき出版物の出版、星(もしあれば)の数で世界中のレストランに賞を与え続けてきたものですが、1900年代の早いころから行われてきています。

もともとフランスのタイヤ企業が、フランスじゅうを自動車で旅行することを促進するために作ったのですが、ガイドの毎年最も高級なレストランのランキングは現在では映画会社のアカデミー賞のノミネートのように切望されています。

現在でも、このガイドは本来の母国フランスの何千ものレストランとホテルに焦点を当てる姿勢を変えていません。それは、ニューヨーク市とその行政区にある500のレストランと50のホテルをカバーしたUSガイドを発表する2005年まで続きました。とりわけ、ガイドは長たらしいレストランのレビューを載せずに、むしろ包括的な絵文字リストと時々1行か2行程度の料理のスペシアリティが掲載されているだけです。


Peter Lindberg / Flickr /CC BY 2.0

予想通りのことですが星が最も切望され、最も重要なランク付けとなっており、それは0から3つまでとなっています。ガイドによれば、「星1つはとても良いレストラン、2つは遠回りになっても行くべき素晴らしい料理、星3つは特別な旅に匹敵する特別な料理を意味する」となっています。効果的な方法で2020年はたった14のアメリカのレストランが3つ星を獲得しました。

ミシュランのシンボルの幅は、小さな混ざったドリンクの絵の「注目に値するカクテルリスト」からバレーパーキングを表す鍵を持った手や、テラスでの食事を表す「中庭のパラソル」まであります。そして今年、ミシュランは最新のフランス版ガイドに新しいマークを追加することを決めました。それが緑のクローバーです。ミシュランのプレスリリースによると、このクローバーは「資源を守り生物多様性を大事にし、食物ロスを減らし不再生可能エネルギーの消費量を減らす責任を持つシェフを促進する」意図があるとしています。

ソースはこちら
translated by Yoko Fujimoto

| 世界の緑化情報 | 12:00 PM | comments (x) | trackback (x) |

HOMEページ上部へ